どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています。

さて、今回紹介するのはむらさきゆきやさん著、イラスト・企画溝口ケージさんの「14歳とイラストレーター7」です!
FullSizeRender
前巻の記事↓

ストーリー A
内容は、姉の彩華の弟子である水織が突然悠斗にVtuberにならないかと持ちかけてくる。戸惑う悠斗だか水織の実力もあり配信は人気に⁉︎そしてナスさんが再び大ピンチ?さらにVtuberをとりまく問題に悠斗は巻き込まれることになり…とこんな感じです!
シリーズ第7弾!結構久しぶりだなと思ったら6巻出たの去年でしたね。まあむらさきゆきやさんは異世界魔王のアニメあったり、溝口ケージさんは青ブタのアニメあったりで忙しかったですよね…とはいえちょっと期間が空いてもめっちゃ面白かったです!
今回は水織が悠斗にVtuberをやらないかと持ちかけるところから始まります。Vtuberを「Vチューバー」って書くのはなんかこだわりあるんですかね?溝口ケージさんはあとがきで「Vtuber」表記でしたけど…このあたり読んでもわからなかったので割と気になります…中盤まではこれまで出てきたキャラが勢ぞろいで賑やかで楽しかったですね!個人的にはマリィが好きなので白砂とのやりとりは見ていて楽しかったです!てか錦さんは大丈夫なんでしょうか(^_^;)そしてナスさん…もうそういう星の下に生まれたとしか思えないですね…悠斗は早くなんとかしてやれよ…と今回はどんな感じで進んでいくのかと思いきや、終盤はがっつりVtuber問題でしたね…いや割と普通にありそうというか似たようなことはあったのでそれをイラストレーターさん企画のお話でやるのはいい感じにリアリティあってよかったですね!たしかにプロデュース側がいつも悪いとは言えないですからね…イラストレーターの日常と非日常をかわいい女の子たちと一緒に楽しめました!面白かったです!

キャラ A
水織ちゃんは元気一杯で押しが強いですね…でも彼女の裏にある過去と憧れもまた彼女を輝かせる魅力でした!乃ノ香は正妻感が薄れてきたと思ったらここで見せてきましたね!そしてラストも素晴らしかったです!彩華さんは弟子も大変そうですけど、自分の弟も大変そうでしたね…いや弟大好きお姉ちゃんなので本望かもですが…そしてマリィは安定のマリィで好きです!

今後の期待度 A
今回も面白かったので8巻も楽しみです!コミカライズも順調みたいですし、二桁シリーズになって長く続いて欲しいですね!続刊も楽しみです!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

↓下よ画像を保存して書店での予約・取り寄せ・検索にご利用ください!
IMG_4226

ISBN 978-4-04-065532-1

14歳とイラストレーター7 (MF文庫J)
むらさき ゆきや
2019-05-25