どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのは新馬場新さんの

サマータイム・アイスバーグ

です!
img_9784094530803_1

ストーリー B
内容は、三浦半島沖に突如として現れた巨大な氷山。それと同時期に高校生の進は海岸で身元不明の少女・日暈と出会う。成り行きから彼女を保護することになった進は楽しい夏休みを過ごしたいという日暈の願いを叶えるべく友人の羽、一輝と共に一度しかない高校2年生の夏休みを過ごす。しかし日暈が突如現れた氷山と関係があることがわかり、進たちは今と未来をつなぐ事件に巻き込まれていく…とこんな感じです!

〜突如現れた氷山は〜

第16回小学館ライトノベル大賞優秀賞受賞作。個人的には微妙でした。以下面白いとは言わないので見たくない方はブラウザバックで。
気になった点は以下

・いくらなんでも400p超えは分厚すぎる
・視点が多い割にラストで収束しない
・SFと青春要素の中途半端さ

まず厚さについて…400p超えは素直に多いです。別にページ数が多いこと自体は必然性があればいいんですけど後述するようにそうではない気がします。新人賞受賞作なので応募時点で300pくらいになる規定のページ数に収まっていたと思うんですけどね…読むのに体力いる割にそれに見合った面白さが得られず徒労感が半端じゃないです
次にページ数の多さと関係するのですが視点が多すぎます。進の視点、羽の視点、一輝の視点、進の叔父の視点、進の教師の視点、一輝の母親の視点…これだけ視点があると物語は一本道でもめちゃくちゃイベント増えますし、そのイベントが日暈をめぐる物語に直接関係なかったり結局曖昧なまま回収されなかったり、終盤で収束せずに「この視点この物語でいるんだっけ?」となってしまい微妙でした。特に一輝のLGBTQ的なお話がこの物語を描く上で必要だったのか僕にはわかりませんでした。これ出したいならキャラづけみたいにするのではなくてもっと描き方があると思います。少なくともセンシティブな設定だと思います。男の娘キャラ出してるわけじゃないんですよ?たくさんの視点で物語を進めているのでテンポも悪いですし読みづらいです。さらに文章が読みやすいわけでもないのでそれに拍車をかけています。
最後にSFをやりたいのか青春をやりたいのかわかりませんでした。SFやりたいなら起こるイベントの数々に必然性が足りないですし、イベントそのものも物足りないです。青春やりたいなら天音の話はもっと深く掘り下げるべきだと思います。結局どっちつかずで描きたいラストのために道中を曖昧に積み重ねているようにしか思えません。
と色々書きましたが個人的には合わなかったです。

キャラ B
微妙でした、特に一輝。前述しましたがLGBTQ的な要素を出す必然性が見当たりません。別にデリケートだとかバイアスかけるわけじゃないですけど、センシティブな設定なんですからこんな風に扱うのは腑に落ちません。

最後に
個人的に微妙でした。厚いだけ。読後の徒労感が半端じゃないです。

どんな人にオススメか?
個人的にはオススメできないです。試し読みした上で気になった方は。

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

サマータイム・アイスバーグ



著者

新馬場新


レーベル

ガガガ文庫


ISBN

978-4-09-453080-3

表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのは涼暮皐さんの

ネームレス・レコード Hey ウル、世界の救い方を教えて

です!
img_9784046815859_1

ストーリー A
内容は、機械生命体により滅亡寸前まで追い詰められた人類。教会が選ぶ予言の英雄と呼ばれる人々が人類生存圏の拡大を担い、彼らが救ってくれることに希望を抱いていた。英雄だった父の息子として生まれ幼い頃から英雄に憧れていたレリン。学院でも主席を取るなど優秀な探索者だったが、英雄に指名されずやさぐれていた。そんなある日、レリンは圏外で本来敵であるはずの機械の少女・ウルに出会う。ウルはなんと人類が滅ぶという未来を知っており、最悪の未来を回避するためにレリンは彼女と一緒に行動するが…とこんな感じです!

〜英雄になりたかった〜

涼暮皐さんの新作!読むのがすっかり遅くなっちゃいましたね…いやだって涼暮さんの新作はメンタルに深刻な影響を与える可能性がなきにしもあらずなので…それはともかく今作は英雄になりたかった少年と未来を知る機械の少女というコンビが織りなす滅亡回避の物語として楽しく読ませていただきました!面白かったです!
まず序盤。英雄になれなかったレリンの姿が描かれます。涼暮さんのこの「何者にもなれなかった主人公」の描き方の解像度がめちゃくちゃ高くて英雄になれななかった…の独白が胸にくるんですよね…英雄にはなれなかったものの、英雄になることをどこか諦めきれないレリン。偉大な英雄だった父親の幻影を追うように父親の遺産である銃を手に、人間を襲う機械の化け物が跋扈する圏外へ。そこで出会ったのが機械の少女ウル。未来を知る彼女に協力し人類の滅亡を回避するために共に行動することに…ウルとの出会い、戸惑い、そして共同戦線を張ることにという流れはテンポ良くてガンガン読ませてくれますね。そして始まる英雄になれなかった少年による正史には描かれない英雄の物語。英雄になった友人を陰で救い、諦めきれない憧れにしがみつきながらウルと一緒に人類を救う…未来に争うために絶望的な状況に立ち向かうレリンの姿は見ていてワクワクしますね!終盤は盛り上がり最高潮なバトル展開!絶望的な状況を前にしても立ち向かえるレリンはやっぱりただの英雄志望じゃないですね!今回も最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
レリンの英雄になれなかった…の解像度の高さが本当に凄まじいですね…どんな絶望的な状況にも真っ直ぐ立ち向かえる強さが魅力的でしたね。ウルは機械の少女なんですけど妙に人間らしいというか「ほめてほめて!」な子犬っぽいところとか会話の端々に見える私ってすごいんです感がかわいくて好きでしたね。その他のキャラも魅力的でした!

最後に
英雄になりたかった少年による絶望に立ち向かういいファンタジーでした!まだまだ明かされていないことも多いですしぜひ続きが読みたいですね!2巻待ってます!

どんな人にオススメか?
英雄志望の少年の絶望的な状況に立ち向かうファンタジーが読みたい方は!子犬系機械少女のウルちゃんも可愛くて魅力的ですしバトルシーンも熱い!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

ネームレス・レコード Hey ウル、世界の救い方を教えて



著者

涼暮皐



レーベル

MF文庫J


ISBN

978-4-04-681585-9

表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのは新八角さんの

チルドレン・オブ・リヴァイアサン 怪物が生まれた日

です!
img_9784049141412_1

ストーリー A
内容は、2011年3月11日。突如として太平洋に現れ多くの人命を奪い、世界の海域を支配した謎の巨大生物レヴィヤタン。通称レヴ。通常兵器では歯が立たない彼らに対抗できるのはレヴの骸から造られた人型兵器ギデオンだった。ギデオンには子どもしか乗ることができず、彼らが日々レヴと戦っていた。気仙沼の民間会社でギデオン搭乗者として働いている善波アシトと宮園エリンの前に国連軍から風織ユアが現れる。国連軍でかつてエースとして活躍していた彼女の指導に最初は反発するが、厳しい任務と訓練の中で徐々に信頼関係を築いていく。しかしとある任務で彼らに死の危険が…とこんな感じです!

〜海でなくしたものを求めて怪物に〜

新八角さんの新作!大好きな作家さんの新作ということでめちゃくちゃ楽しみにしてました!まず言わせてください…この作品めちゃくちゃ面白いです!圧巻の一言!重厚な設定に裏付けされた海の世界のロボットもの×ボーイミーツなストーリーと徐々に怪物になっていくアシトに飲み込まれました…本当に圧倒的な作品でした。面白かったです!
まず序盤。2011年3月11日に現れたレヴィヤタン通称レヴによって姉を失うアシトの様子が描かれます。もうこの描写からして凄すぎますよね…喪失のエピソードでここまで頭殴られる感覚は本当にすごいです…レヴによって姉を失ったアシトはギデオンの搭乗者となり彼女を探して日々ギデオンに乗り続けます。そして高校生になった彼は幼馴染の宮園エリンと共に民間の会社でギデオン搭乗者として働きながら普通の高校生活を送っています。レヴによって変わってしまった世界の高校生の解像度が高すぎてこれもまたすごいですよね…レヴによって変わった世界が設定ではなくて物語の中で描かれる生活に深く根付いているのがもう本当にすごい。そして国連軍からユアが指導官としてアシトたちを指導することに。厳しい訓練や態度に最初は反発するものの、アシトやユアのことを知っていくなかで徐々に彼らに信頼関係が芽生えていきます。この過程で明かされていくアシトの過去やエリンやユアのこと。普通の少年少女に見えて心に色んなものを抱えている彼らの物語には、新八角さんの文章もあってどんどん没入させられます。ギデオンに乗る彼らの描写も素晴らしかったですね。もちろんレヴとの戦闘描写も迫力満点で読み応え抜群なんですけど、それ以上にギデオンにのってギデオンと徐々に同化するアシトの様子は圧巻でした。終盤は予想していなかった展開からのラストでこれまたすごいの一言。最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
アシトはどこか気の抜けたというかぼーっとした感じの主人公なんですけど、彼がそうなった理由やギデオンに乗った時に本当の彼を見ると胸にくるものがありますね。エリンはさいしょはツンデレ幼馴染かと思ったら…この子もこの子で色々抱えていますね。ユアは最初は軍人タイプの女の子かな?と思っていたら弱いところがある普通の女の子で、こういう子がギデオンに乗って戦っているんだなと色々考えちゃいましたね…

最後に
圧倒的に面白い海の中のロボットもの×ボーイミーツガールでした。これは2巻が出なかったら暴れますよ。絶対に続刊は出してほしいです。新八角さんが想定しているラストまでこの物語を終えることを願っています。

どんな人にオススメか?
海中で戦うロボットもの×ボーイミーツガールが読みたい方は!冒頭で注意書きのある通り東日本大震災を想起させる描写があるので苦手な方は注意が必要かもです…個人的にはあまりにも素晴らしすぎる作品だったのでぜひ色んな方に読んでほしいですね…気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

チルドレン・オブ・リヴァイアサン 怪物が生まれた日



著者

新八角



レーベル

電撃文庫


ISBN

978-4-04-914141-2

表紙の画像は「版元ドットコム」様より



↑このページのトップヘ