どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのはとーわさんの「高嶺の花の今カノは、絶対元カノに負けたくないようです」です!
img_9784041112922_1
ストーリー A
内容は、中学卒業と同時に芸能人として活躍する朝谷霧と付き合うことになるも高校入学と同時に振られた千田薙人。失恋から立ち直れないなか、才色兼備で同級生・上級生から注目を集める鷹音希が強引に部活の勧誘を受けているところを見つける。彼女を助けたことをきっかけに薙人は希と距離を縮めていく。そんなある日、2人が図書室で話していると霧がやってきて薙人と恋人関係だったことを強調し希を煽るような発言をする。それに対抗し希が薙人の今カノだと言ったことで、薙人と希は付き合うことになる。今カノの希と元カノのキリとの間で揺れ動くラブコメが始まる!とこんな感じです!

〜クラスに元カノと今カノがいたら?〜
とーわさんの新作!個人的には初挑戦の作家さんですね。元カノの霧と今カノの希の間で揺れ動く感情や、希との微笑ましく初々しいやり取りが魅力のラブコメでした!面白かったです!
まず序盤。いきなり薙人が霧に振られます。最初は結構ひどいことを笑顔でしてくる女の子だな…とあまりいい感情は彼女に抱かなかったのですが、彼女が売れ始めた女優で薙人のことを特別に思っていることを知ってからはその印象は変わりましたね…そんな感じで失恋からスタートしますが新たな恋が。クラスメイトで同級生・上級生から才色兼備で注目を集める希を強引な部活勧誘から助けたことで急速に距離を縮めていきます!強引な部活勧誘から希を助けた時の彼女の表情は印象的でしたね…いろんな人からすごく美人で頭も良くて運動もできる…そう思われている彼女が見せる等身大の女の子の姿。袖とちょんと握ってくるのは反則級です。その後も一緒に登下校したりしているうちに距離が縮まる2人。そして図書室での霧とのやりとりをきっかけに薙人と希は付き合うことになり、薙人は霧との関係に悩むことになります!ここからがこの作品の本領発揮でしたね!希との初々しい恋人関係を築き上げる薙人。一方、フラれたとはいえ霧に対して悪い感情は持っていない、むしろ芸能人として頑張っている彼女を応援したいと考えている薙人。最初は煽るようなことを言っておきながらも薙人と希の関係を応援したいという霧。3人の思惑がからみながら展開されるラブコメは読んでいてすごく楽しかったです!ラストのキリのお話もすごく良かったですね!あぁこれがあったらから霧は…とすごく納得できるお話でした。最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
薙人は真面目で純情で見ていて応援したくなる男の子でしたね!霧のことをまだ忘れられないなかでしっかり希とも向き合っていて好感度高いです!霧は女優として売れ始めたかわいい女の子!元気が良くて時々発言が読めなくて、でも薙人のことをよく見ていて…よくも悪くも普通の女の子だったらきっと薙人とうまくやっていたのかな…と思いました。希は才色兼備な美人さん!普段はクールな印象ですが、薙人と一緒にいるときはかわいい表情をたくさん見せてくれますね!袖ちょこんが本当に可愛かったです!

最後に
今カノと元カノの関係で悩みながらも頑張る薙人が印象的な作品でした!まだまだ物語は始まったばかりだと思うのでぜひ2巻も読みたいです!続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
ピュアなラブコメが読みたい方は!薙人と希の初々しく微笑ましいやりとりは見ていて思わずニヤニヤしちゃう魅力があります!今カノの希と元カノの霧との関係性に悩む薙人もグッド!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



高嶺の花の今カノは、絶対元カノに負けたくないようです



著者



とーわ



レーベル



角川スニーカー文庫



ISBN



978-4-04-111292-2


表紙の画像は「版元ドットコム」様より


どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは白井ムクさんの「俺がピエロでなにが悪い!」です!
img_9784065225332_1
ストーリー A
内容は、普段はぼっちで学校にで周りから距離を置かれている宮守樹はホスピタル・クラウンという病院に訪問して芸を披露するというボランティアをしていた。毎回子供たちに大人気の樹だが、いつも笑ってくれない茉莉という女の子のことが気になっていた。そんなある日、クラスのギャルである市川愛莉と席替えで隣の席同士になる。はじめは喧嘩腰で話しかけてくる愛莉のことを疎ましく思っていた樹。しかし彼女に勉強を教えることになり、徐々に彼女のことを知っていく。そして愛莉の妹が茉莉だということが発覚し、彼女が病気で危ないことを知るが…とこんな感じです!

〜ホスピタル・クラウンが本気を出したら?〜
第9回講談社ラノベ文庫新人賞佳作受賞作!230pにも満たない作品でしたがライトでサクッと読めるラブコメとして楽しませていただきました。
まず序盤。ホスピタル・クラウンとして活動する樹の様子が描かれます。ホスピタル・クラウンって実際にあるんですかね?初めて聞きました。最初は樹の1人語り激しめな文章に結構「お、おう…」という感じになりましたが、文章も含めてライトな作品なので読んでいくうちにそんなに気にならなくなりましたね。そして愛莉と席替えで隣の席同士になったことで勉強を教えることになり、彼女の妹がいつも笑ってくれない茉莉だということを知ります。はじめはお互いにお互いのことが嫌いな者同士の会話だったのが、樹は愛莉や茉莉のことを本気で気にかけるようになり愛莉もまた樹に、彼が演じるホスピタル・クラウンに頼っていくようになる過程が良かったですね。!芸の描写もリアルで良かったですし、ラストの展開もこの作品らしかったです!最後まで楽しくよませていただきました!

キャラ A
樹はぼっちだけど実はすごい技術を持ったストリートパフォーマー志望の少年。なんだかんだと理由を並べますが、最後はちゃんと愛莉のことを考えて行動できるところは主人公らしかったです。愛莉は見た目はギャルだけど実はすごく妹想いの優しいお姉ちゃん。茉莉のために頑張ろうとする姿が印象的でした。

最後に
さくっと読めるラブコメとして楽しませていただきました!綺麗に終わっているので1巻完結ですかね?次回作があればぜひ読んでみたいです!

どんな人にオススメか?
とにかくライトなラブコメが読みたい方は!1時間くらいでサクッと読めます!1人語り激しめの一人称は好みが分かれそうですが、芸の描写もしっかりしていて樹が愛莉や茉莉のために頑張る姿は好感度高いです!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



俺がピエロでなにが悪い!



著者



白井ムク



レーベル



講談社ラノベ文庫



ISBN



978-4-06-522533-2


表紙の画像は「版元ドットコム」様より




どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)

さて、今回は5月前半発売のオススメライトノベルを紹介していきます!
前半は1日から15日発売の作品を紹介していきます!この記事では僕が注目しているラノベを紹介しているだけで、来月発売するすべてのライトノベルを網羅しているわけではないのであしからずm(__)m それではいってみましょう!

4/30発売 講談社ラノベ文庫
「悔い改めよ!ハーレム学園」安藤白悧(著) おみおみ(イラスト)
「俺がピエロでなにが悪い!」白井ムク(著) 塩かずのこ(イラスト)






5/1発売 角川スニーカー文庫
「高嶺の花の今カノは、絶対元カノに負けたくないようです」とーわ(著者) Rosuuri(イラスト)
「『おっぱい揉みたい』って叫んだら、妹の友達と付き合うことになりました。2」凪木 エコ(著者) 白クマシェイク(イラスト)






5月1日発売 HJ文庫
「才女のお世話1 高嶺の花だらけな名門校で、学院一のお嬢様(生活能力皆無)を陰ながらお世話することになりました」坂石遊作(著) みわべさくら(イラスト)
「聖剣士さまの魔剣ちゃん3 ~主のために頑張る魔剣を全力で応援しようと思います~」藤木わしろ(著) さくらねこ(イラスト)





5月8日発売 電撃文庫
「娘じゃなくて私が好きなの!? (5)」望公太(著者) ぎうにう(イラスト)
「楽園ノイズ2」杉井光(著者) 春夏冬ゆう(イラスト)
「隣のクーデレラを甘やかしたら、ウチの合鍵を渡すことになった2」雪仁(著者) かがちさく(イラスト)
「となりの彼女と夜ふかしごはん2 ~ツンドラ新入社員ちゃんは素直になりたい~」猿渡 かざみ(著者) クロがねや(イラスト)
「浮遊世界のエアロノーツ 飛空船乗りと風使いの少女」森 日向(著者) にもし(イラスト)












5月13日発売 GA文庫
「ひきこまり吸血姫の悶々5」小林湖底(著者) りいちゅ(イラストレーター)




以上になります!
HJ文庫公式レビュアープログラムに引き続き参加させているのでHJ文庫の作品推していきますよ!


HJ文庫の新作は1作品!「才女のお世話1 高嶺の花だらけな名門校で、学院一のお嬢様(生活能力皆無)を陰ながらお世話することになりました」です!実はすでに感想書いているの詳細はそちらを見てほしいのですが汗面白かったです!庶民の伊月がお嬢様の雛子のお世話係になるという身分差主従関係ラブコメ!普段は完璧なお嬢様な雛子が伊月の前でだけぐうたらで甘えん坊な姿を見せるギャップがグッド!オススメですよ!


さて注目の新作は「悔い改めよ!ハーレム学園」「浮遊世界のエアロノーツ」の2作品!前者は講談社ラノベ文庫らしい尖った感じがするので読むのがめっちゃ楽しみなんですよね…「浮遊世界のエアロノーツ」は宙に浮かぶ島々を旅するロードノベルということで設定がもう超大好物なのですごく楽しみにしてます!

続刊は「『おっぱい揉みたい』って叫んだら、妹の友達と付き合うことになりました。2」「楽園ノイズ2」に注目!タイトルに反してまっすぐなラブコメが魅力的なおぱもみは今回も甘々いちゃいちゃを見せてくれると思います!「楽園ノイズ」は待望のシリーズ2巻ということで期待値は自然と爆上がりですよね!杉井光さんの音楽ものは本当に好きなので楽しみです!今回は女装要素強めなんですかね?

それではこの辺で(≧(エ)≦。)
5月もよろしくお願いしますー

↑このページのトップヘ