どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回感想を書いていくのは夏乃実さんの

「やり込んでいたゲーム世界の悪役モブに転生しました ~ゲーム知識使って気ままに生きてたら、何故かありとあらゆる所で名が知れ渡っていた~」

です!
img_ 9784815623005

☆感想☆

ストーリー A
内容は、突然やりこんでいたRPGの世界に転生してしまったカイは成り行きから3人の少女たちを助けることに。転生前に溜め込んでいた貴重なアイテムを放出し彼女たちを助けたことでカイはなんと歴戦の猛者だと勘違いされてしまう⁉︎さらにありあまる実力に見合わない謙虚なカイに助けた少女たちはゾッコン⁉︎モブで強くないはずがゲーム知識と誤解のせいでハーレムなファンタジーが始まる!とこんな感じです!

〜ゲームの世界に転生したら最強扱いでモテモテ⁉︎〜

夏乃実さんの新作!「大学入学当初から噂されていた美少女三姉妹、生き別れていた義妹だった」が面白かったので新作楽しみにしてました!今作はファンタジーを舞台にしたハーレムものでしたが、主人公がヒロインたちと仲良くなっていく過程が丁寧に描かれていて嫌味のないファンタジーラブコメとして楽しく読ませていただきました!面白かったです!
まず序盤。ゲームの世界に転生したカイが3人の少女たちを奴隷商人から助けるところから物語は始まります!転生シーンはしっかりとかつ過不足なく描いていてすっと物語に入っていけましたね!3人の少女をゲーム知識やゲームで溜め込んでいたアイテムを使って助ける過程もスマートでグッドでした!そして物語は助けた少女の1人である公爵令嬢の次女・カレンとその姉であるリフィアとのやりとりを中心に進んでいきます!単純にあまり目立ちたくない面倒ごとに巻き込まれてたくないからと公爵令嬢であるリフィアやカレンの誘いを断ろうとするカイ。そんな彼の姿を見て誠実で欲深くなく素敵な男性、実は巨大な組織のトップで逆らったらとんでもないことになるのでは…?と勘違いしていく周囲の人々のギャップもまた楽しいですね!何もしていないのにどんどんカイが神格化されていきます…ラブコメシーンもよかったですね!決して身体的な接触が多くてドキドキするとかラッキーなシーンがあるというわけではないのですが、カイの言葉は少ないものの誠実にカレンたちに接する態度、そしてそんなカイに少しずつ惹かれていくカレンをはじめとしたヒロインたちが非常に良きでした!1巻にして3人のヒロインが登場してカイに対する好感度は高めなのですが全く嫌な感じがないのがすごいです。終盤はちょっとしたハプニング?もありつつこの作品らしい終わり方で大満足!最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
カイはなぜか?勘違いされ続けて最強扱いされてしまう少年!まぁ漆黒の鎧を纏った見た目といい持っている武器とアイテムといい仕方ないんですけどね…根は陰キャな感じですが短い言葉の端々に優しさや誠実さを感じられるのがグッド!カレンは公爵令嬢の次女にしてツンとしているところもあって意外と積極的な女の子!カイへの健気なアピールは見ていて微笑ましい。公爵令嬢の長女であるリフィアは落ち着いた印象の女の子ですが恋や誠実な男性であるカイへの憧れであったりが乙女っちくで良き良き!カイが序盤で助けた少女の1人である聖女家の令嬢・ニーナも愛くるしい女の子でした!

最後に
ファンタジー世界で描かれる嫌なところのないハーレムものとして楽しく読ませていただきました!これはぜひ続きが読みたいですね!まだまだ物語は始まったばかり!これからカイがヒロインたちとどんな物語を描いていくのか楽しみです!続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
ハーレム系のラブコメが好きな方は!ファンタジー世界が舞台でまだめちゃくちゃラブコメ!という感じではありませんが、主人公カイの誠実で優しい対応がヒロインたちに平等にされるので嫌な感じがなくサクサクと読めます!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

やり込んでいたゲーム世界の悪役モブに転生しました ~ゲーム知識使って気ままに生きてたら、何故かありとあらゆる所で名が知れ渡っていた~



著者

夏乃実



レーベル

GA文庫


ISBN

978-4-8156-2300-5

表紙画像のリンク先


どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回感想を書いていくのは芝宮青十さんの

「美少女フィギュアのお医者さんは青春を治せるか」

です!
img_ 9784049155280

☆感想☆

ストーリー A
内容は、美少女フィギュアを作ったり直したりすることが得意な黒松治。そんな彼は医者の娘でみんなから院長と呼ばれ親しまれている今上月子にあることを頼まれる。それは医者の娘故に人間を肉としか認識できない「青春ができない病」を直して欲しいというものだった。月子の小説のキャラクターをフィギュアにすることになった治は過去のトラウマを乗り越えて月子の小説のキャラクターをフィギュアにすることができるのか…とこんな感じです!

〜フィギュアを作って青春ができない病気を治す⁉︎〜

第30回電撃小説大賞選考員奨励賞受賞作!フィギュアを作れる少年と小説家のヒロインをメインに据えたクリエイターもの要素強めの青春ラブコメでした!面白かったです!
まず序盤。治のクラスでの様子が描かれます!良い意味で一昔前のオタクのわちゃわちゃ感のあるシーンでしたね。治が序盤で数回和歌を嗜むのは謎ですがw そんな治はあることをきっかけに医者の娘である月子が小説を書いていることを知り、彼女の小説のキャラクターをフィギュアにすることになります!このあたりはラッキースケベ的な要素を絡めつつ、人間が肉にしか見えず普通の青春を送れない月子の病気のこと、そして一度はやめたフィギュアを作るということに再び向き合う治が丁寧に描かれていてよかったですね!そして始まる月子の小説のキャラクターのフィギュア化計画!マイペースなギリシャとのハーフ美少女で彩色が抜群に上手いセレーネ、イラストが美味くてオタクに優しいギャルのかぐやも加わり賑やかにフィギュア制作を進めていきます!ハプニングや治が過去に向き合うシーンを乗り越えてフィギュアを作っていく過程は引き込まれました。最後まで楽しく読ませていただきました!

キャラ A
治はエロス大魔神と呼ばれるオタク男子。フィギュアを作ったり直したりすることができて、それゆえに辛い過去もあったりしますが月子のために一生懸命頑張る姿がグッド!月子は医者の娘で小説家で人間が肉にしか見えない青春ができない病を抱えていて…と一癖も二癖もある女の子でしたね。そんな子が治の作ったフィギュアで心動かされる過程がグッド!セレーネ、かぐやも賑やかで見ていて楽しい女の子でした!

最後に
クリエイター要素強めの青春ラブコメとして楽しく読ませていただきました!いい意味で一昔前を感じるオタクのノリもよかったです!

どんな人にオススメか?
クリエイターもの要素のある青春ラブコメを読みたい方は!治と月子をはじめとしたヒロインたちのやりとりは見ていて楽しいですし、フィギュア制作を通じて描かれる青春がグッド!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

美少女フィギュアのお医者さんは青春を治せるか



著者

芝宮青十



レーベル

電撃文庫


ISBN

978-4-04-915528-0

表紙画像のリンク先


どうも夏鎖です(≧∇≦)

さて、今回6月後半発売の注目ライトノベルを紹介していきます!後半は16日から30日発売のライトノベルです!この記事では僕が注目しているラノベを紹介しているだけで、6月後半に発売するすべてのライトノベルを網羅しているわけではないのであしからずm(__)m それではいってみましょう!

6月18日発売 ガガガ文庫
「ミモザの告白5」八目迷(著) くっか(イラスト)



6月20日発売 富士見ファンタジア文庫
「隣の席の高嶺の花は、僕の前世の妻らしい。 今世でも僕のことが大好きだそうです。」渡路(著者) 雨傘 ゆん(イラスト)
「美来さんは見た目だけ地雷系」高科 恭介(著者) ハム(イラスト)
「双子まとめて『カノジョ』にしない?3」白井ムク(著者) 千種みのり(イラスト)
「経験済みなキミと、 経験ゼロなオレが、 お付き合いする話。 その8」長岡マキ子(著者) magako(イラスト)










6月20日発売 GCNブックス
「ゴエティア・ショック 電脳探偵アリシアと墨絵の悪夢 上」読図健人(小説) 大熊猫介(イラスト)
「ゴエティア・ショック 電脳探偵アリシアと墨絵の悪夢 下」読図健人(小説) 大熊猫介(イラスト)






6月25日発売 MF文庫J
「経学少女伝 ~試験地獄の男装令嬢~」小林 湖底(著)あろあ(イラスト)
「スタァ・ミライプロジェクト 歌姫編」綾里 けいし(著)夏炉(イラスト)


6月25日発売 ダッシュエックス文庫
「彼女は窓からやってくる。 異世界の終わりは、初恋の続き。」さちはら 一紗(著/文)北田 藻(イラスト)


6月25日発売 オーバーラップ文庫
「創成魔法の再現者7 新星の玉座 ―偽りの神の壊し方―」みわもひ(著者) 花ヶ田(イラスト)
「一生働きたくない俺が、クラスメイトの大人気アイドルに懐かれたら 6 国民的美少女アイドルたちとのクリスマス」岸本和葉(著者) みわべさくら(イラスト)





以上になります!
注目の新作は「ゴエティア・ショック」と「彼女は窓からやってくる。」の2作品!前者はGCN文庫から上下巻同時刊行のサイバーパンクものということでめちゃくちゃ楽しみです!サイバーパンクの定番要素である人工島というキーワードやセクシー、ハードボイルド、探偵と言ったこれでもか!と好きが散りばめられたあらすじでめちゃくちゃワクワクしてます!後者はさちはら一紗さんの単著デビュー作!数年前に読んでいたWEB小説がめちゃくちゃ好きだったのでこちらも楽しみです!異世界で出会っていた主人公とヒロインが現代でラブコメ?青春?する作品ということで好きな香りがしますね…

それではこの辺で(≧(エ)≦。)
6月後半もよろしくお願いします!

↑このページのトップヘ