どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
今日は講談社ラノベ文庫のフェイトフル・モーメンツ買ってきました! 近日こちらの紹介も書きますね。

さて、今日はちょっと煽りっぽいタイトルをつけました。その理由は後ほど説明しますが、今回はメディア規制について考えてみたいと思います。

まずはこちらの記事をお読み下さい(僕は番組未視聴です)↓

本日9月1日「たけしのTVタックル」で『ロリコン&暴力アニメに規制は必要か?』特集まとめ。結局いつもの根拠のない印象論ばかりで説得力のない議論、残念

まあ、昨今稀にある「メディア規制」についての議論ですね。
それだけならまあ「ふーん、あっそ」だけで終わるのですが、この番組は曲がりなりにも世界のたけしの冠番組ですので、ちょっとこの頭の悪い番組、引いてはメディア規制について苦言を呈したいと思います。

まず、最初に取り上げられているのは、記憶にも新しい岡山県での誘拐事件、報道を見た方も多いと思いますが、犯人の部屋にはアニメのポスターがあり、誘拐した少女を「自分好みの女性に育てようと思った」など発言しました。

さて、ここからアニメについて話が繋がって行きます。
最終的には、暴力、性的表現、について疑問を呈し、アニメではもの足りず現実でも…という一文で纏められます。

まあ、一つ僕が実際に視聴したからこそ言えるのは、まどマギは見たけど暴力を助長するようなアニメではないですよねw

ただ、これだけは確実に言えること。
例としてあげられたアニメはあくまで地上波で放送されていて、漫画のほうも同人誌などではなく、出版社を通しているわけで、別に暴力も性的表現も過度なものはきちんとチェックされているはずてすよね? なので、そのような犯罪を助長するような描写はあるはずがないですよね?

暴力、性的表現、それらはあくまで犯罪の助長ではなく、作品を面白くする要素です!

で、個人的に引っかかる発言
いや、お前絶対ジブリ全作品みてないだろw
ジブリの嫉妬? はあ、そうですか。ジブリ作品にある戦う女性の描写は一種の暴力描写とも取れなくないですよね? きっとトトロしか見てないんでしょうね可哀想に…というか、そもそもトトロはロリコンを助長しないのでしょうか? 論理的に教えてほしいですね。小学生の少女は同じように(描かれ方の違いはあっても)登場してますが?

次に注目したいのはアニメと犯罪は関係あるとの発言について

そもそも、アニメ、漫画などの規制しようとしているメディアによって犯罪を犯した人が、全犯罪者の内どれくらいいるのか。これが、例えば30%とかなら効果は多いにあるでしょう。しかし、具体的な数値も示さずに規制、規制、と言って規制した先で、犯罪が減らなかった時はどうするのか? 公表してほしいですよね、規制しようとしているメディアが原因で犯罪を犯した人が、全犯罪者の中で何%いるのか。

結論
具体的な数値が出せず、犯罪との因果が証明されていないメディアの規制を行うのは、今や産業として無視できなくなってきているアニメ、漫画業界の首を絞め、少なからず経済的な影響を与えるだけ。

法律や条例は、過去のたった一つの事例で作られてしまいますが、よく考えてもらいたいです。芥川賞受賞作には性干渉の描写や、暴力的描写もごまんとあります。ワンピースだって人は死ぬし、サザエさんを見てわかめちゃんを好きになり、ロリコンなった人がいないとだれが確認したのか。

少々煽りっぽくなりましたが、必要以上のメディア規制はおかしい。これだけは確かです。なので、今回はあえて煽るようなタイトルにしました。

それではこの辺で(≧(エ)≦。) 

9月4日追記

⚠︎ハッカドールニュースから、Twitterの引用

すごいですね、アニメが始まってからの方が児童虐待率低いですよw
これで番組の企画者がいかに低脳かがわかりましたね。

参考記事↓