どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています。

さて、今回紹介するのは落合祐輔さんの「素直になれたら廃ゲーマーな妹でもかまってくれますか?」です!
FullSizeRender

ストーリー A
内容は、主人公の一樹は妹の二美と思春期をきっかけになんとなく距離が開いてしまっていた。そんな関係を続けながらネトゲに没頭していた一樹は、ある日オフ会をきっかけに二美が一樹の所属するギルドのライバルギルドのトップであることを知る。ゲーム内と現実を行き交う兄妹ラブコメが始まる!とこんな感じです!
ジャンルは日常コメディ。兄妹の距離感が魅力の作品でしたね。
MF文庫でデビューした落合祐輔さんの甲羅初作品!手堅い日常コメディとして楽しめました!
お互い歳をとるにつれて距離が微妙になった一樹と二美の兄妹。一樹はオタク趣味に傾倒してネトゲに時間を費やす毎日…そんな中、同じギルドのメンバーとオフ会をしているとライバルギルドのメンバーが二美だと発覚し…二美は鉄板なツンデレブラコン妹でしたけど、あとがきにある通り実体験もベースになっているからか不思議とリアリティがありましたね。ネトゲ(モンハンにMMO要素とVR要素を足したような感じ)の描写もしつこくなく、必要最低限に抑えているのはグッドでした!そして始まる兄妹距離感日常コメディ!お兄ちゃんが大好きな二美はなんとか近づこうとするも最後の最後に素直になれなくて、そして一樹は妹が自分に関わって欲しくないと勘違いして…すれ違って、素直になれなくて、ようやく兄妹として向き合う2人のシーンはすごく良かったですね…あの言葉をお互いに言い合えるのはすごいと思います。そして終盤は一悶着あってからの日常に戻ってくるラストも良かったです!めっちゃ盛り上がる!という感じではありませんが、最後まで楽しい日常コメディでした!面白かったです!

キャラ A
二美は鉄板な妹キャラなんですけど、お兄ちゃんに対する考え方とか接し方がリアリティあってよかったです!一樹も妹のことはきちんと考えて行動していていいお兄ちゃんでした!一樹のクラスメイトの穂乃香、二美の友達の裕子も可愛かったです!

今後の期待度 A
一山超えましたが、これからこんな感じの兄妹日常ものが続くならぜひ続刊も読みたいです!

どんな人にオススメか?
日常系兄妹ものが読みたい方は!ネトゲ要素も強いですが、芯は兄妹関係を描いた日常ものなので好きな人は好きだと思います!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

↓下の画像を保存して書店での予約・取り寄せ・検索にご利用ください!
IMG_4299

ISBN 978-4-06-516486-0