どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています。

さて、今回紹介するのははくりさんの「幸色のワンルーム6」です!
FullSizeRender
前巻の記事↓

ストーリー A
内容は、松葉瀬と八代を襲うことに決めた幸とお兄さん。しかし襲撃は失敗し、幸はお兄さんに対する不信感を得る。松葉瀬たちは幸たちを見届けにしたといい、幸の監視の下で隣人生活を始めることになる。その中で松葉瀬からの問いかけで幸はなぜ自分がお兄さんと一緒にいるのかを考え始めるが…
シリーズ第6弾!ドラマの方は色々ありましたけど、Blu-rayはきちんと発売されましたね。漫画の方も部数伸ばしてますしとりあえずは一安心かな?と言った感じです。今回も面白かったです!
ついにお兄さんと2人の逃げ続ける生活に変化が訪れた幸。松葉瀬と八代の襲撃に失敗したことから始まる隣人生活!幸は未だに1巻あたりのお兄さんとの生活の印象が強いので、こんなに目をギラギラ光らせて獣のように2人を監視する姿はある意味新鮮でしたね。そして風邪で倒れたお兄さんを助けたことで気づく「お兄さんと一緒にいる意味」まさか幸の口からメリットとかそんな言葉が出てくるとは…個人的にはこのあたりの変化が1番驚きでした…松葉瀬からの問いに悩みなんとか答えていた幸に突きつけられる選択肢…変化していく2人の関係をハラハラしながら見させていただきました。面白かったです!

キャラ A
幸はやっぱり変わったなと思いましたね。メリットとか出てくるのもそうですし、選択肢を突きつけられた時の表情とか…髪を切ったことで本当に別人になってしまったようでした…お兄さんもあそこで瓶を振り下ろせないんですね…多分今までだったら、それこそ一巻の段階だったら…どうだったんですかね…

総合 A
今回も面白かったです!なにやら松葉瀬メインのスピンオフも始まるようでそちらも楽しみですね!7巻も楽しみに待っています!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)