どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは遠宮にけさんの「あなたを愛しているつもりで、私は――。 娘は発達障害でした」です!
IMG_5959
深町夕子には七緒という他の子に比べて賢い娘がいた。しかし七緒は奇妙なこだわりを持ち一方的に他人に話し続けたり、同世代の子たちとは一才会話をせずに大人と話したがるなどコミュニケーションに問題を抱えていた。夕子は保育園からの勧めもあり七緒に検診を受けさせる。そこで七緒に発達障害の可能性があることを告げられる。普通とは異なる七緒に向き合いながら夕子は自分の進む道を探して行く…

第8回ネット小説大賞受賞作。担当が岡田さんというところから興味を持って手に取ってみました。普通とは何か、発達障害の七緒のために夕子は何をしてあげられるのか。読んでいる中でいろんなことを考えさせられ、そして彼女達の一つのゴールを見届けることができた作品でした。面白かったです。

普通とはちょっと違うこだわりがある七緒。七緒と同い年くらいの子が興味を示すものには無関心で数字や魚、機械に興味津々。そんな七緒のことをどこかおかしいと思いながらも母親として彼女に接する夕子の姿が序盤は描かれます。

そして夕子が教職に復帰するために七緒を保育園に預け始めてから問題が徐々に表面化してきます。他の子と遊ぼうとせずに自分の世界に閉じこもる七緒。そんな彼女の様子を見た保育園から検診を勧められます。そして発達障害(ADHDとASD)の傾向にあると診断されます。

ここから物語は本格的に動き始めます。どうしても七緒に普通になってほしい夕子。自分の親に縛りつけられた過去と夕子を縛り付けている現状。誰かに頼ることができない夕子は夫である誠司にも、同じ母親である妹の朝子にも、根っこの部分で相談することができずに七緒と2人の世界に閉じこもっていきます。

そんな彼女を誠司が、そして朝子がサポートしていく中で夕子は七緒に対して本当の意味で向き合っていきます。七緒もこれまではずっと自分の世界に閉じこもっているように見えましたが、夕子が変わったことでそうではないことに少しずつ気づかされました。

発達障害という昨今話題になる要素を物語の中に取り入れて、向き合って進むべき道を見つける。発達障害という言葉だけではわからない、根っこの部分を少しでも知ることができる作品でした。もちろん物語としても素晴らしく、七緒のこれからの人生が輝かしいものであることを願わずにはいられませんでした。

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



あなたを愛しているつもりで、私は――。 娘は発達障害でした



著者



遠宮にけ



レーベル



宝島社



ISBN



978-4-299-01986-8


表紙の画像は「版元ドットコム」様より


どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは立川浦々さんの「公務員、中田忍の悪徳」です!
img_9784094530292_1
ストーリー AA
内容は、区役所福祉生活課の係長として一目を置かれる中田忍。彼は冷酷で他人に厳しく自分にはさらに厳しいという男だった。そんなある日、彼が自宅に帰るとそこにはエルフの少女が。異世界エルフが保有する常在菌のリスクを警戒した忍は彼女を知床岬からオホーツク海の底に沈めようとする。しかし忍は友人の義光に頼りなんとかエルフを海の底に沈めずに彼女を守る方向に舵を切る。果たして忍はエルフとコミュニケーションをとることができるのか…とこんな感じです!

〜堅物公務員が異世界エルフを拾ったら?〜
第15回小学館ライトノベル大賞優秀賞受賞作!発売前からあらすじやイラストレーターさんの改名?が話題になってましたよね…さて作品はというと…

最高に面白い


いや、なんですか。この言葉の暴力の塊みたいな作品は。ストーリーは大の大人3人がエルフについてあーだこーだいうだけ、劇的な物語もなければド派手なファンタジーもない。ただひたすらに文章で言葉でぶん殴ってくる。それなのに、異常なまでに洗練されて異常なまでに突き刺してくる。鬼才。間違いなく鬼才で奇才です。面白い。ただそれだけに脳内が支配されます。とんでもない化け物クラスの作品に出会いました。最高です!
物語は堅物な中田忍の日常が描かれるところから始まります!区役所の福祉生活課の課長として冷酷に生活保護受給者に関する取り決めを行う。部下を萎縮?させ理論で蹴散らす。あまりにも怖すぎます。中田さんが上司じゃなくて本当によかったです。そんな中田が家に帰るとなんとリビングに異世界エルフが。ここから物語は動き出します。忍の友人である義光はエルフの常在菌を心配して彼女をオホーツク海の底に沈めようとする忍をなんとか止め、彼女を保護する流れを作ります。とさらっと書くんですけど、常在菌の件で30p近く使う狂気ですよ…かつてライトノベルでこれほど常在菌という単語を見たことがあったでしょうか。いやない(断言)そして忍の部下である一ノ瀬由奈も加わりエルフとのコミュニケーションが始まります。これももうほとんど、言葉にしてしまえばエルフが何を食べるかとか排泄するのかとかそういうのを調べるだけなんですけど圧倒的に面白い。天才的なキャラ同士のやりとりが、地の文の言葉の暴力が、鉄アレイの塊になってガンガン脳をぶったたきます。こんなのズルいじゃん。絶対に面白いに決まってるじゃん。なんでいい歳した大人が3人も集まってこんなに大真面目にふざけたこと、ふざげて大真面目なことしてるんですか。なんですか除湿器の水って、なんですかかりんとうって!本当になんなんですか!ストーリーもキャラも文章もこれだけ理路整然としているのにこれだけ意味のわからないの絶対におかしいですよ。もうとにかくやばい。とんでもない化け物みたいな作品読みました。お前が2021年下半期ナンバーワンだ。

キャラ A
中田はとにかく冷酷で合理的で人の心が全くなかたですね…本当にロボットみたいなやつでした。異世界エルフことアリエルはこの作品唯一の癒しでしたね…君が空気清浄機だよ…義光は最初はまともで「この作品唯一の常識人…!」お喜んでいたんですけど、かりんとうで壊れました。疲れますよね…そりゃ…由奈さんはまともに見えて上司からのノーブラ命令にしたがったり、当然のごとく忍が女性関係のトラブルを起こしているのを見破ったりでなかなかの変態でしたね…

最後に
ヤバい。化け物みたいな作品です。えっ、これ続きとか出るんですか?2巻読めるんですか?読ませてください(土下座)

どんな人にオススメか?
とにかく読め。面白いから。いい歳した大人3人がこんなに真面目に、こんだけ馬鹿げた会話で、物語を成立させてしまう化け物みたいな作品です。暴力的でとにかくパワーオブパワーな文章にただぶん殴られてください。

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



公務員、中田忍の悪徳



著者



立川浦々



レーベル



ガガガ文庫



ISBN



978-4-09-453029-2



どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは岩柄イズカさんの「『ずっと友達でいてね』と言っていた女友達が友達じゃなくなるまで」です!
img_9784815610258_2
ストーリー A
内容は、ネトゲ廃人な杉崎優真は相棒として戦ってきたシュヴァルツと高校入学を前にオフ会をすることに。するとやってきてのは白髪のとんでもない美少女・上城ゆいだった!生まれつきの白髪がコンプレックスで友達ができたことがないというゆいのために友達になることに!しかしかわいくて距離感が近いゆいのことにドキドキしっぱなしで…果たして2人は友達として仲良くなれるのか…とこんな感じです!

〜ネトゲ友達がかわいい〜
岩柄イズカさんの新作!前作「最果ての魔法使い」が好きだったので続刊楽しみにしてました!とんでもなくかわいいゆいとの関係性に悩みながらイチャイチャしまくる激甘なラブコメでした!面白かったです!
とあるオンラインゲームで相棒として戦ってきたユーマこと杉崎優真とシュヴァルツこと上城ゆい。そんな2人はある日、お互いが近所に住んでいることと同じ高校に入学することを知りオフ会をすることに。そして現れたのはとんでもないコミュ障のゆいで…序盤の流れは完璧でしたね。ネトゲで知り合った優真とゆいがオフ会することになってあってみたらゆいはとんでもない美少女…外でシュヴァルツ!と大声で叫ぶのはちょっと笑いましたw 小中学校にあまりいっていないこともあり友達がおらず、また白髪がコンプレックスなゆいのために練習をかねて優真が友達づくりの練習をすることに!優真と徐々に打ち解けていくゆいの日に日にかわいくなっていく姿が最高でしたね…最初は優真の顔すら見れなかったゆいが優真の腕に抱きついて外を歩くようになったりおしゃれしたりして…そんなゆいのことを親友と思いつつも、やっぱり異性としてみてしまい恋愛的な好きが抑えられない優真。しかしまだ恋がよくわからないゆいのためにその気持ちを押し殺しながら接します。そうした中で生まれるすれ違いを乗り越えて、甘々しつつ隣にいるのが当たり前の関係になっていくのはグッドでした!ラストもこの2人らしくて最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
優真はめっちゃ紳士な主人公でしたね…ゆいのことを誰よりも考えてゆいファーストで動ける…まっすぐでいい男の子でした!ゆいはもうとにかくかわいい!最初は目も合わせられないくらいオドオドしていたのに、優真の優しさによってどんどんかわいい女の子に変身していく…スキンシップが激しいのも小動物的でかわいかったです!

最後に
めっちゃ甘々なラブコメでした!これはぜひ2巻も読みたいですね!まだ付き合ってもいないのにこれだけ甘々なら2巻ではどうなってしまうのか…続刊楽しみにしてます!

どんな人にオススメか?
甘々なラブコメが読みたい方は!優真がとにかく優しくてそれに応えるようにかわいくて素敵な女の子になっていくゆいの姿がグッド!ゆいちゃんは本当にかわいいんですよ…気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



『ずっと友達でいてね』と言っていた女友達が友達じゃなくなるまで



著者



岩柄イズカ



レーベル



GA文庫



ISBN



978-4-8156-1052-8


表紙の画像は「版元ドットコム」様より



↑このページのトップヘ