どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回感想を書いていくのは岩波零さんの

「ゾンビ世界で俺は最強だけど、この子には勝てない

です!
img_9784046821126_1

☆感想☆

ストーリー A
内容は、突然発生した人がゾンビになる現象。街は瞬く間にゾンビだらけになってしまう。なんとかゾンビだらけの学校から脱出した幸坂優真はゾンビに噛まれてしまう。このまま死ぬのかと思っていたら友達の妹である日向晴夏と再会する。最期の思い出作りにと晴夏に彼女になってもらい良い思いをした優真だがなんと彼はゾンビにならなかった⁉︎しかも自分の望んだタイミングでゾンビに変身できるように!優真は晴夏と共にゾンビだらけの世界で生き抜くことになるが…とこんな感じです!

〜ゾンビの世界で最強なら女の子からモテモテ⁉︎〜

岩波零さんの新作!個人的には初挑戦の作家さんですね。ゾンビものということで買ってみましたがどちらかというとラブコメがメインでゾンビはあくまでもエッセンス程度でしたね。とはいえ後輩ヒロインに弱みを握られるラブコメは楽しく読ませていただきました!面白かったです!
まず序盤。街中にゾンビが大量発生し瞬く間にゾンビだらけになります。このあたりは鉄板というかゾンビものの王道でしたね。なんとかゾンビだらけの学校から脱出する優真ですがついにゾンビに噛まれてしまいます。ゾンビに噛まれてしまったことでゾンビ化して死んでしまう…というところに友人の妹である晴夏が現れてゾンビ化する前にいい思いをさせてくれることに。この辺りは欲望前回で思春期の男の子っぽくてよかったですねw しかし優真はゾンビになることはなくゾンビだらけの世界で晴夏と生き抜くことになります。そして始まるラブコメ!なにかと距離が近い晴夏にドギマギしながら誰にも頼れない2人だけのサバイバル生活を送ることに。といっても晴夏とのラブコメが明るいのでゾンビ世界の絶望感とか人間同士のいざこざなんかはあまりない感じでしたね。そして物語は中盤からと晴夏の通う女子高へと舞台を移します。寮で生活している3人の女の子も加えてラブコメ方面はますます加速していくことに!ゾンビの恐怖や生活の不安はあるものの本当にラブコメメインでがっつりという感じですね…終盤ではゾンビの襲撃などのイベントがあるもののさらにラブコメも加速して…とゾンビだらけの世界という設定を生かしたラブコメといった感じで最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
優真は普通に思春期の男の子といった感じでしたね。普段は優しくて頼り甲斐があるんですけど、女の子に紛らわしいことを言うのはよくないと思います(真顔)晴夏は後輩の女の子!という感じで可愛くてちょっとえっち?でよかったですね!でもかなり小悪魔的でSでしたね…その他物語の中盤から登場する三人の女の子も魅力的でした!

最後に
ゾンビだらけの世界を舞台にしたラブコメとして楽しく読ませていただきました!最後のひきがアレだったので続きが気になりますね!ぜひ2巻が読みたいです!続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
ゾンビ世界を舞台にした多人数ヒロインのラブコメを読みたい方は!ゾンビものに過度に期待はせずラブコメを期待した方がいいかもです…とはいえゾンビ要素もしっかり絡めたラブコメです!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

ゾンビ世界で俺は最強だけど、この子には勝てない



著者

岩波零



レーベル

MF文庫J


ISBN

978-4-04-682112-6

表紙の画像は「版元ドットコム」様より


どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのは林星悟さんの

ステラ・ステップ

です!
⚠︎若干ネタバレありです
img_9784046821102_1

ストーリー A
内容は、突然飛来した隕石により地上は荒廃した世界。人々は小さな国家を建て、国家間の戦争の手段としてアイドルたちを戦わせ勝敗によって資源や土地を奪い合っていた。広大な砂漠で覆われた砂の国で最強のアイドルとして君臨するレインは感情を無くしてしまったかのような無表情で淡々と勝利と積み重ね、日々オーバーワーク気味に自己研鑽をしていた。そんなある日、レインとは対照的に感情豊かに歌う少女・ハナに出会う。ハナにリハーサルで負けてしまったレインはこれまで知らなかった感情を芽生えさせ…とこんな感じです!

〜砂漠の世界で道具として歌う〜

林星悟さんの新作!前々作、前作が面白かったので新作めちゃくちゃ楽しみにしてました!まず言わせてください…この作品めちゃくちゃ面白いです!荒廃した世界で偶像ではなく道具として扱われるアイドルの少女たち!歌い、踊る彼女たちは…アイドルの女の子たちをこんな風に見せてくれるんだという衝撃に脳が揺さぶられ感情をめためたにされました…最高でした!
まず序盤。アイドルとして絶対的な存在のレインが描かれます。まるでロボットのように淡々と勝ちを重ね砂の国に利益をもたらす。彼女の生活にあるのはアイドルとして戦うこととハードな練習だけ…序盤の何気ないアイドルとして戦う彼女の描き方が美しすぎますね…そしてレインはハナという少女に出会います。リハーサル会場で出会ったハナはレインとはまるで対照的に笑顔で楽しく誰かを常に楽しませるために歌い、そしてそんな彼女にレインは他国の強敵ですらつけることのできなかった黒星をつけられます。この出会いから徐々にレインの中に生まれていく感情がすごくよかったですね。そしてレインはハナを指導してアイドルにしていくことに!レインのアドバイスもあり徐々に成長していくハナ!2人はユニットとして試合に臨むことになるのですが…そこまでの過程が…もうマジでどうしてこんなに容赦がないんだというくらいの現実を、アイドルの少女たちは所詮国家の<道具>でしかないんだという事実を見せつけられます。アイドルの女の子たちの勝敗を判定するシステムの正体は…マジでえげつなさすぎます…そして終盤。ユニットを組んだ2人のパフォーマンスで感動のフィナーレ!かと思いきや…こんな…こんなことってありますか…挿絵も相まって凄まじい衝撃でした…いやめちゃくちゃ好きな展開ですし大好物なんですけどね…大人ってほんとに…最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
レインは感情が希はくなアイドルの女の子!最強の名をほしいままにし淡々と勝利を積み重ねていた序盤と、ハナに出会ってからの彼女の変化は見ていて楽しかったですね!その分終盤にかけての感情がめためたにされるんですけど…ハナはレインに憧れる笑顔が素敵な女の子!THE・アイドル!という感じで魅力的でしたね!できれば中盤くらいまでの彼女のままでいてほしかったんですけどね…そしてプロデューサーを含めた大人たち…ほんまにさ…

最後に
めっちゃ面白い作品でした!これは続きが気になりますね!2巻も企画進行中ということでこれからレインとハナがアイドルとしてどんな道をたどっていくのか楽しみです!続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
アイドルが荒廃した世界で国を背負って戦うという設定にビビッときた方は!あと入間人間さん推薦という文字にビビッと来た方は!読んで損はないです!一緒に最大瞬間風速100m/sの衝撃をに感情をめためたにされましょう!気になったかたはぜひ!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

ステラ・ステップ



著者

林星悟



レーベル

MF文庫J


ISBN

978-4-04-682110-2

表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのは十利ハレさんの

スペル&ライフズ 1 恋人が切り札の少年はシスコン姉妹を救うそうです

です!
img_9784824003850_1

ストーリー A
内容は、スペル&ライフズという魔法と召喚獣をこの世に権限させる異能のカード。それらを操るプレイヤーは人工島・色藤島に集められていた。桐谷駿はある日、不正渡航者の少女・萌葱咲奈と出会う。プレイヤーではない咲奈は連絡がつかなくなった姉を追ってこの島にきたという。成り行きで咲奈の姉探しに付き合うことになった駿は島を揺るがす陰謀に巻き込まれていく…とこんな感じです!

〜ミラティアがいれば最強⁉︎〜

第9回オーバーラップ文庫大賞金賞受賞作!カードで顕現させた魔法や召喚獣で戦うという設定が楽しいバトルファンタジーでした!面白かったです!
まず序盤。駿と咲奈の出会いが描かれます。スペル&ライフズを使うことができない非プレイヤーであるがゆえにならず者たちに襲われてピンチな咲奈。そんな彼女をたまたま助けた駿と彼のスペル&ライフズで召喚された少女・ミラティアは姉を探しているという彼女に付き合うことになります。カードで魔法や召喚獣を顕現させて戦うという設定を序盤からわかりやすく魅せてくれるのがグッドでしたね。そして3人は咲奈の姉を探して島を巡ることに。島の描写もよかったですね。どこかアングラ感漂う雰囲気にスペル&ライフズを使ったバトルもグッド!謎の自信に満ち溢れている咲奈と食いしん坊で駿のことが大好きなミラティアとの絡みも楽しかったですね。終盤以降は怒涛のバトル展開!スペル&ライフズを存分に使ったバトルは読者を引き込む魅力があります!ラストもよかったですね!最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
駿はなんだかんだいいつつも優しくて気の利くいい奴でしたね。相手の裏をかく戦いっぷりもグッド!ミラティアは駿のことが大好きな女の子。食べるのが好きでいつも駿にべったりで可愛かったですねー。咲奈は謎の自信に満ち溢れたドヤ顔ガール!見ていてなんか可愛かったですw その他のキャラも魅力的でした!

最後に
カードで魔法や召喚獣を召喚して戦うという設定が魅力の作品でした!これはぜひ2巻も読みたいですね!これからも駿たちの活躍を見てみたいです!続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
バトルが魅力のファンタジーを読みたい方は!人工島などの設定はSF味を感じますし、カードで魔法や召喚獣を顕現させて戦う戦闘描写は見ていて楽しいです!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

スペル&ライフズ 1 恋人が切り札の少年はシスコン姉妹を救うそうです



著者

十利ハレ



レーベル

オーバーラップ文庫


ISBN

978-4-8240-0385-0

表紙の画像は「版元ドットコム」様より



↑このページのトップヘ