どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
今日はまた暑くなりましたねー、夜寝苦しくなりそうです(。-(ェ)-。 )

さて、今日紹介するのは荻野純さんの「γーガンマー」です!
荻野純さんは2009年にSQコミックグランプリ4月期において「伝説の存在になった少女」で審査員特別賞を受賞、さらに同賞の8月期で「夢見る少女と夢少女」で佳作を受賞、以後数作品読み切りを載せたのち、今作「γーガンマー」で連載デビューを果たし、VOMIC化もされました。

荻野純さんの作品は読み切りの頃からずっと追いかけていて、個人的には藤崎竜さんが原作を担当された「可能性世界を駆ける少女」がとても好きです。
もう一度読みたいですけど、単行本に収録されるかどうか…もし、どこかに収録されているなら教えてください(苦笑)

ざっくりとしたあらすじ。
過去に起きた宇宙人同士の戦争、それによりエイリアンの兵器による未知のエネルギーが地球に降り注ぎ、その影響を受けた人は常人にはない特殊な能力を得ました。
しかし、その能力を使い悪事に働く怪人や、エネルギーの影響から怪獣が出現するようになり、世界は荒廃していきました。
そんな中、悪事に働かず、弱い人々を守るヒーローが誕生し、悪と正義は拮抗していくことになります。
元ヒーローの北鹿酉里(ゆり)と、その姉の海鵬(みゆき)は地球防衛軍相談課に所属し、日々ヒーロー達の悩みに耳を傾けている…とこんな感じです。

一応主人公というか、ダブルヒロインの酉里と海鵬は地球防衛軍の相談課という部署に所属していますが、話が進むにつれて相談課の要素は希薄化します(泣)
基本的にはヒーローとしての力を持たない姉妹と、ヒーロー達の交流を描くというのが一つの流れとなっています。

それでは、主要な登場人物の紹介。

まずは北鹿酉里、かつては地球最強のヒーローでしたが、今はヒーローとしての能力を失い、元ヒーローであることを生かしてヒーロー達の相談にのっています。
15歳ですが、身長が142cmとかなり小柄です。ちなみに僕が一番好きなキャラです。

続いて姉の海鵬、妹の酉里と違いごくごく普通のの人ですが、妹を守るために地球防衛軍に所属するなど、妹思い、もとい重度のシスコンです。
ちなみにHカップだそうですw

最後に下岡光、海鵬と同学年でライトブライトという光を操る能力を持つヒーローとして、日々街の平和を守っています。


そして、ヒーローとなった姿がこちら↓
な、なんかエロいですね(苦笑)でも、戦う姿は凛々しいです。

基本的には、上記三人のキャラが中心となり物語は進行します。

この作品はすごく細かいところまで作りこまれた作品です。
ヒーローのスーツや、武器、怪獣が出現する理由、ヒーローと一般人の関わり、名前やヒーローの能力に至るまで、全てが作品を面白くする要素てして互いを補完しあっています。

例えば、他のヒーローものだと、案外見過ごされてしまう一般人とヒーローの関係性。これの描き方が、特に秀逸で、日常のさりげない描写、戦いの最中に愛する人を思う瞬間、ヒーローとして大切な人を思うが故の葛藤。気づかなければ読み過ごしてしまう、些細な描写がただ戦うだけではないヒーローものとして、作品を面白くしています。

また、キャラごとに荻野さんはテーマ曲をつけていたりするので、作品を読んだ後でそれを聴くとさらにキャラへの愛情がわきます。僕的には海鵬のテーマ曲のtacicaさんのウソツキズナミダはとてもキャラとマッチしていて、その曲を聴くことによって彼女が何を考えているのかが、手に取るようにわかったような気がしました。

この作品は現在地四巻まで刊行されており、物語は二巻から加速します。とりあえず二巻まで読んでみて、気に入ったら続きを買う、という風にするといいかもしれません。

それではこの辺りで(≧(エ)≦。)