どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは三河ごーすとさんの「理想の娘なら世界最強でも可愛がってくれますか?2」です!
IMG_2697
前巻の記事↓

ストーリー A
内容は、セリカを失い失意にくれる雪奈たち。そんな中、冬真は特殊部隊のエースとして平和を維持していた。そんなある日、雪奈は学園のトップであるグラン・マリアからSランク騎士のみを集めたヘブンリー・ロウズに誘われる。冬真は条件付きで雪奈の加入を許可するが、それは世界の行方をも左右する陰謀に巻きこまれることを意味していて…とこんな感じです!

〜最強だから娘じゃないですか?〜
シリーズ第2弾!コミカライズも順調で波に乗ってるシリーズですね!先日、3巻が発売されたので遅ればせながら2巻読みました!今回もシリアスな展開が顔を覗かせるいい感じのダークストーリーになっていましたね!面白かったです!
序盤、冬真は特殊部隊《名無し》としてテロリストの粛正に動きます。これがどうなるのかと思ったら、わりと大きな伏線につながっていきますね…そして純粋に冬真の戦闘がかっこいいこと…これが最強の父親ですか…セリカの死を悲しむカチュアのシーンも良かったです!そして始まる雪奈のセリカのいない日常。それでも世界は相変わらず進んでいて…というところに妙な虚しさを感じますね。そして雪奈はグランマリアに最強の騎士団ヘブンリー・ロウズへの加入を求められます。父親と離れ離れになることを寂しがる雪奈はめっちゃかわいいですね…こういう娘が欲しいです…そして冬真は裏方としてヘブンリー・ロウズをサポートすることを条件に雪奈の加入を認めます。裏方での冬真の活躍は見事の一言。一方の雪奈はグラン・マリアの剣として持ち上げられ、学徒動員されることに…ステージ5との戦闘シーンは本当に圧倒的で戦闘というか制圧ですね。惚れ惚れします…そして雪奈はあることを知ってしまい…これは親子関係のピンチですね…最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
雪奈ちゃんかわいい!ファザコンがかわいいと思えるのは本当に雪奈ちゃんだけです!冬真は相変わらず強いですね…でも強いだけじゃ父親は務まらないですね…難しいところです…グラン・マリアさんはあの純真無垢な表情の裏にとんでもないものを隠してますね…冬真が危険だという以上に危険さが伝わってきます…それ以外のキャラも魅力的でした!

最後に
今回も面白かったです!タイトルの意味がなんとなくわかってしまうのまた怖いですね…雪奈ちゃんはかわいいですし、親子で幸せになって欲しいですけどそういうわけにはいかなさそうですね…何やら女の子たちが怪しげなことをしてるのも気になるので早く3巻読みます!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



理想の娘なら世界最強でも可愛がってくれますか?2



著者



三河ごーすと



レーベル



MF文庫J



ISBN



978-4-04-065507-9


表紙の画像は「版元ドットコム」様より