現在配信中のジャンプ+で「TOLOVEる」の裏技入りが急遽配信中止となりました
ジャンプLIVEのときは普通に配信していたので、何が原因かはイマイチよくわかりませんね。
というか、ジャンプ+に連載が移籍した形となった「i・ショウジョ」のほうがいろいろ覚醒してエロくなったような…

どうしても裏技入りが読みたい人はWEBで検索しましょう!

ちなみに今日は忙しいので本の紹介は出来ません…悪しからずm(_ _)m

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
体育祭が昨日微妙な天気の中行われまして、足の早い人の宿命であるクラス対抗リレーで二回走ったおかげで足がパンパンです(苦笑)マシで体重い…

さて、そんな中紹介するのはカテゴリだけ作って今までほとんど紹介してこなかった青年マンガの中から、日暮キノコさんの「モンクロチョウ」です!
日暮キノコさんは主に青年漫画の分野で活躍されている作家さんで、代表作の「喰う寝るふたり 住む二人」はNHKBSプレミアムでドラマ化されたりもしました。

青年漫画は少年漫画に比べるとあまり数も読んでおらず、疎い部分もありますが、この作品はおそらく今まで読んだ青年漫画の中では一番好きな作品だと思います。

この作品、表紙を見てわかる通りかなり痛い青春ものです。痛さが表紙から滲み出ていて、ダメな人は表紙の時点でダメだと思います。
しかし、内容は誰もが一度は経験したことのある内面の自分と外面の自分の差、理想と現実のギャップ、劣等感と優越感、などどうにもならない感情を中心に置きそれに主人公がどうやって対応していくのかが肝になってきます。

ざっくりとしまあらすじ。
岡部正也はチャラ高と呼ばれる有名な男子高に通う二年生、見た目も悪くないが、幼い頃に隣に住む桃子に劣等感を感じたことから女子が恐ろしくなっていた。
しかし、桃子で童貞を喪失し、街で有名な何にでも体を打ち付けるガンガンおじさんの死がきっかけとなり正也は徐々に変わっていく…とこんな感じです!

この作品、割と痛いところを的確についてくるというか、読者をいじめるというか、こんなに優れたやつなのに、こんなに何もできないでしょ? みたいに言ってきている気がしてちょいちょい病みそうになります(苦笑)
でも、それでも読者を引き込む魅力があるんですよね。

主要な登場人物の紹介。
まずは主人公の岡部正也、チャラ高に通うそこそこ顔がいい高校二年生です。
続いて新堂、正也と仲が良い超絶イケメンです
もちろんうざいほどもてます。

次は田宮、正也と仲が良いイケメンメガネです。
こういう奴って一つ間違えばただのキモいクソ野郎なのに、そこまで嫌いなキャラじゃないんですよね〜(苦笑)

次は高田リサ、可愛くて清楚な振りしてビッチです。

最後は山口君。どの学校にでもいる教室のすみで絵を描いているようや奴です

上記五人の登場人物が中心となって物語は進んでいきます。
まあ、田宮以外はみんな本性表しますが(苦笑)

やっぱりこ作品は何度読んでも「痛い」に尽きるんですよね。本当にこいつら不器用な生き方してるのに、もっとうまくやれるはずなのに、それがどうしてもできなくて、それが自分にリンクする。
青春なのに友情とか甘酸っぱい恋とか、そんなの皆無の物語なのに、どうしても読んでいて辛くならずに共感してしまいます。

この作品は全三巻と短く、読み応えもあるので一気読みを推奨したいです! ぜひ、一度青春という魔物に翻弄される正也やその周囲の人物の痛みを共感してみてください。

それではこの辺で(≧(エ)≦。) 

本日は体育祭のためブログの更新は出来ません(汗)
悪しからずm(_ _)m

↑このページのトップヘ