どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています。

さて、今回紹介するのは遠藤達哉さんの「SPY×FAMILY」です!
FullSizeRender

ストーリー A
凄腕スパイの黄昏はある任務から名門校に潜入しなければならなくなる。そのために必要なのは「家族」。黄昏はなんとか家族を作るが、娘は心を読む超能力者で妻は暗殺者⁉︎お互いがお互いの正体を隠した状態で名門校の受験をしながら任務をこなすことに…
前々から話題になっていて気になってはいたんですけど、先日Twitterでめっちゃ面白いとの評判を見て購入。何件か書店回ってなくて、この前たまたま専門店で残り一冊でした。危なかったです(^_^;)
まず言わせてください…めっちゃ面白い!こ、これです!これですよ!痛快なホームコメディとはまさにこのことです!互いに家族のフリをして、裏の顔も持ちながら表では幸せな家族を演じて受験に挑む!めっちゃ好きです!大好きです!最高に楽しませていただきました!
凄腕スパイの黄昏はある依頼で名門校に潜入することになりますが、当然学校ということで子どもがいなければならない。孤児院で任務のために必要な子どもを見つけます。そこで出会ったのが心を読める女の子のアーニャ。このアーニャが信じられないほど可愛くて、この乾ききった現代社会で唯一星になれる存在でした…アーニャすこ。そしてアーニャの人の心を読む能力に振り回されながらも任務は順調に進んでいく…かと思いきや、受験の面接の際は両親が揃っていなければならない。ということで妻探し開始!苦戦するかと思いきやあっさり見つかり…と思ったら美人な女性ヨルはなんと殺し屋。しかしお互いの利害が一致して正体を隠したまま家族に…この3人揃ってからの面白さがまた凄まじいんですよね。アーニャが心を読める分、奔放に振舞ってコメディチックに作品を盛り上げていきます!後半の面接も最高でした!アーニャが天使可愛くて痛快ホームコメディな作品でした!面白かったです!

キャラ A
アーニャが天使すぎます…年相応の可愛らしさはもちろん、心を読めるからこそ出てくる行動の数々、そして顔!表情!可愛い!アーニャは定期摂取したいですね…黄昏さんはイケメンかと思いきやただのいい父親でした!ヨルさんは平時と殺し屋モードの時の差が、ギャップが素晴らしかったです!アーニャとのやりとりもグッド!

A
作風にぴったりあっていましたね!個人的に好きなのは結婚指輪のシーン!これがロマンチックです!

総合 A
アーニャが可愛い最高のホームコメディでした!2019年下半期一発目にこの作品を読めたことに感謝です!とにかく2巻!楽しみに待ってます!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)