どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
今日こそは近況で何か明るいことを! と思いましたが、明るい話題がないです( ꒪Д꒪) まあ、人生なんてそんなものです…

さて、今回紹介するのは地本草子さんの「夜明けのヴィラン」です!

ストーリー A
面白かったです!
特殊な能力を備えたヒーローとヴィランが存在する世界。リアクタ・シティという都市に住むシンザキ・ユウマはヴィランの息子として生まれたため、迫害を恐れひっそりと生きていたが、ある事件をきっかけに同級生のヒーローキョウノ・アカリに目をつけられ、都市を揺るがす大事件に巻き込まれていく…
正義のヒーローと悪とされるヴィラン。この二つの存在が実は…という設定がよかったです! また、ヒーローも完全な善ではなく、またヴィランも完全な悪ではない。正義とは一体なんなのか。葛藤の中でユウマが自分の信じた道を突き進む姿はかっこよかったです!
ストーリーは終始シリアスで進んでいきますが、途中に出てくるモブヒーロー達がいい感じに笑いを誘ってきて緩急がついていました。カメハメハはインパクトがすごかったですねw

キャラ A
主人公のユウマもさることながら、ヒロインのアカリがよかったです! 女性のヒーローのかっこよさをぎゅっと濃縮したようなキャラで惚れ惚れしました! 敵キャラも信念や行動理念がしっかりしていて、ただ倒されるべき存在でないところがよかったですね。

今後の期待度 A
話の終わり方的にはまだまだ続きそうなので、続刊に期待したいです! ユウマが今後どのように活動していくのか、そしてアカリとの関係がどうなるのか、楽しみです!

どんな人にオススメか?
ヒーローものが好きな方はぜひ! ヒーローといっても、日本製のそれではなく、どちからというとハリウッド系のヒーローものを彷彿とさせる内容でしたので、そちらに興味がある方にオススメです!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)