どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
今日は月が大きく見える日みたいですけど残念ながら雨…明日も大きい月みたいなので晴れるといいですね…

さて、今回紹介するのはぷにちゃんさんの「緑王の盾と真冬の国」です!

ストーリー A
内容は、盾に転生した私が目覚めたのは雪が止まない国の宝物庫の中。王子や王女が6歳になると宝物庫の中から宝物を一つ選ぶという慣習が行われる中、盾であり見た目もよくない私は見向きもされなかった。そんな中、心優しい第六王子のアークは盾である私を選び…とこんな感じです!
ジャンルはファンタジー。いわゆる人外転生ですね。ぷにちゃんさんの「悪役令嬢は隣国の王太子に溺愛される」が面白かったのでこちらも購入しました!
まず言わせてください…素晴らしい! いいですね…盾である主人公のハーミアと優しい男の子のお話…最高に好きな物語でした!
普段はあまり触れませんがこの作品はとにかくイラストが素敵です! 緋原ヨウさんのイラストが作品の雰囲気に完璧にマッチしていました!
物語の方はというと、主人公の私こと盾のハーミアの軽快な一人称で進んでいきます。ハーミアは自分を選んでくれたアークが大好きでアークにいじわるをする人に容赦しません。でも、アークのことを1番に考えていて体調を心配したり、アークを守るために魔力ポイントなるものを使って盾である自身を強化したり…盾ゆえに自由に動くことはできませんが、アークを守ろう、成長を見守ろうとする想いが伝わってきて温かい気持ちになれました! そしてそれ以上にアークがハーミアのことが好きすぎて…ハーミアの謎を解明するために一生懸命古代文字を勉強して…健気すぎます…そしてすごく優しい…盾であるハーミアをぞんざいに扱うことは決してしません…そんな2人がお互いに成長しながら歩む道はまるで童話のようでした。困難を乗り越えて、アークはリングという素晴らしい友人と出会い、雪が止むことのない国に春を願う…ハーミアとアーク、そしてリングの物語はまだまだ始まったばかりですが、優しく心温まる物語でとても幸せな気分になれました! すごく楽しませてもらいました!

キャラ A
まずなんと言ってもアークがすごくいい子でした! こんなに心の優しい男の子が物語の中とはいえいるなんて…ハーミアを大切に思う気持ちが読み手にもすごく伝わってきました! 主人公のハーミアもアークのいいパートナーでしたね…盾という制限がありながらもアークのためにできることをする。献身的です。そしてリングというアークの親友でありライバルでもある男の子がまたすごくいい子でした! 王族であるアークにも堂々と接して、孤児院では頼れるお兄さん。アークと並んで愛おしい男の子でした!

今後の期待度 A
これは絶対に続きが読みたいです! このあとアークとリングの2人と盾であるハーミアがどんな物語を紡いでいくのか…楽しみで仕方ないです! 続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
児童書や童話のようなファンタジーが読みたい方は! メインとなる登場人物がみんないい子で優しい気持ちになれます! これは本当にオススメなので気になった方はぜひ!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)