どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)

さて、今回紹介するのは青山有さんの「転生!竹中半兵衛 マイナー武将に転生した仲間たちと戦国乱世を生き抜く」です!
FullSizeRender
レッドライジングブックスで刊行された「竹中半兵衛の生存戦略」の感想記事↓

ストーリー A
内容は、冴えない35歳の独身サラリーマンの男が目を覚ますとなんと戦国時代を生きた竹中半兵衛になっていた!黒田官兵衛と共に豊臣秀吉に天下を取らせた天才軍師になった男は生き残るために知恵を巡らせることに!そしてある夜、半兵衛は茶室と呼ばるチャットができるPCがある空間に突然飛ばされる。茶室には半兵衛と同じく武将に転生した7人の男たちがいた。半兵衛は彼らと協力して乱世を生き抜くために意見を交わすが、桶狭間の戦いが迫り…とこんな感じです!
ジャンルは歴史もの。竹中半兵衛に転生した男が主人公となっています。昨年今は亡きレッドライジングブックスで刊行された「竹中半兵衛の生存戦略」が再刊行!この作品めっちゃ面白かったのにレーベル自体潰れるとは思いもしませんでした(^_^;)ところどころ変わっている箇所もありまた新鮮な気持ちで楽しめました!面白かったです!
まず何より茶室というアイデアが最高ですよね!月に一度PCだけがある空間に飛ばされて、茶室というチャットで半兵衛と同じく武将に転生した仲間たちと連絡を取り合いお互いに意見を出し合いながら戦ばかりの時代を生き抜こうとする…これは本当にすごくて、半兵衛のいる美濃だけではなく日本各地の状況がわかる上に石鹸の販売や椎茸の栽培、他にも鉄砲の調達や農機具の進化など様々な意見を出し合うことでそれぞれの国が発展していきます。史実とは同じ道を歩まないためなんらかの説得力が必要になるとは思いますが、これがその役割を果たしていて非常にグッドでした!あと茶室の場面だけデザインが異なるんですけどそのデザインもまた素晴らしかったです!そして17歳の半兵衛に転生した主人公は策を巡らせて国を大きくしようと画策します!現代日本で得ていた知識を使い優秀な家臣を登用したり、国を安定させたり、交易をしたりと内政ものが好きな方にはたまらない派手に見えて堅実な改革は読んでいて楽しかったです!序盤こそは手堅く進んでいきますが、後半は桶狭間の戦いを前に半兵衛の策略が冴え渡ります!史実にあったこと以上の成果を得るのは見ていて楽しかったです!Mノベルス版は1年前に読んだ時よりもさらに面白くなっていたと思います!最高でした!

キャラ A
半兵衛がいい感じに無邪気というか、現代日本人らしくて戦国の世を生き抜くには臆病な気もするんですけど、戦いや策を通じて成長していく姿は頼もしかったです!妻の恒も可愛かったですね!本編ではまだそこまで出番はないのですが、番外編では年相応の可愛らしさを見せてくれました!その他にも半兵衛の家臣たちや、茶室でやり取りするちょっとマイナーな武将などそれぞれが魅力的でした!

今後の期待度 A
今月末には2巻が出るので続刊も楽しみですね!ついに迫るあの戦いの結果はどうなるのか…続きも楽しみです!

どんな人にオススメか?
日本史が好きな方、内政ものが好きな方は!出てくる武将こそマイナーですが、僕みたいに日本史に詳しくない人でも楽しめるので気になった方はぜひご一読を!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

↓下の画像を保存して書店での予約・取り寄せ・検索にご利用ください!
IMG_3055


ISBN 978-4-575-24123-5