どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
最近また寒くなったような気がします…

さて、今回紹介するのは石山雄規さんの「パンツあたためますか?2」です!
前巻の記事↓

ストーリー A
内容は、真央と離れて相変わらず怠惰な生活をしている久瀬。オカ研の活動もバイトもなんやかんやこなしていた。そんなある日、隣人だという西ノ宮が現れる。彼女は何か企んでいるようだが…?さらに新たなストーカーも登場?サークルの同級生といい雰囲気になる中、久瀬に決断のクリスマスが迫る…とこんな感じです!
シリーズ第2弾!1巻は重版もしたみたいですね!数少ない(というか石山さん以外知らない)同い年の作家さんなのでなんか嬉しいです!今回も痛いというかなんというか痛烈に刺さる青春が繰り広げられていましたね!面白かったです!
真央と離れても相変わらずな久瀬。手紙のやり取りだけは続けて、やっぱり真央が好きで…懲りないなんて思いますけど、やっぱり久瀬だなとも思いますね。オカ研の同級生といい雰囲気になったり、隣人を名乗る怪しい女・西ノ宮につきまとわれたり、新たなストーカー?のリンゴにつきまとわれたりと久瀬の青春は賑やかですね。そんな賑やかさの中に感じるチクリとしたら痛みであったり、寂しさであったりがやっぱり素晴らしいです。クリスマスが迫るというなんかよくわからない焦燥感に煽られるように加速していく展開。最後の最後に久瀬が下した決断が胸を打ちました。今回もすごく面白かったです!

キャラ A
久瀬は変わっていないはずなのになんかかっこよくなった気がして変な表情で彼の行動を見てましたw リンゴはマジでヤバみを感じる女と思いましたけど、蓋を開ければ1番しっかりしていて普通の女の子でしたねw 優は絶対付き合ったらメンヘラ化するのでもう色々正解だと思いますw 西ノ宮はヤバいんですけど、なんというかサイレントにヤバくて徐々にその怖さが伝わってくる系でしたね。

今後の期待度 A
うーん…これは続くんですかね?1巻も絶対に続かないと思っていたら2巻きましたし…3巻があるならバレンタインとかネタにできそうですし、色々期待しながら情報を待ちたいです!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

ISBN 978-4-04-106367-5