どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回感想を書いていくのは西崇那さんの

「蒼剣の歪み絶ち」

です!
img_ 9784049155273

☆感想☆

ストーリー A
内容は、歪理物(ヴァニット)と呼ばれる超常現象を巻き起こす物体が存在する世界。伽羅森迅はティルフィングという蒼剣に生きたいと願ってしまったために剣が満足するまで周囲を殺し続けるという呪いを背負わされてしまう。迅は死なない少女アーカイブとコンビを組んで歪理物が引き起こす事件を解決していた。そんなある日、歪理物によって人生を狂わされた藤中日継を助けたことで2人は大きな事件に巻き込まれていき…とこんな感じです!

〜呪いを断ち切れ〜

第30回電撃小説大賞金賞受賞作!解説にある通り0年代を知る人には突き刺さる現代異能なバトルものとして楽しく読ませていただきました!面白かったです!
まず序盤。迅とアーカイブの歪理物による事件の解決が描かれます!重厚さを感じる設定とスタイリッシュなバトルを序盤から見せてくれてこでが読みたかった!となりましたね!そして日継という女子高生を歪理物による事件から助けたことをきっかけに2人は大きな事件に巻き込まれていくことに…歪理物の設定はオリジナリティ溢れるもので魅力的でしたね。迅の持つティルフィングの持つ力や自らの運命がわかるアーカイブの能力、そして文字を食い尽くす歪理物…個性的な歪理物の設定が物語を盛り上げていました!迅とアーカイブのコンビも見ていて楽しかったですね!戦闘やお互いの能力面では息ぴったりな2人ですけど日常では微妙に噛み合わなかったり…こういうコンビ好きです!中盤で明かされる迅がアーカイブとコンビを組むまでの過程もグッドでした!終盤は日継関連の巨大な事件に迅とアーカイブが巻き込まれることに…こういう王道の展開からのバトル!そしてラストが良き!こういうイラストの使い方に弱いんですよ…最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
迅はティルフィングの呪いを背負った少年!普段は普通の男の子なんですけど戦闘となると違った側面を見せてくれるのがグッド!アーカイブは無表情でとんでもない能力を持つ女の子!こういう運命がわかる系の能力者に弱いんですよね…日継をはじめそのほかのキャラも魅力的でした!

最後に
オリジナリティ溢れる設定が光る現代異能ものとして楽しく読ませていただきました!こういう現代異能系の作品は最近なかなか見ないので長く続いてほしいですね!

どんな人にオススメか?
現代異能ものが読みたい方は!オリジナリティ溢れる設定と歪理物の能力を使ったバトルが魅力的です!迅とアーカイブのコンビもグッド!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

蒼剣の歪み絶ち



著者

西崇那



レーベル

電撃文庫


ISBN

978-4-04-915527-3

表紙画像のリンク先


どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回感想を書いていくのは白井ムクさんの

「双子まとめて『カノジョ』にしない?2」

です!
img_ 9784040753829
前巻の記事↓

☆感想☆

ストーリー A
内容は、紆余曲折の末に千影と光莉の双子2人と付き合うことになった咲人。校内で果敢に?咲人といちゃつこうとする2人に翻弄されながらも良好な関係を気づいていた。そんなある日、光莉が幽霊部員として所属している新聞部の廃部の危機を救うことに⁉︎千影と光莉と協力しながら新聞部を救うことができるのか…とこんな感じです!


〜学校で縮まる双子との距離〜

シリーず第2弾!千影と光莉のラブコメはもちろん新聞部のトラブルを解決するお話が面白かったですね!今回も楽しく読ませていただきました!面白かったです!
まず序盤。咲人と千影と光莉の3人のイチャイチャが描かれます!積極的な光莉とちょっと奥手な千影。2人の間に挟まれてタジタジな咲人は見ていて楽しいですね!しかしそんな平穏なイチャイチャに新聞部の影が…光莉が新聞部に幽霊部員として所属していて、その新聞部が廃部になりそうなので協力して欲しいと光莉に頼むんですけど…新聞部の面々はクセが強いですねw 特に真鳥先輩はなんかもう色々アウトでは?新聞部を監査する役目だった千影と咲人も巻き込んで新聞部の廃部を逃れるために活動することに!学年TOPが三人いるということで新聞部の活動は見違えるほどよくなっていきます!そして咲人と双子のラブコメもドキドキ成分多めになっていき…光莉の積極的なアピールももちろん良き良きの良きなんですけど、千影の光莉に焚き付けられて頑張ってイチャつこうとするのも非常に良きですね!顔が同じでも性格が異なる2人とのラブコメ、双子ラブコメの特権を存分に活かしていますよね!終盤では光莉がちょっとしたピンチに。それでも諦めずに立ち向かう光莉とそれを後押しする咲人がかっこよかったですね!最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
咲人は相変わらずイケメンですね。とても二股してる男には見えませんw 光莉とも千影とも平等に接して新聞部のトラブルもしっかり解決していく。校内でイチャつくくらいしか弱点ないですねw 光莉は積極的で自分の魅力をわかって咲人にアピールしているのがいいですよね…強気で無敵な場面が多かったですが、女の子らしい面もたくさん見せてくれましたね!千影は光莉ほど積極的になれなくて悔しそうな場面もありましたが、光莉に焚き付けられてしっかり咲人とイチャイチャしようとするのがよかったですね!しっかり者なところもグッド!新聞部のメンバーも魅力的でした!

最後に
今回も双子ラブコメを存分に楽しませていただきました!新聞部関連のイベントもよかったです!コミカライズも始まりますし今後がさらに楽しみな作品ですね!3巻待ってます!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

双子まとめて『カノジョ』にしない?2



著者

白井ムク



レーベル

富士見ファンタジア文庫


ISBN

978-4-04-075382-9

表紙画像のリンク先


どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回感想を書いていくのは鷹山誠一さんの

「孤高の王と陽だまりの花嫁が最幸の夫婦になるまで 1」

です!
img_ 9784798635002

☆感想☆

ストーリー A
内容は、血みどろの戦争と国内改革を乗り越え周囲から恐れられる孤高の王・ウィルフレッド。そんな彼は政略結婚で隣国の王女・アリシアと結婚することに。庶民出身のアリシアは持ち前の人懐っこさで瞬く間にウィルフレッドと打ち解けていく。そんなアリシアに癒されていくウィルフレッドだが、アリシアを狙う刺客が現れて…とこんな感じです!

〜冷血な王を優しくしていく王女様〜

鷹山誠一さんの新作!参加させていただいているHJ文庫公式レビュアープログラムの作品です。ありがとうございます。孤高と呼ばれる王と明るい王女のやりとりが微笑ましくて温かいファンタジーでした!面白かったです!
まず序盤。アルフレッドが孤高の王と呼ばれている所以が描かれます。圧倒的な戦闘の才能を持ち、血みどろの戦争と容赦のない国内改革を行い、血が繋がった家族は腹違いの弟しかいない…なかなかに壮絶な人生を送っていますね…そんな彼は政略結婚として隣国の王女アリシアと結婚することに。アリシアもまたなかなか過酷な人生を送っていますね…親は王で母親は元侍女。当然そんな立場なので政略結婚させられるまでは母親たちと暮らしていて政略結婚させられるタイミングで都合よく駒として…でもアリシアは序盤から底抜けに明るくて見ているだけで元気になれますね!そして始まる2人の夫婦生活!国内外から恐れられるウィルフレッドによくも悪くも人懐っこく接するアリシアとそんな彼女に次第に笑顔が増えていくウィルフレッド…政略結婚ということもあり甘々な夫婦生活!という感じではないですがいいコンビだなーと感じる場面が多くて見ていて楽しいですね!終盤ではアリシアを狙った刺客が…刺客に対するウィルフレッドの冷酷な決断やそんな彼を癒してあげるアリシアがすごくよかったですね…最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
ウィルフレッドは孤高の王と呼ばれる冷酷な青年!でもアリシアと接する中で笑顔が増えたり人間らしいところを見せてくれたりと彼女の言うように優しい人間なんでしょうね…アリシアは庶民出身の王女さま!底抜けに明るくて人懐っこくて見ているだけで癒されますね…ウィルフレッドとの距離感もバッチリでした!そのほかのキャラも魅力的でした!

最後に
孤高の王と人懐っこいアリシアの夫婦生活が楽しいファンタジーでした!これはぜひ2巻が読みたいですね!まだまだウィルフレッドとアリシアの夫婦生活がみたい!2巻待ってます!

どんな人にオススメか?
ファンタジー舞台の夫婦ものが読みたい方は!まだラブコメのラブ成分は少なめですが今後そのあたりは期待できそう?ですし、ウィルフレッドとアリシアのやりとりは見ていて楽しいですし癒されます!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

孤高の王と陽だまりの花嫁が最幸の夫婦になるまで 1



著者

鷹山誠一



レーベル

HJ文庫


ISBN

978-4-7986-3500-2

表紙画像のリンク先


↑このページのトップヘ