どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)

ということで、先日から開催している第3回ライトノベルテストの結果と解説です。
まだライトノベルテスト受けてない!という方は下記のリンクから受けられますのでどうぞ。プレゼント企画は終わってますけど。




ということで結果どん!


1

今回は290人が受験して平均点が52点、80点を超えたのがわずか11人という…じ、自分的には難易度調整もしたつもりだったんですけど図らずも過去最高難易度になってしまいました…も、申し訳ないです…70点超えてれば上位10%には入ってます…はい…最高点は97点だったんですけど、Twitterで観測範囲では91点が最高でしたね。Twitterでラノベよく読んでるなーって方は大体70点超えでした。

それでは各門の正答率と解説です。初級は特に言うこともないので正答率だけで。

~初級~

1.次のうち2019年にアニメが放送された作品を選べ
正答率は95%でした。

2.第26回電撃小説大賞で大賞を受賞し2020年2月に電撃文庫から発売された作品を選べ
正答率は88%でした。

3.第13回HJ文庫大賞を受賞し『デッド・エンド・リローデッド』でデビューした作家を選べ
正答率は74%でした。

4.角川スニーカー文庫でアニメ化が発表されている作品を選べ
正答率は86%でした。

5.次のGA文庫の作品のうち、シリーズ10巻以上発売されている作品を選べ
正答率は68%でした。

6.次のうちガガガ文庫のキャッチコピーを選べ
正答率は86%でした。

7.カドカワBOOKSは同レーベル名で男性向けと女性向けを発表している。男性向け・女性向けで異なる箇所を選べ
正答率は32%でした。

8.次のうち廃刊・休刊となったレーベルを選べ
正答率は49%でした。

9.女性向けレーベルを2020年4/25に創刊した出版社とレーベル名の組み合わせを選べ
正答率は43%でした。

10.次のうちカクヨムからの書籍化作品を選べ
正答率は70%でした。

~中級~

11.次のうち作品のイラストを担当するイラストレーターがトマリではない作品を選べ
正答率は52%でした。ここ1年の新作を担当した「スパイ教室「友達の妹が俺にだけウザい」がヒットしたこともあり知っている方は多かった印象です。ちなみに「リベリオ・マキナ」のイラストを担当しているのはれい亜さんです。

12.次のコミカライズされている作品のうちコミックスが発売されていない作品を選べ
正答率は56%でした。すみませんこの問題最初間違って作っていました…本来は「
次のうちコミカライズが発表されていない作品を選べ」だったんですけど、作ってから公開するまでラグがあったせいで「隣の席になった美少女が惚れさせようとからかってくるがいつの間にか返り討ちにしていた」のコミカライズが始まっていて…途中王女様からのお言葉(ルビ:ありがてぇごしてき)があり今の問題分に変更になりました…「リアリスト魔王による聖域なき異世界改革」は電撃の新文芸創刊ラインナップでかなり注目されていましたし、「ティアムーン帝国物語」は舞台化もするのでこの辺知ってれば解けたかなと

13.次のうち望公太が作品を発表していないレーベルを選べ
正答率は67%でした。ヒーロー文庫はなろうからの書籍化レーベルで、望公太さんは書き下ろしがメイン(というか小説投稿サイトからの書籍化作品はないはず)なのでそこがわかれば解けたと思います。

14.次のうち発売日が毎月25日(原則)ではないレーベルを選べ
正答率は64%でした。MF文庫Jとオーバーラップ文庫は発売日より前に書店に並んだりするので、そこが紛らわしいポイントだったかなと。

15.シリーズ累計発行部数が100万部を超えている作品を選べ
正答率は32%でした。「くま クマ 熊 ベアー」は単行本作品で、単行本で100万部を超える作品はアニメ化した作品の中でも極一部なこと、オーバーラップ文庫は結構累計発行部数をTwitterで言ったりしているので「金色の文字使い」の累計発行部数を覚えていなくても解けなくはないかなと…でもちょっと中級にしては難しかったですね。

16.ヒーロー文庫の発行元を選べ
正答率は52%でした。ヒーロー文庫は非KADOKAWA系だということを知っていれば解ける問題でした。

17.次のうちカクヨムからの書籍化を行ったことのないレーベルを選べ
正答率は28%でした。これは結構難しかったかもですね…純粋に知識として頭の中にないとキツいですね…中級最高難易度でした。

18.次のうちこのライトノベルがすごい!に単行本部門が創設された何年版からか選べ
正答率は47%でした。これは毎年買っていればわかる問題でこちらも問17に続いて知識を問う問題ですね。ちなみにこのラノは発売年と何年版というのがズレているので注意です(2020年版は2019年に発売されます)

19.次のうち『転生したらスライムだった件』の作者を選べ

正答率は70%でした。夕蜜柑さんは「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」の作者さん、FUMAさんは「私、能力は平均値でって言ったよね!」の作者さんです。転スラはアニメ化もされましたし、結構知ってる方多かったですね。

20.漫画原作小説コンテストを開催した小説投稿サイトを選べ
正答率は53%でした。受賞者はみかみてれんさんで「父さんな、デスゲーム運営で食っているんだ」がコミカライズされ原作はノベルゼロから発売されました。セルバンテスは残念ながらサービス終了。マグネットもレーベルが休刊と厳しい状況にあるのでその辺りがヒントかなと…

~上級~

21.次のうち2020/4/30からロゴが変更されるレーベルを選べ
正答率は53%でした。これはちょと前に話題になったので上級の中では比較的正答率高めでしたね。ファミ通文庫さんはロゴの変更もいいんですけど次世代を担う作品を…ノベルスは好調なんですけどね…
参考:https://famitsubunko.jp/news/editor/entry-12618.html

22.次のうちアズールレーンのノベライズを担当していない作家を選べ
正答率は29%でした。毎度おなじみ?ノベライズ問題。アズレンのノベライズは現在3つ発表されていて、どれか一つでもわかれば選択肢は縮まったかなと…

23.アニメ「LAIDBACKERS-レイドバッカーズ-」のノベライズが発売されたレーベルを選べ
正答率は40%でした。こちらもノベライズ問題。MF文庫Jと富士見ファンタジア文庫は最近ノベライズは発表してないのでその辺りがヒントですかね?

24.次のうち2019年に創刊されたレーベルを選べ
正答率は23%でした。今回最高難易度の問題でした…四択なのに正答率は25%切るという…モーニングスターブックスは2016年創刊、レジェンドノベルスは2018年、Kラノベブックスは2017年創刊です。

25.次のうちMF文庫Jが毎年夏に開催しているイベント名を選べ
正答率は72%でした。これは簡単でしたかね?毎年開催しているイベントなのでラノベ好きなら答えられるかなと

26.アニメ「異世界かるてっと」に参加していない作品を選べ
正答率は93%でした。これはサービス問題でしたね…簡単すぎました…

27.次のうち、2020年3月に新刊を発表していないレーベルを選べ
正答率は37%でした。これも難しかったですね…どのレーベルも刊行点数が少なくて書店で見かける確率も低いでしょうし…

28.次のうちドラマCD付特装版を発売していない作品を選べ
正答率は27%でした。これも難易度高め。でもラノベでドラマCD付は案外少なかったりするので、意識していれば答えられたかも…あとはどれか知ってれば選択肢は減らせたかなと…

29.次のうち独自の新人賞を開催しているレーベルを選べ
正答率は50%でした。これは案外高かったですね。なろう書籍化レーベルでも創刊当初からヒーロー文庫と同様に独自路線色が強いことが分かっていれば正解できたかもです…

30.次のうち『されど罪人は竜と踊る』のアンソロジー『されど罪人は竜と踊る: オルケストラ 』に参加している作家を選べ
正答率は33%でした。これも完全に知識です。参加している作家さんはカルロ・ゼンさん、榊一郎さん、高殿円さん、長月達平さん、望公太さん、ベニー松山さん、三雲岳斗さんです。

以上です!
来年も開催すると思うのでその時はぜひ参加してください!