どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
ちょっと疲れがマックスです…更新遅れてすみません…

さて、今回紹介するのは荻野純さんの「透明人間の骨3」です!
FullSizeRender
前巻の記事↓

ストーリー A
伽奈につきまとっていたストーカーに恨まれ刺されそうになった花。それを伽奈が庇ったことで重傷を負ってしまう。花は父殺しの罪を再認識しまた透明になれるようになる…
前巻の衝撃的なラストからどうなるかと思いきや…なるほどこうなりますか…前半はかなりエモーショナルな感じでしたね。といっても情景的なエモーショナル。荻野純さんの白と黒の魔術的な色のコントラストがとにかく突き刺さります。花の気持ちが世界に表現されて、その中を栞先輩が花を助けに行こうと歩く。もうこれすごいですよね。表現の頂点いってますよ…ラストでちょっとずつ変わっていく花と再び気になる引き…もうネタバレになりますし、ストーリーは絵で語られているのでこれ以上言えることはないんですけど本当にすごかったです。

キャラ A
花ちゃんのどうしようもない孤独はきっと誰にもわからないんですよね…栞先輩はすごく優しいですね。でもこの優しさってただの優しさじゃないんですよね…だって見えない花のことを助けに行けるなんてもう本当にすごいですよ…そして伽奈も自分の心配より花ちゃんの心配できるのは素敵な友達ですよ…

総合 A
今回も面白かったです!4巻で最終巻みたいなのでこのラストからどんな終わり方を迎えるのか…来月発売の4巻楽しみに待ってます!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)