どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは三田真央さんの「夢にみるのは、きみの夢」です!
img_9784094530018_1
ストーリー A
内容は、友達なし。恋愛経験なし。ひたすら二次元の乙女ゲー世界に没頭する二橋美琴は誕生日の夜にナオと名乗る青年と出会う。整った容姿を持つナオは実は研究施設から逃げ出したAIだった⁉︎成り行きからナオを家で匿うことになり、同棲生活が始まる。はじめは見知らぬ男性が家にいることが落ち着かなかった美琴だが、だんだんナオのいる日常が当たり前になっていき自分の気持ちを自覚し始めるが…とこんな感じです!

〜この夢は、恋は現実か〜
元NMB48の三田真央さんの小説デビュー作!アイドルには二次元も三次元も疎くガガガ文庫でデビューされるまでは恥ずかしながらお名前も存じ上げていなかったのですが、元アイドルがラノベで小説デビューということで購入。キラキラした小説なのかな?と勝手な偏見から読み進めていたのですが、いい感じにダメダメな社会人女オタクの恋愛模様と衝撃的なラストが印象的な恋愛?ものでした!面白かったです!
まず序盤。友達もいない恋愛経験もない会社でも幽霊社員状態な美琴の日常が描かれます。これはいい意味でほどよくにちゃっとした女オタクが描かれていましたね…推しのボイス目覚ましで起床して会社でも幽霊みたいな存在で、憧れている先輩をただ見つめているだけ。独り言が多くて誰かと話すことが特別で、日々を淡々と過ごしていく…アイドルだった方がこういう女性主人公を描くのか…とちょっと衝撃的でした。アイドルに夢見過ぎですかね?そして美琴の誕生日の日、ナオという青年に出会います。しかしナオはAIで研究室から逃げてきたといい、成り行きから彼を匿うことに。そして同棲生活が始まります。最初はAI?突拍子もないなーと思わなくはなかったですが、いっしょに生活していくうちに作られた存在であるナオが際立ってきましたね。AIのナオ、というのはよく表現されていました。ナオと一緒に暮らすうちに自分の気持ちをなんとなく理解していく美琴。会社でもこれまでただ眺めているだけだった憧れの先輩とお近づきになったり、隣の席の同僚と話すようになったりと変わっていく美琴。季節が春、夏、秋とすぎていく中で答えに辿り着きますが…終盤。衝撃的な展開が。なるほど。こういう展開に持ってきますか。個人的にはかなり好き、むしろ大好きな展開ですが賛否はわかれそうですね…あとがきにある自分にとってのハッピーエンドは誰かにとってのバッドエンドと体現している終わり方だと思いました。タイトルも回収してますしね。最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
美琴は想像していた以上ににちゃっとした社会人女オタクで個人的にめっちゃ好きでした!友達いない、恋愛経験なし、推しキャラのボイス目覚ましで目覚めて洒落っ気のない生活をする。推しに着せる服を妄想してメンズの服を買い漁って自宅のクローゼットに収納して推しと生活している感を演出しているのはなかなかの上級者ですね。考えていることが思わず口にでちゃったり唐突にテンションあがったりするところも含めていい女オタクでした!ナオはAIなのですが、感情らしきものはあり普通に人間と会話できる感じでしたね。ただところどころ違和感があり、この違和感がAIらしさを表していたと思います!子犬系の美青年で見ていて楽しかったです!

最後に
にちゃっとした女オタク主人公とAIの青年のいい恋愛もの?でした!綺麗に終わっているので1巻完結ですかね?三田真央さんの作品は今作ですごく印象に残ったのでまた小説書くならぜひ読んでみたいです!新作待ってます!

どんな人にオススメか?
ちょっと変わった恋愛ものが読みたい方は!いい意味でにちゃっとした女オタクの主人公とAIの青年ナオのやりとりや徐々に縮まっていく距離感は読んでいて楽しいです!終盤の展開はかなり賛否がわかれそうな気がしますが、個人的には結構好きでした。気になった方はぜひ!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



夢にみるのは、きみの夢



著者



三田真央



レーベル



ガガガ文庫



ISBN



978-4-09-453001-8


表紙の画像は「版元ドットコム」様より




どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは書店ゾンビさんの「駅徒歩7分1DK。JD、JK付き。」です!
img_9784865548839_1
ストーリー A
内容は、社畜の26歳谷川陽史は田舎で仲が良かった年下の幼馴染女子大生の黒森詩織をしばらくの間預かることに。しかし、ちょっとした行き違いからなぜか家出女子高生・神木彩乃も預かることに。社畜と女子大生と女子高生という奇妙な同居生活が始まるが、詩織は密かに陽史に想いを寄せていて…とこんな感じです!


〜社畜がJKとJDと同居したら?〜
書店ゾンビさんの新作!個人的に初挑戦の作家さんですね。もはや王道となりつつある拾ってきたJKと同居ラブコメですが、幼馴染の女子大生もいてアブノーマルっぽさよりホームコメディ感強めで楽しく読ませていただきました!面白かったです!
年下の幼馴染の女子大生・詩織をしばらく家に泊めることになった社畜の陽史。社畜…26歳…IT企業…非常に親近感を覚えますね…作中の締め切りは動かず作業は遅延してそのリカバリングのために動くというのは非常に共感できます。むしろ共感しかない。しかし駅で出会った家出女子高生の彩乃を詩織と勘違いしてしまい、なぜか流れで3人暮らしすることに。これ詩織さんいなかったら犯罪臭がやばかったですね…でも頭が動かなくなる社畜の気持ちは痛いほどわかります(涙)そうして始まった同居生活!お約束的なハプニングはありますけど、基本的には健全に進んでいきます!このホームコメディ感がすごくよかったですね!一緒に餃子作ったり、詩織と彩乃がお風呂から出るのを待つ時間であったり、3人で一緒に買い物したり…3人で過ごす日々は仕事が忙しい陽史の癒しになり、そして詩織と彩乃にとってかけがえのない時間になる。奇妙な3人の同棲生活が徐々に温かいものに変わっていく過程はすごくよかったです!時折語られる詩織と彩乃から見た陽史の姿もグッドでした!ラストは波乱を予感させる展開もあり、最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
陽史はいい意味でデリカシーがないというか、あんまり人間に興味なさそうな感じがこの作品の主人公にピッタリでしたね。とはいえ、詩織や彩乃のことをよく見ていて大人としてしっかり対応している姿が印象的でした!詩織は19歳の女子大生。年下幼馴染お姉さん系女子大生というとんでもない属性ですね…すこです。引っ込み思案というかかなり大人しい感じなんですけど、行動や言動の端々から滲みでる陽史が好きオーラがたまらなく可愛いです!彩乃は元気いっぱいの家出ガール。陽史の家に泊まり始めた当初は軽い印象でしたけど、徐々に優しくて元気一杯という印象に変わっていきましたね。かわい女の子でした!

最後に
社畜と女子大生と女子高生の3人で同居するホームコメディ的なラブコメとして最後まで楽しく読ませていただきました!最後めっちゃ気になる展開で終わっているのでぜひ2巻も読みたいです!続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
ホームコメディ的な温かさのある同居ラブコメが読みたい方は!社畜と年下幼馴染女子大生と家出女子高生の3人が徐々に温かくて落ち着けるかけがえない居場所を作っていく過程がグッド!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



駅徒歩7分1DK。JD、JK付き。



著者



書店ゾンビ



レーベル



オーバーラップ文庫



ISBN



978-4-86554-883-9


表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは砂義出雲さんの「株では勝てる俺も、カワイイ女子高生には勝てない。」です!
img_9784046803276_1
ストーリー A
内容は、デイトレーダーとして成功している奥田理人は25歳にしてタワーマンションで金銭的な不自由なく優雅に暮らしていた。そんなある日、常盤木灯香という女子高生を偶然助けることになる。タイムマシンを作りたいという彼女に不信感を抱く理人だが、彼女の事情を知りタイムマシン製作のパトロンとなり彼女を家に泊めることに。人の心が理解できない理人ととある事情を抱えた灯香との同居生活が始まる!とこんな感じです!

〜お金があってもなんでもはできない〜
砂義出雲さんの新作!個人的に発挑戦の作家さんです。未だにデビュー作のイメージが強い作家さんなんですけど、デビューから10年も経っていらっしゃるんですね…事情を抱える女子高生とお金はあるけど人の心がわからない青年のライトな同棲ラブコメでした!面白かったです!
若くしてデイトレーダーとして成功するも、人の心が分からずなんでもお金で解決しようとする理人。そんなある日、彼はヤバそうな奴らに追いかけられている女子高生・灯香を助けることに。タイムマシンを作りたいと突拍子もないことをいう灯香に不信感を抱く理人だが、彼女の事情を察してタイムマシンを作る灯香に出資するという名目で同居生活を始めることに。同棲までの流れはまぁなかなかツッコミどころありますけど(^_^;)人の心がわからない理人くんのエピソードはなかなか面白いのでよしって感じですかね…そんなこんなで同棲生活を始める2人。しかし存外にドキドキするシーンはなく、むしろラブコメの皮を被って現実を淡々と突きつけてきます。灯香の合意があるとはいえ、未成年を家に泊めた時点で犯罪だからと突きつける理人の腐れ縁の多由。それに対して金で解決しようとする理人。灯香が抱える事情をやはりお金で解決しようとする理人。そして明かされる理人と多由の青春しきれなかった高校時代…同棲ものの甘々ラブコメですよーって近づいてきておいてここまで現実という苦味をコーディングして提供しようとするの、個人的にはちゃめちゃに好きですね。そのくせラブコメするところはきちんとしていくんですよね遊園地デートとか。なんなんだ。すごい。ラストは王道な盛り上げて方で最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
理人は本当に人の心がわからない奴でしたね…なんでもお金で解決しようとして、そして資産が500億円とかあるので金銭感覚がヤバい。すげー奴でした。灯香は最初タイムマシンがどうとかいう印象が強かったので電波ちゃんかと思いきや想像以上に普通の女の子でしたね…年相応にかわいくて、自分の境遇とかそういうのもちゃんと向き合っている女の子でした。多由は個人的にめっちゃ好きでしたね…理人のことを悪く思っていなくて、でも高校時代に失敗した2人の青春があって、ちゃんとした大人として灯香のことを注意しようとしてそれに嫌悪する自分に気づいていて…こういう女の子めっちゃ好きです…

最後に
結構キリのいいところで終わっているのですが続刊はあるんですかね?個人的に理人と多由の関係は深掘りして欲しいので2巻があればぜひ2人の過去を…!続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
ライトな同棲ラブコメが読みたい方は!意外と甘々な展開はなくラブコメの皮を被って淡々と現実を突きつけてくるのですが、甘苦いというかそんな感じのこの作品独特の面白さがあります。気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



株では勝てる俺も、カワイイ女子高生には勝てない。



著者



砂義出雲



レーベル



MF文庫J



ISBN



978-4-04-680327-6


表紙の画像は「版元ドットコム」様より



↑このページのトップヘ