どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは浅白深也さんの「アンフィニシュトの書 悲劇の物語に幸せの結末を 1」です!
⚠︎致命的なネタバレはないですが、ミステリなので未読の方はご注意ください。
IMG_3431

ストーリー A
内容は、主人公募集という怪しい言葉に惹かれ謎のバイトに募集した平凡な高校生輝馬。彼は雇い主の不思議な女性・霧ヶ峰絵色から仕事の内容を聞く。それはアンフィニシュトの書という読んだ人間を物語の中に誘う本でヒロインをハッピーエンドに導くというものだった。早速本の世界に入る輝馬だが、物語は3日目にしてヒロインが惨殺されるという結末を迎える。輝馬は再び本の世界へと向かうが果たしてヒロインをハッピーエンドに導くことができるのか…とこんな感じです!

〜物語なかのヒロインを救え〜
初挑戦の浅白深也さんの作品!電撃の新文芸から
デビューされた作家さんですね。序盤はファンタジックなまるでフェアリーテイルのような雰囲気がありましたが、ヒロインの女の子が殺されるところからガラリと色を変えループ×ミステリの顔を覗かせてきましたね…結末は賛否あると思いますが個人的には面白かったです!
平凡な高校生輝馬は主人公募集という怪しいバイト募集が気になりそのバイトに応募します。雇い主の元へいくとそこには不思議な(というか傍若無人な)女性・霧ヶ峰絵色が。彼女からアンフィニシュトの書という物語の中に入れる不思議な本の世界に入り、ヒロインをハッピーエンドに導いて欲しいとたのまれ…最初の見開き1ページ、挿絵と文章が一体となっているページがアンフィニシュトの書の1ページ目というのはいい演出でしたね!いたって平凡な輝馬の日常と、主人公募集という謎のバイトの非日常感もグッドでした!絵色さんはぶっ飛んでますね…この人の時任さんは苦労してそうです…そして輝馬は物語の中のヒロインを救うためにアンフィニシュトの書のなかへ。そこでアリアというパン屋の少女と出会い成り行きから彼女のパン屋を手伝うことになります。ここからはファンタジーとお伽話のような優しくて明るくてアリアとの何気ないやりとりが楽しい日常が描かれます。しかしそれはアリアの死という形で終わりを迎えます。ここからはループものとミステリががっつりと顔を覗かせます。アリアを救うために何度も物語の中に向かう輝馬。しかしなん度も失敗してはアリアを始めとして物語の登場人物が殺されときには自分も殺された…精神をすり減らしながら物語の中で出会ったただの登場人物ではないアリアのために奮闘します。そして明らかになるアリアを殺す犯人というか事件の全貌。うん。確かに伏線はありましたね。これは気付けませんでした。でも事件の全貌がわかってもそれで終わりではなくて物語の終わりがあって…この物語の結末は個人的には好きなんですけどね…ファンタジー×ミステリ×ループものがまさに三位一体で組み合わさった作品でした!面白かったです!

キャラ A
輝馬は本当に普通の男の子なんですけど、物語の中で
アリアと出会い彼女に惹かれる中でたとえ現実ではなくても本気で彼女を救おうとする姿がすごく純粋でまっすぐでした。アリアはすごく優しくて笑顔が素敵な女の子。街の人の笑顔のためにパンを焼いてでもその裏では…フィクションの中のフィクションのヒロインという立場の女の子なんですけど、妙に魅力あるキャラでしたね…絵色さんはすごい人。輝馬くんがこれからめっちゃ大変な思いをするのが目に見えますw

最後に
ナンバリングされてるってことは続くんですかね?これからもこのテイストで色んな物語を終わりまで導くお話が展開されるならぜひ読みたいです!続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
ミステリが読みたい方は!結末は割と賛否が分かれるかもですが、ミステリ好きなら楽しめるかと思います!またファンタジーにミステリにループものとなかなか珍しい要素の組み合わせで読んでいて楽しい作品です!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



アンフィニシュトの書 悲劇の物語に幸せの結末を 1



著者



浅白深也



レーベル



電撃文庫



ISBN



978-4-04-913196-3


表紙の画像は「版元ドットコム」様より