どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
金曜日はわりと暇でようやく1日で一冊のライトノベルが読めました(>_<)

さて、今回紹介するのは今慈ムジナさんの「ふあゆ」です!

ストーリー A
第10回小学館ライトノベル大賞優秀賞受賞作。
内容は心因性相貌誤認症という精神的な病の所為で、人の顔が正しく認識できない主人公龍胆ツクシがひょんなことから連続猟奇殺人事件に巻き込まれていく…というものです。
ジャンルは…ホラー? サスペンス? 一言で言うと奇書というべきでしょうか?
まず一言面白かったです! そうですよ! ガガガの新人賞受賞作に求めているのはこれですよ! おかしで不気味でそれでいて少し切ないような…期待していたとおりの作品でした! ストーリーの都合上あまり詳しくは書けませんが、作中で「認識」を完璧に操っています! 軽快かつ魅力的な文章は少し癖があるものの、恐ろしいほどに頭に吸い込まれていきます。間違いなく、今年の新人賞受賞作の中でトップクラスの面白さです! 大満足でした!

キャラ A
主人公の龍胆ツクシ…彼のようなタイプの主人公大好きなんですよね! 少し壊れたというか、おかしいというか…人間の欠点が誇大化してそれが歪になったような…そんな感じの主人公です。そしてメインヒロイン?のたっくんがまた男前すぎて…やられました。完璧に。キャラに喰われるようなこの感覚。久しぶりに味わいました!

今後の期待度 A
これでキリがいいような気もしますけど…続きも読みたい気が…あるならぜひ続きを!

どんな人にオススメか?
ガガガ文庫らしいおどろおどろしいお話が読みたい方はぜひ! 認識という人それぞれ同じようで違うようなものを上手く調理して作品に溶け込ませています! 気になった方はぜひ!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)