どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています。

さて、今回紹介するのは古宮九時さんの「Unnamed Memory II 玉座に無き女王」です!
FullSizeRender
前巻の記事↓

ストーリー A
内容は、青き月の魔女と呼ばれる絶大な力を持つ魔女のティナーシャ。彼女と契約を結ぶことになったオスカーは彼女を嫁にするべく奮闘しながら日々王子としての任務に追われていた。そんなある日、400年の時を超えてティナーシャのかつての婚約者ラナクが姿を現わす。彼はある計画のためにティナーシャを利用しようとしていた。オスカーはティナーシャを取り戻すため、そして大陸を巻き込む魔法を止めるためにアカーシアを手に取る…とこんな感じです!
シリーズ第2弾!絶対2巻は発売されて欲しいと思っていたので3巻まで決まってめっちゃ嬉しいです!
まず言わせてください…この2人の夫婦喧嘩最高かよ!いや夫婦じゃないんですけど、お前らもう結婚しちゃえよ。てかしてるだろ!という夫婦っぷり。怒ったり笑ったり共に戦ったり最高のファンタジーでした!めっちゃ面白かったです!
1年の契約関係を結びオスカーのむちゃをティナーシャが止めたり、反対にティナーシャのむちゃをオスカーが止めたりするアグレシッブ夫婦関係(結婚前)な2人。本当に好き過ぎて大好き!って感じでもう最高ですね。そんないちゃいちゃな2人の前に現れたのがティナーシャのかつての婚約者ラナク。しかもティナーシャは彼が現れるなりあっさりとラナクが作ったという魔法士のための国へ行ってしまいます。取り残されたオスカーは一体どうするのか…というのが2巻の一つメインエピソード。国とか大陸規模の話なのにマジでティナーシャしか眼中にない脳筋オスカーが好きすぎますね…ティナーシャの過去も全部まとめてアカーシアで斬りはらう男好きです!そして中盤以降はいくつかの事件を解決することに。歌で人を殺す女の話、オスカーの誕生日前に現れたクラーケン、そして1人の女性と神を巡る物語…どれもティナーシャとオスカーが争い背中を預けてバスター&バスターで解決していちゃつく様は最高としか言えないですね!このコンビマジで最強ですか?最?後まで最高のパートナーの戦いを存分に楽しませていただきました!面白かったです!

キャラ A
ティナーシャはなんか前巻に比べてかわいくなりましたね。オスカーへの当たりは強くなりましたけど(^_^;)他国の王子に色々したり、1人で戦いに行ったり、不貞?なオスカーをぶちのめしたり、猫になってオスカーといちゃいちゃしたり…芯が通って強いところが彼女らしい魅力でした!オスカーはマジでカッコよくて強かったですね!ティナーシャを取り戻すために世界規模の戦いに挑んだり、強引に行ったかと思いきやティナーシャのことを叱りつけたり…でも浮気?はいけないと思います!今回も頼り甲斐のある男でした!

今後の期待度 A
秋に3巻が出るということで今からすごく楽しみですね!残り少なくなってきた契約期間で2人はどんな事件を解決して、どんな関係に落ち着くのか…期待して続刊待ってます!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

↓下の画像を保存して書店での予約・取り寄せ・検索にご利用ください!
IMG_4222

ISBN 978-4-04-912380-7