どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
今日はバイトがあるので午前中のブログ更新です! もう午前中じゃなくなるのは気にしないでください(苦笑)

さて、今回紹介するのは山形石雄さんの「六花の勇者」です!
山形石雄さんは第4回スーパーダッシュ小説新人賞で大賞を「戦う司書と恋する爆弾」で受賞しデビュー。この作品はアニメにもなりました。デビューニ作品目となる今作もアニメ化しており、今までに書いた作品は全てアニメ化していることになります。

ざっくりとしたあらすじ。
封印された魔王が復活しようとしている世界。そこでは六花の紋章を持つ六人の勇者が集まり、魔王の復活を阻止していた。
三度目の魔王復活を前に集まった六花の紋章を持つ勇者たち。しかし、集まった勇者はなんと七人で、七人の勇者は森に閉じ込められてしまう。
誰が本物の勇者か…疑心暗鬼の物語が始める…とこんな感じです!

ジャンルはファンタジーにミステリを掛け合わせた珍しい作品です。

山形石雄さんの作品は六花の勇者が初めてで、あまり文章力がないかなー、という印象を受けましたが、それを補ってあまるストーリーの面白さがありました!

まず、主人公のアドレットですが、このキャラが素晴らしいです! 勇者になるために必死で努力してきたアドレットの愚直とも言える性格と鮮やかな戦い方には惚れ惚れします!

ファンタジーとしても優秀な作品ですが、ミステリとしてもかなりのレベルがあります! ミステリの醍醐味の一つである読者vs作者の勝負もできる本格の要素もありますし、読んでいてとにかく先が気になります!

アニメではおそらく一巻のみか、オリジナルを加えたものになると思うので気になった方は一巻だけでも読んでみてください! ファンタジー好きにも、ミステリ好きにもオススメです!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)