どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
12月に入り、急激に寒くなりましたね…風邪だけはひきたくないですね…手洗いうがいはしっかりします!

さて、今回紹介するのは北山結莉さんの「精霊幻想記2 精霊の祝福」です!
前巻の記事↓

ストーリー A
今回も面白かったです! どうして、こんなに自分にぴったり合うですかね…すごく不思議です…
物語はベルトラム王国から逃げるように旅を始めたリオが、両親の故郷であるヤグモ地方を目指して旅をするお話。今回は精霊について、新たなことが判明したりと、一巻の記憶の覚醒同様キラリと光る設定があり、読んでいて楽しかったです!

前巻と比べて A
あの一巻からどう物語を進めていくのかと、思いましたが、綺麗かつ丁寧にストーリーが進んでいて、とても好印象でした! 新たなヒロイン、ラティーファもいい味出してました!

今後の期待度 A
二巻と三巻の予告を見る限り、旅もののファンタジーとして進んでいくようなので、今後リオにどんな出会いが訪れるのかとても楽しみです! 春に出る三巻が待ちきれない…!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)