どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)

さて、今回紹介するのは青山有さんの「おっさんと女子高生、異世界を行く」です!
FullSizeRender

ストーリー A
内容は、41歳刑事の伊勢蔵之介はJKの姪・琴乃と暮らしていた。そんなある日蔵之介は自宅に帰る途中、バスごと異世界へ⁉︎男子高校生3人と琴乃の同級生・西園寺清音、そしてバス運転手の三好と蔵之介の6人はベルリーザ王国の勇者として召喚されたことを知る。勇者が持っているギフトという特殊な能力で遺跡を探索してほしいと頼まれるが、男子高校生3人以外の能力はあまり優れてはいないものだった。しかし蔵之介は自身のギフトを有効に使う手を考え出し…さらに不穏な空気を感じた蔵之介と清音と三好は王国を脱出しようとするが…とこんな感じです!
ジャンルはファンタジー。異世界もの+おっさん主人公といった感じですね!
青山有さんの新作!そういえばヒーロー文庫は久しぶりに読みましたね…いい意味で嫌な感じがする主人公の蔵之介が魅力的な作品でした!面白かったです!
序盤は異世界に召喚されるまでを丁寧に描いていましたね!蔵之介の仕事、姪の琴乃のこと、そしてバスごと異世界へ…異世界ものはこの辺がさっくりしていたり逆にくどすぎたりしますが、ちょうどいい塩梅でした!異世界に行ってからも良かったですね!刑事らしく蔵之介が落ち着いて状況を把握して、ギフトの説明がされて、自分のギフトの可能性に気づいて…刑事という特殊な職業をどう生かすのか気になっていましたが、こうした異世界のことを知って伝えるという部分を読み手に違和感なく伝える役割を果たしていたと思います!男子高校生3人との軋轢が生まれたり、蔵之介たちを召喚した神殿の陰謀に気づいて脱出計画を立てて…と物語は進んでいきます。この脱出計画も刑事としての狡猾さというか、人を欺くというかそういった部分が生かされていてとても痛快な脱出劇だったと思います!内容としてはこれから始まる物語の導入という感じでしたが、安定感のある文章と蔵之介のキャラでグイグイ読み進められました!面白かったです!

キャラ A
蔵之介が本当にいいキャラしてましたね!渋いおっさん主人公かと思いきや、頭がキレていい感じに大人の汚いところを持っている!刑事としての冷静や知識や発想、気に食わない奴に一見くだらないとも思える大人なイタズラ…こういう男めっちゃ好きです!そんな蔵之介を現代日本からサポートする琴乃も良かったですね!離れた場所にいても器用に蔵之介を助けて、落ち着いた女の子かと思いきや無垢な少女らしさもあってグッドでした!男子高校生3人や清音、三好、その他異世界の人々もそれぞれ魅力がありました!

今後の期待度 A
物語はまだまだ序盤なので2巻が楽しみです!これから蔵之介たちがどうやって異世界を生き抜くのか…続刊楽しみにしてます!

どんな人にオススメか?
ちょっと悪いおっさん主人公の異世界ものが読みたい方は!まだまだ序盤ですが、これからが本当に楽しみになる作品です!魔法の使い方や知恵を生かした脱出劇も魅力です!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

↓下の画像を保存して書店での予約・取り寄せ・検索にご利用ください!

ISBN 978-4-07-435531-0