どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのは作者さんの

隣の席の中二病が、俺のことを『闇を生きる者よ』と呼んでくる

です!
img_9784041129876_1

ストーリー A
内容は、暗殺者として裏社会で活躍する黒木猫丸。彼は父親からの命令で紅竜と呼ばれる裏社会の伝説的存在を仕留めるために札幌のとある高校に転校生として潜入する。そして出会ったのが紅竜と自らを呼称する竜姫紅音。なんと彼女は猫丸を裏社会の人間であると瞬時に見抜く。暗殺者であることを見抜かれ同様する猫丸だが、竜姫は実はただの中二病!さらに猫丸の転校自体、自分の息子に普通の学校生活を送ってほしいと願う猫丸の父親の計らいだった⁉︎猫丸は竜姫を暗殺対象であると思い込み、竜姫は猫丸を自分と同類の中二病だと思いこむすれ違いラブコメが始まる!とこんな感じです!

〜中二病ガールと暗殺男が出会ったら?〜

第27回スニーカー大賞特別賞受賞作!暗殺者の少年と中二病少女のすれ違いが楽しいコメディでした!面白かったです!
まず序盤。裏社会で活躍する猫丸の姿が描かれます。こういうスタイリッシュな主人公いいな…と思ったのも束の間。父親の命令で裏社会の伝説的な存在である紅竜<レッドドラゴン>を仕留めるために札幌にある高校に転校生として潜入します。転校先のクラスでたまたま自らを紅竜と名乗る中二病患者の竜姫と出会ってしまったことで2人の壮絶な勘違いとすれ違いが始まります!猫丸は中二病ゆえに怪しい言動をする竜姫を同じ裏社会の人間だと思い込み暗殺しようとする。竜姫は自分と同じ中二病患者だと勘違いして猫丸と仲良くなりたいと接近する。竜姫の些細な中二病発言を過大解釈して「はやくコイツを暗殺しなければ!」となる猫丸は見ていて楽しいですし、中二病ながら初な女の子の竜姫が猫丸とLINEを交換するためにそわそわしたり猫丸との些細なやりとりで喜ぶ竜姫にニヤニヤしちゃいますね〜。竜姫の友達で彼女の中二病の理解者である咬狛九十九と竜姫のやりとりもよかったですね〜。中二病と気恥ずかしさでなかなか猫丸に近づけない竜姫の背中を押してあげる最高の友人キャラでしたね!終盤は2人でデート!本気で竜姫のことを暗殺しようとする猫丸と、友達になりたいけど異性と2人きりのお出かけは初めてでドキドキな竜姫とのすれ違いがニヤニヤしちゃいますね…睡眠薬の件は爆笑しましたw 終盤もすごく良かったですしラストの見開きページはズルい!最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
猫丸は凄腕暗殺者の少年。暗殺者としては凄腕なのに竜姫のことになると空回りしちゃうのがなんか微笑ましいですねw 時折見せるかっこよさがグッド!竜姫は中二病全開ガールでかなり痛いヤツなんですけど、時折見せる女の子らしさやピュアな感じがかわいすぎましたね!そして何より竜姫のお友達の九十九ちゃん!毎回超ナイスアシストで竜姫を的確にサポートする唯一の常識人!健気に竜姫を応援する姿が可愛かったです!

最後に
めっちゃ面白い中二病すれ違いコメディでした!これはぜひ2巻が読みたいですね!まだまだ猫丸と竜姫のやりとりが見ていたいです!続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
すれ違いコメディが読みたい方は!中二病な竜姫と暗殺者な猫丸のすれ違いはみていてすごく楽しいです!ラストも大満足!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

隣の席の中二病が、俺のことを『闇を生きる者よ』と呼んでくる



著者

海山蒼介



レーベル

角川スニーカー文庫


ISBN

978-4-04-112987-6

表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのは水鏡月さんの

僕らは『読み』を間違える

です!
img_9784041129883_1

ストーリー A
内容は、志望校に落ちて滑り止めの芸文館高校に通うことになった竹久優真。彼は中学時代の失恋を引きずっており、元文芸部の漫画部の部室で怠惰な毎日を怠惰に過ごしていた。そんな彼の元に太陽のように明るい少女・宗像瀬奈が日常の謎を持ってくるところで、優真の止まっていた時間が動き出す…とこんな感じです!

〜青春と恋と文学〜

第27回スニーカー大賞銀賞受賞作!文学と恋と青春群像劇でぶん殴ってくる素敵な作品でした!面白かったです!
まずなんといってもプロローグがめちゃくちゃよかったですね…ひねくれた文学かぶれの少年の皮肉っぽくい文章。こういうはじめ方する作品大好きです!文章もよかったですね…一人称で地の文が厚めで時には数ページにわたるセリフがある。決してサクサク読めるわけじゃないんですけど、引き込まれる魅力のある文章です。こういう引力がある文章めちゃくちゃ好きです!
物語はというと高校受験に失敗し過去の失恋を引きずる少年・竹久優真を中心としたミステリ要素もある青春群像劇になります。序盤は文学作品の解答というかお互いの解釈をぶつけあったりといったような少々偏屈さを感じる日常が描かれます。こういうのめちゃくちゃ好きですし学生時代1回はやるんですよね…わかりみが深い…そして中盤以降は主人公の過去の失恋を振り返りながら錯綜する恋模様を辿るストーリーが展開されていきます。この辺りはミステリ要素も多くなかなか紹介が難しいのですが、序盤で感じる偏屈さもありつつ爽やかすぎないほどのに爽やかな青春を楽しませてくれます!ラストもいい!最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
優真はいい感じに過去の恋を引きずっている偏屈エセ文学野郎感がめちゃくちゃ好きでしたね!その他のキャラもそれぞれ魅力的だったのですが、個人的に1番印象に残ったのが一つ上の先輩の葵栞。こういう女の子がなんだかんだ1番好きなんですよ…

最後に
めっちゃ面白い青春ものでした!あとがきを読む限り2巻も執筆中とのことでこれは期待度高井ですね!まだまだ優真たちの物語は読んでいたいです!続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
エセ文学少年のひねくれた青春ものが読みたい方は!好きな人には突き刺さる作品です!中盤以降に本格化する恋と青春群像劇もいい!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

僕らは『読み』を間違える



著者

水鏡月聖



レーベル

角川スニーカー文庫


ISBN

978-4-04-112988-3

表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのはすめらぎひよこさんの

我が焔炎にひれ伏せ世界 ep.1 魔王城、燃やしてみた

です!
img_9784041128787_1

ストーリー A
内容は、パイロキネシスの能力を持つホムラは何かを燃やしたいという欲求を抱いたまま死亡。異世界に転生する。そこで出会ったのはマッドサイエンティストガールのサイコ、暗殺ガールのジン、毒を生成する生体兵器の女の子・ツツミ、そして機械生命体のプロト。5人は女神に導かれて魔王を倒し世界に平和をもたらすために旅をすることになるが…とこんな感じです!

〜12年ぶりのスニーカー大賞大賞受賞作!〜

第27回スニーカー大賞大賞受賞作!12年ぶりの大賞受賞作ですね。5人の女の子あわちゃわちゃ賑やかに悪を成敗するファンタジーでした。
まず序盤。5人が異世界に転生し出会うところから物語は始まります。ホムラをはじめ全員が何かしらのいかれた能力を持つ5人は女神に導かれて異世界に平和をもたらすために魔王討伐を目指します。この辺りは異世界転生ものの鉄板ですね。そしてホムラたちは魔王を討伐すべく旅?をすることに。とは言ってもホムラたちが召喚された近隣国で兵士となり武勲をあげていく感じになります。このあたりは割と堅実というかぶっとんだキャラたちの中で硬い展開でしたね。ホムラ、サイコ、ジンを中心とした賑やかなやりとりは見ていて楽しかったですね。後半からはシリアス展開。村の近くに根付く盗賊を殲滅するために行動をはじめたホムラたちが思わぬ苦戦を強いられることに…終盤の盛り上がりもよかったですし、最後まで楽しく読ませていただきました。

キャラ A
ホムラは色々抱えたパイロキネシスな女の子で魅力的でしたね。マッドサイエンティストなサイコ、暗殺者のジン、毒を生成する生体兵器の女の子ツツミ、機械生命体のプロトとみんな魅力的でしたね。

最後に
読みやすい文章とコミカルな仲間たちによるちょっとシリアス?なファンタジーとして楽しく読ませていただきました!まだまだ物語も序盤だと思うので続刊に期待ですね。

どんな人にオススメか?
ファンタジーが読みたい方は!読みやすい文章と魅力的なキャラでガンガン読ませてくれる作品です!巻数を重ねるごとに面白くなるタイプの作品だと思います。気になったかたは。

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

我が焔炎にひれ伏せ世界 ep.1 魔王城、燃やしてみた



著者

すめらぎひよこ



レーベル

角川スニーカー文庫


ISBN

978-4-04-112878-7
表紙の画像は「版元ドットコム」様より



↑このページのトップヘ