どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
文化祭が明後日から始まるので、連日準備に追われつつ、勉強をして、間隙を縫うように本や漫画を読んでブログ書いてます! 正直疲労がピークです(苦笑)

さて、そんな中今回紹介するのは蒼星きままさんの「きのこいぬ」です!
蒼星きままさんは第七回龍神賞、銅龍賞を今作で受賞せデビュー、その後COMICリュウで連載となり、現在に至ります。

この漫画は新宿でわりと衝動買いしたもので、帰ってから読むのを待てずに急いでマックに入ってブラックコーヒーを片手に笑いつつ、少し瞳を潤ませつつ読んだ印象深い漫画です。

ちなみに余談ですが、昔このきのこいぬのストラップのガチャガチャを見つけて迷わず購入し、嬉しさのあまり家の中で振り回していたら指からすぽーんと離れて飛んで行き、母親の額にぶち当てたというエピソードがありますw
ストラップについていたきのこいぬはかなり硬質な素材でできていて、僕が笑い転げていたら本気で殴られましたw

では、ざっくりとしたあらすじを。
絵本作家の夕闇ほたるは、愛犬はなこを亡くし仕事にも身が入らない毎日を送っていました。
そして、はなこの四十九日の日、庭を何と無く眺めていると、なんときのこがいぬに? と、こんな感じです。

きのこがいぬ…いったい何をどうすれば、この発想に行き着くのかです不思議ですねw

それでは、主要な登場人物の紹介

まずは夕闇ほたる。絵本作家をしている青年です。
THE草食系男子ですね。

続いてきのこいぬ! お気に入りの場面でご紹介!
か、かわいい!(((o(*゚▽゚*)o)))
これだけ見れば、しばらく生きていけそうな気がしますw
ちなみにこのきのこいぬですが、人語は理解しますが話すことはありません。しかし、感情表現が非常に豊かなので、何を考えているのか、何をしたいのかはよくわかります。ウォレスとグルミットみたいな感じをイメージしていただけると分かり易いと思います。

次にほたるの担当編集のこまこ。ほたるの幼馴染で、言いたいことははっきりというタイプです
なんだかんだ言いつつほたるの良いパートナーです。

最後に矢良。こまこの上司である編集長の息子で、ほたるの近所にあるきのこ研究所の職員です
強烈なキャラですねw
ちなみに、ほたるに会っていきなり告白します。って、おい!ホモかよ!

物語ははなこのことが忘れられないほたるのことを、きのこいぬが励ますところから始まり、その後はハートフルコメディ的なストーリーラインで進んでいきます。
所々笑える要素がありながら、少し切なくなる。そんな漫画です!

現在五巻まで敢行されていますが、一巻目だけでも綺麗に纏まっているので、一巻だけでも読んでみてください! また、試し読みも公開されているので、気になってはいるけど買うのは…と思っているかたはこちらをどうぞ!


それではこの辺で(≧(エ)≦。) 
明日は晴れるかな…