どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
体育祭が昨日微妙な天気の中行われまして、足の早い人の宿命であるクラス対抗リレーで二回走ったおかげで足がパンパンです(苦笑)マシで体重い…

さて、そんな中紹介するのはカテゴリだけ作って今までほとんど紹介してこなかった青年マンガの中から、日暮キノコさんの「モンクロチョウ」です!
日暮キノコさんは主に青年漫画の分野で活躍されている作家さんで、代表作の「喰う寝るふたり 住む二人」はNHKBSプレミアムでドラマ化されたりもしました。

青年漫画は少年漫画に比べるとあまり数も読んでおらず、疎い部分もありますが、この作品はおそらく今まで読んだ青年漫画の中では一番好きな作品だと思います。

この作品、表紙を見てわかる通りかなり痛い青春ものです。痛さが表紙から滲み出ていて、ダメな人は表紙の時点でダメだと思います。
しかし、内容は誰もが一度は経験したことのある内面の自分と外面の自分の差、理想と現実のギャップ、劣等感と優越感、などどうにもならない感情を中心に置きそれに主人公がどうやって対応していくのかが肝になってきます。

ざっくりとしまあらすじ。
岡部正也はチャラ高と呼ばれる有名な男子高に通う二年生、見た目も悪くないが、幼い頃に隣に住む桃子に劣等感を感じたことから女子が恐ろしくなっていた。
しかし、桃子で童貞を喪失し、街で有名な何にでも体を打ち付けるガンガンおじさんの死がきっかけとなり正也は徐々に変わっていく…とこんな感じです!

この作品、割と痛いところを的確についてくるというか、読者をいじめるというか、こんなに優れたやつなのに、こんなに何もできないでしょ? みたいに言ってきている気がしてちょいちょい病みそうになります(苦笑)
でも、それでも読者を引き込む魅力があるんですよね。

主要な登場人物の紹介。
まずは主人公の岡部正也、チャラ高に通うそこそこ顔がいい高校二年生です。
続いて新堂、正也と仲が良い超絶イケメンです
もちろんうざいほどもてます。

次は田宮、正也と仲が良いイケメンメガネです。
こういう奴って一つ間違えばただのキモいクソ野郎なのに、そこまで嫌いなキャラじゃないんですよね〜(苦笑)

次は高田リサ、可愛くて清楚な振りしてビッチです。

最後は山口君。どの学校にでもいる教室のすみで絵を描いているようや奴です

上記五人の登場人物が中心となって物語は進んでいきます。
まあ、田宮以外はみんな本性表しますが(苦笑)

やっぱりこ作品は何度読んでも「痛い」に尽きるんですよね。本当にこいつら不器用な生き方してるのに、もっとうまくやれるはずなのに、それがどうしてもできなくて、それが自分にリンクする。
青春なのに友情とか甘酸っぱい恋とか、そんなの皆無の物語なのに、どうしても読んでいて辛くならずに共感してしまいます。

この作品は全三巻と短く、読み応えもあるので一気読みを推奨したいです! ぜひ、一度青春という魔物に翻弄される正也やその周囲の人物の痛みを共感してみてください。

それではこの辺で(≧(エ)≦。) 

本日は体育祭のためブログの更新は出来ません(汗)
悪しからずm(_ _)m

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
明日は体育祭なのに雨っぽいです(._.)
足だけは早いので、輝ける場面が減るのはちょっとがっかりです(苦笑)

さて、今日は最近世間を賑わした神戸の小学生一年生が行方不明、最悪の形で発見、犯人が逮捕されたことを受け、改めてメディア規制について考えてみたいと思います。

前回の記事↓


それに加えて今回は割と中立的な意見のサイトを見つけたのでそちらもあわせてご覧ください↓

今回の事件はまだ犯人が何も供述していないので何も言えませんが、もしマンガやらアニメやらの関連から影響を受けたと少なからず立証されれば、TVや雑誌は再びこの話題を取り上げることでしょう。

しかし、アニメや漫画が悪と決めつけることは何年、何十年単位で実験しない限り不可能でしょう。

例えば、虐待を受けて育った子供が全員自分の子供に虐待するわけではありませんし、虐待が正義かのように描かれるメディアに幼い頃から触れていたとしても、確実に自分の子供に虐待をするとは限らないでしょう。

メディア規制推進派はそれがさも正義かのように謳いますが、アニメや漫画は受け手によってはどんなに残酷で性的な描写が描かれても娯楽でしかないのです。

例えば歴史的にみてもイギリスのクロムウェルは競馬を禁止しましたが、その後市民のクーデタによって独裁を打倒されました。
当時の人々にとって競馬は最大の娯楽、それを禁止されれば黙って見過ごすわけにはいきません。

今の日本の娯楽といえば何か。よく考えてもらいたいです。メディアという枠組みに収まるものが大半を占めるはずです。それなのにそれをよく知らないであろうメディア規制推進派の人々が規制したらどうなるか。
これは大げさな誇張表現でもなんでもなく独裁です。
民主主義的ではありません。

今日本はメディアが溢れています。コンビニにいけば漫画は置いてあるし、電車に乗ればアニメで地域活性化を謳うような中吊り広告もしばしば見かけます。TVCMでもアニメは使用されますし、輸出品でも重要な地位を担っています。

規制、規制というのはとても簡単です。ただ、柵で囲めばいいんですから。でも、人々を癒し、励まし、楽しませ、時には繋げる金の鉱山を立ち入り禁止にするのはいかがなものなのでしょうか。

確かに規制推進派にとってはオタクは気持ち悪いだろうし、規制対象のメディアを子供に触れさせるのはよくないと考えるはずです。
しかし、そういったメディアに触れる大半の人はオタクではない人だし、普通に学校に行って、仕事やアルバイトをして、友達と遊んで、恋に胸を躍らせるごく一般的な人々であることを忘れないでほしいです。

メディア規制に決着がつくのはまだ先の話だと思います。しかし、推進派はTVで軽々しくまるでマイノリティがマジョリティであるかのようにメディア、ひいてはそれを享受する人々を貶したことを反省し、恥ずべきです。

と、今日は少し硬いことを言いました(汗)これを読んだ人には少なからず何かを感じてほしいと思います。

それではこの辺で(≧(エ)≦。) 
明日は体育祭だε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

↑このページのトップヘ