どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
今、金爆の「ローラの傷だらけ」って曲聴いているんですけど、笑いが止まりませんw なんだダブルオートロックローラってw 個人的に一番面白かったのはプリクラ晒すナツミという歌詞ですw まあ、確かにいるんですけどね、プリクラ晒す女の子(苦笑)

さて、今回紹介するのは古橋秀之さんの「冬の巨人」です!
古橋秀之さんは有名な金原瑞人のゼミ出身で、1995年に「ブラックロッド」で第2回電撃ゲーム小説大賞・大賞を受賞しデビュー、遅筆ながら数多くの名作を発表し続け、「ある日爆弾が落ちてきて」は最近世にも奇妙な物語で映像化されたりもしました。
また、創作集団GoRAの一員でもあります。

古橋秀之さんの作品は古本屋でもなかなか見つけられなくて、今までに読んだことがあるのは今作とある日爆弾が落ちてきてだけです。ブラックロッドってどこに売ってるんだろ…もう、Amazonしか無いのかな?

ちなみに、富士見L文庫はメディアワークス文庫や新潮文庫nexと同じく、ライトノベルと一般文芸の「中間小説」で、ターゲットは上記二つより女性向けです。雑感としては、中世欧州ものと、なんちゃって探偵系が多い気がします。

では、ざっくりとしたあらすじを。
千年にわたり、永遠の雪原を歩き続ける異形の巨人ミール、人々はミールの背中に都市を作り、巨人から放出される熱をエネルギーに生活していた。
主人公のオーリャはミールの研究をするディエーニンの助手として働いていた。
ある日、気球でミールを空から観測することになったオーリャは、空の上で一人の少女に出会う…と、こんな感じです。

ジャンルは終末世界ものとスチームパンク、それとボーイミーツガールを足した感じです。

最近流行りの巨人は出てきますが、駆逐したり立体起動装置は出てきません。作中の巨人は背中で人々が生活できるほど大きいです。

この作品では、雪に閉ざされた世界が描かれます。川端康成やその他の文豪が歴史上数多く描いてきた雪ですが、雪を描くということは、始まりか別れが描かれることが多く、この物語は前者が描かれます。

また、この世界では巨人のミールが世界の基準で、例えば暦は七昼夜に一歩進む巨人の歩みを基準として一年間は五十二歩となっており、また巨人から発生する熱を利用して人々は作物を育て、動力として使用しています。
スチームパンクはサイバーパンクより馴染みがないので、どういうものかイマイチわからないのですが、結構スチームパンクとしての基本が詰まっているのではないかと思います。

メインとなる登場人物は、主人公のオーリャと、ミールを研究するディエーニン博士、上位階級に属するジーニャ、そして、空で出会った少女レーナの四人です。

主人公のオーリャと、他の三人の関係がすごく良くて、上司としてのディエーニン、身分差のあるジーニャ、別世界の住人レーナ。この関係がわずかな描写に凝縮されています。

物語は短いながらも構成がしっかりとしていて、終わり行く世界とその希望が丁寧に描かれています。

200p程度の短い物語ですが、世界観や主人公の真っ直ぐさは素晴らしいです。また、富士見L文庫は女性向けですが、この作品は両性とも読みやすいと思います。

富士見L文庫ってまだ読んだことないな〜と思う方は是非ご一読を。

それではこの辺で(≧(エ)≦。) 
明日は学校だε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘