どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのは陸奥こはるさんの

うしろの席のぎゃるに好かれてしまった。2 もう俺はダメかもしれない。

です!
img_9784040747712_1
前巻の記事↓


ストーリー A
内容は、うしろの席のギャル結崎志乃と付き合うことになった三代。志乃とこれまで以上にイチャイチャしながら関係をより深めていく2人。しかし期末試験が迫り志乃は補習のピンチに!一緒に勉強をしてなんとか補習回避を狙う志乃のために勉強を教える三代。勉強のご褒美に温泉旅行を用意した三代の期待に果たして志乃は応えることができるのか…とこんな感じです!

〜ぎゃると甘々イチャラブ〜

シリーズ第2巻!1巻は重版もして勢いのある作品ですね!今回は前回よりさらに甘くなった2人のイチャイチャラブラブっぷりを楽しませていただきました!面白かったです!
まず序盤。イチャイチャしつつも勉強を頑張る志乃とそれをサポートする三代が描かれます。志乃のちょっとおばかなところはかわいいですね…三代も志乃のためと全力でサポートするところが見ていて微笑ましいですね。そしてお話は高砂さんと四楓院くんの恋の行方へ。お節介の焼き方がなんか志乃と三代らしいですね。高砂さんもよく頑張ったと思います!そして季節はクリスマスへ。三代は本当にあのプレゼントを志乃に渡したんですね…すごい勇気ですね…でも志乃にとっては嬉しかったみたいでこのカップルの仲の良さが伺えますね…そして温泉旅行!温泉旅行は色々ありましたね…でもやることちゃんとやっているのは見ていて安心しましたし2人ともちゃんとお互いのこと考えているんだなということが伝わってきてよかったです!今回もぎゃるな志乃との甘々イチャイチャを楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
三代は志乃のことを本当によく考えて行動できていていい彼氏ですね…志乃のこと本当に大切しているんだなと思いました。志乃は相変わらずかわいさ抜群。ちょっとおばかなところも三代のことが大好きでキスをねだるところも、頑張ってオシャレをするところも本当にかわいいです!

最後に
今回も三代と志乃のいい感じのイチャイチャを楽しませていただきました!まだまだ2人の関係は見ていたいです!3巻待ってます!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

うしろの席のぎゃるに好かれてしまった。2 もう俺はダメかもしれない。



著者

陸奥こはる



レーベル

富士見ファンタジア文庫


ISBN

978-4-04-074771-2

表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのは倉田和算さんの

ヴァンパイアハンターに優しいギャル

です!
img_9784815618643_1

ストーリー B
内容は、ギャルな琉花のクラスに転校していた銀華。なんと彼女は吸血鬼を倒すヴァンパイアハンターだった⁉︎吸血鬼との戦いにひと段落ついたため復学したという銀華に興味津々な琉花は放課後一緒に遊んだりと彼女に普通の高校生らしいことを教えていたらが平穏な日々も長くは続かず…とこんな感じです!

〜元ヴァンパイアハンターとギャル〜

第14回GA文庫大賞銀賞受賞作。個人的には合いませんでした。以降面白いとは言わないので読みたくない方はブラウザバックで。
気になったのは3点

・序盤の圧倒的読にくさ
・サブポジション的なキャラの多さ
・なにが話の軸かよくわからない

まず序盤の読にくさですがこれが数年振りレベルの読にくさでしたね…ギャルな主人公の琉花が友達たちと会話しているんですけどギャル語と変な語尾のせいで会話文のリズムが悪く摩擦係数がめちゃくちゃ高いです。地の文は読みづらくはないのですが、ギャル同士の会話の読みづらさは最後まで解消されませんでした。このギャル同士の会話が序盤にあるせいで初見がかなり微妙でした。
次にサブポジションのキャラの多さ。琉花と銀花という主役級2人がしっかりしているのはいいんですけど、琉花の友達2人にクラスメイトに先輩にバイト先の同僚に敵に…と物語内の比重がそこまで変わらないキャラが結構いたのが微妙でした。キャラ数的にはそこまで多くはないのですが琉花と銀華の物語にがっつり絡むわけではないのでより多さを感じました。
最後はなにが話の軸かよくわからないです。ギャルと世間知らずなヴァンパイアハンターの日常ものがメインなわけでも、学校生活がメインなわけでも、コメディがメインなわけでも、バトルがメインなわけでも、百合的関係性がメインなわけでもない。物語の最初から最後まで一本の軸がないように感じました。
と僕には合わないお話でした。

キャラ B
前述の通り物語における比重が変わらないサブキャラが多すぎました

最後に
個人的には微妙でした。続刊は出ても買いません

どんな人にオススメか?
個人的にはオススメしません。気になった方は試し読みの上で。

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

ヴァンパイアハンターに優しいギャル



著者

倉田和算



レーベル

GA文庫


ISBN

978-4-8156-1864-3

表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのはとしぞうさんの

百合の間に挟まれたわたしが、勢いで二股してしまった話 その3

です!
img_9784824003607_1
前巻の記事↓


ストーリー A
内容は、由那と凛花の2人と付き合っている四葉。妹達からも告白されたりしながらなんとか由那と凛花との関係を維持していた。そんなある日、幼馴染で国民的アイドルの小田真希奈が引っ越してくる。アイドルとなり遠い人になっていた真希奈との再会に喜ぶ四葉。だが突然真希奈から告白されてしまう⁉︎週刊誌のパパラッチをまくために偽の恋人になってほしいという真希奈。四葉は由那と凛花がいながらも幼馴染の頼みは断れないと偽の恋人関係を承諾するが…とこんな感じです!

〜幼馴染ヒロイン登場⁉︎〜

シリーズ第3弾!2巻で姉妹たちとの関係をになんとか決着をつけたので由那と凛花さんとのイチャラブが待ってる!と思ったら新たなヒロインが!しかも超絶いい子でめちゃくちゃかわいくて…泥沼に腰まで浸かりかけた四葉が楽しいお話でしたね!面白かったです!
まず序盤。姉妹とのイチャイチャが描かれます。やっぱり姉妹百合は最高だな!と再確認したところで幼馴染の真希奈ちゃん登場。清楚可憐でしかも人気絶頂にして突然アイドルを引退した真希奈ちゃんが引っ越してきたとあって盛り上がる!…のも束の間、偽の恋人の打診をされます。ここでしっかり断れないのが四葉さんらしいですね…そして返事を保留にしたまま由那と凛花とプールデートへ!なんかすげぇ人間として許されないムーブをしているんですけどコメディなノリと由那と凛花のかわいさ、そして3人の百合関係のあまりの正義さに全てがOK!となってしまう不思議さですよ…プールでいちゃつくのいいぞ。もっとやれ。そして紆余曲折の末に真希奈と偽の恋人に。真希奈の清楚ででも真の強い感じは四葉との相性ぴったりで幼い頃の記憶を共有する2人のやりとりはめちゃくちゃよかったですね…水族館デート最高かよ…終盤もはちゃめちゃによかったですしラストであの挿絵の破壊力ですよ…僕は死にました…最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
四葉はマジでなしてこんなに浮気性かつ女の子を吸い寄せる力があるのか…いいぞもっとやれ。新登場の真希奈は清楚可憐なアイドルで四葉のことが大好きでこれまでの女の子とはまた違った感じでしたね。四葉のかわいいところも存分に引き出せていました!他のキャラももちろん魅力的だったのですが個人的には咲茉ちゃん。浮気性な四葉を見てるとやっぱり咲茉ちゃんしか勝たん!ってなりますね!

最後に
3巻もめちゃくちゃ面白かったです!早く4巻を読まないと死んでしまうのでなるはやで4巻をください…これから四葉がどうなってしまうのか楽しみです!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

百合の間に挟まれたわたしが、勢いで二股してしまった話 その3

著者

としぞう



レーベル

オーバーラップ文庫


ISBN

978-4-8240-0360-7

表紙の画像は「版元ドットコム」様より


↑このページのトップヘ