どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
なんだか最近睡眠時間が少なくても大丈夫になりました…コーヒー飲みすぎですかね?

さて、今回紹介するのは江本マシメサさんの「悪辣執事のなげやり人生2」です!
⚠︎若干のネタバレを含みますm(_ _)m
前巻の記事↓

ストーリー A
ガーディガン家で女性ながら執事として働くアルベルタ。1年という期限つきで働いていたが、ヴィクターとの結婚話が持ち上がる。様々な事情から結婚をためらうアルベルタだが、ある決心をする。しかし、身分を偽っていたためある事件が起こり…
シリーズ第2弾!本のあらすじに最終章とあるように完結編となっています。
いやー、良かったです!あれだけサバサバしてなげやりな態度だったアルベルタのあんな表情が見れるなんて…!幸せでした…ストーリーの方は綺麗に決着がつきましたね。序盤はアルベルタが悩みながらも決断し、このままなめらかに終わりに向かっていくかと思いきやそうはいかなかったですね…二人を切り裂く一つの問題。それを単身で乗り込んで解決したヴィクターはものすごくかっこ良かったです!アルベルタが来たばかりの頃のあのヴィクターはどこにいったんですかね…イザドラとコーデリアの確執もなくなり2人でアルベルタを応援する姿は感慨深いものがありました…この物語にふさわしい素晴らしいラストだったと思います!面白かったです!

キャラ A
アルベルタがとても美しかったです!男装ばかりしていた一巻ではかっこいいイメージが強かったですけど、今回は1人の女性として振る舞いの一つ一つが美しくて惚れ惚れしました!ドレス姿のアルベルタもグッドです!そんなアルベルタを想うヴィクターは頼り甲斐のある男になってましたね…アルベルタのためにどんな辛い思いをしても頑張る。固い決意とアルベルタへの想いがひしひしと伝わってきました!イザドラは一巻で見せた態度が嘘だったかのようにアルベルタにべったりでしたね…アルベルタを姉のように慕う姿が可愛かったです!個人的なお気に入りはランベール!あまり出番はなかったですけどインパクトは強烈でした!好きですよこういう人(苦笑)コーデリアとの絡みも見てみたかったですね〜どんな反応をするか想像しただけで楽しいですw

今後の期待度 評価不能…
この2巻で終わりのようなので…最後まで楽しませてもらいました。素敵な物語をありがとうございます。

それではこの辺で(≧(エ)≦。) 

ISBN 978-4-434-22926-8