どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています。

さて、今回紹介するのはLINKさん原作、宵野コタローさん漫画の「終末のハーレム8」です!
FullSizeRender
前巻の記事↓

ストーリー A
絵理沙に会うため日本UW脱出を企てる怜人。そこで彼が出会ったのは学園から脱出し大人の姿に成長した土井だった。だが土井はカレンと共に何かを企んでおり…そしてイザナミの村で捕らわれ半奴隷生活を送る善は恋子とその母ころんと再会する…
シリーズ第8弾!VR化とかファンタジア2巻発売とか相変わらず順調そうですね!今回も面白かったです!
ここにきてガツンと動き始めた物語!生きているとされる男3人がUWの日本に集まりそれぞれの思惑で動きだす!火野はまさかそういう選択をするとは…でもまあ最初からガンガンメイティングしてたらそうなりますかね…カレンと土井はまたいやらしいこと始めましたね…てかカレンの野望が思っていたより大きかったです。そして怜人は絵理沙に会うためにUWを脱出!ようやくがっつり物語が動き始めた感ありましたね!そして後半はもはや奴隷状態の善のターン。いやー、親子丼は素晴らしい…以上!解散!今回もストーリーとエロがいい塩梅で楽しませていただきました!面白かったです!

キャラ A
恋子ところんの親子丼は最高ですね!親子丼は良い文化です…奈都、春歌、晶の3人は相変わらずのエロさで非常に良きでした!カレンは思ってた以上に色々考えていて学園にいた頃の小悪魔テイストはすっかり凶暴化してましたね。まあ可愛いんですけど。個人的にはもう少し絵理沙の描写よ欲しかったところですね…

総合 A
今回も面白かったので次巻も楽しみにしています!善の方とどのように物語が結びついて収束していくのか…続刊待ってます!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)