どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています。

さて、今回紹介するのは第616特別情報大隊さんの「女王陛下の異世界戦略」です!
FullSizeRender

ストーリー A
内容は、とあるストラテジーゲームで遊んでいた女子大生は突然ゲームの世界に。14歳に若返った彼女はゲームで使用していた悪の陣営「アラクネア」の女王として蟲たちを率いて戦うことになる。ゲームと異なる仕様に困惑しながらも隣国に攻め入り戦争を開始していく…とこんな感じです!
ジャンルはファンタジー。かなりゲーム的+ダークですね。
レジェンドノベルスさんの創刊ラインナップ!実は去年の創刊したての頃にレジェンドノベルスさんの公式アカウントさんからオススメしていただいたんですけど(別に何気ないやりとりで依頼とかではないです。念のため)読むのが随分遅くなってしまい2巻発売直前となってしまいました(^_^;)まさにレジェンドノベルスさんが掲げる「ネクストファンタジー」の要素を多分に含んだファンタジーでした!面白かったです!
突然ゲームの世界に転生した女子大生。彼女はアラクネアの女王として蟲を率いて現実世界に戻るために戦います。最初は割と地味というか、迫害されるエルフの村と交渉して食料を確保したり、そんなエルフたちと因縁がある奴隷商人たちを狩ったりと着実に力をつけていくパートが印象的でしたね。この序盤から中盤にかけてはテンポがいいながらも、冷徹にプログラムに裏打ちされたシステムのような淡々とした感じが冷酷な感じがしてとても良かったです!そして隣国のマルーク王国がエルフの村に攻めてきたことで始まる大侵略。蟲を増やし、奪い、殺し、増やして、殺す。凄惨な虐殺が始まります。あくまでアラクネアの女王を中心にあまりに物事が着実に進む様はまさにダークファンタジー!ストラテジーゲーム的なユニットを増やし、装備を増やし、そして攻撃という部分も存分に楽しめましたね!確実に勝利へ向かうアラクネアの女王の冷徹さに惚れ惚れしました!戦記ものというよりは一方的な虐殺ですが、まさにネクストファンタジー!という作品でした!面白かったです!

キャラ A
この作品は個々のキャラというより、ストーリーな気がしますがアラクネアの女王やユニークユニットのセリニアンをはじめ物語に欠かせない魅力的なキャラが敵味方問わず多かったです!

今後の期待度 A
今月には2巻が発売とのことでそちらも楽しみですね!ほかの国々も動き出してますし、これからアラクネアの女王たちがどんな戦いをしていくのか楽しみです!

どんな人にオススメか?
ダークファンタジーが読みたい方は!かなりゲーム的でストラテジーゲームが好きな方は楽しめると思います!冷たいというか、キャラを存分に楽しむタイプの作品ではないのでもしかしたらその辺気になるかもですが…面白いのでぜひ!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

↓下の画像を保存して書店での予約・取り寄せ・検索にご利用ください!
IMG_3503

ISBN 978-4-06-513259-3