どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは天那洸太さん原作、梅津葉子さん作画の「金装のヴェルメイユ ~崖っぷち魔術師は最強の厄災と魔法世界を突き進む~3」です!
image
前巻の記事↓
ストーリー A
オブディシアンの陰謀を阻止しなんとか平和が戻った学園。アルトとヴェルメイユの関係はより深いものになっていた。しかしヴェルメイユは自らが悪魔であるが故にアルトに危害が及ぶことに悩んでいた。しかしリリアの言葉に目が覚めて…そしてやってくる生徒会。なんとアルトが何かを隠していることを見抜いてきて…絶対絶命のピンチにアルトがとった行動は⁉︎

〜悪魔との関係はより深く〜
シリーズ第3弾!累計12万部突破と波に乗ってますね!今回もアルトとヴェルメイユのドキドキする関係に陰謀渦巻く学園生活を存分に楽しませていただきました!面白かったです!
オブディシアンの事件を経て、アルトに思いを伝えられたヴェルメイユ。ヴェルメイユさんは攻めるのは得意でも守りは苦手ですか…?悪魔である自分が果たしてアルトの隣にいてもいいのかと悩む彼女にリリアがかけた言葉は素敵でしたね。大事なのは自分がどう思っているか…まさにその通りですよね…悩みが解決したらしたでヴェルメイユさんは攻めに甘えもついてつよつよになりましたね。そしてやってくる生徒会。アルトの強さを聞きつけ生徒会にスカウト…というのは表向きの事情で、オブディシアンに関する事件の事情聴取…というのも建前でアルトの秘密を探りにきます。生徒会長さんマジ怖いですね…ここでアルトが見せた強さはヴェルメイユさんのことを本当に大事に思っているんだなと実感させられましたね。後半からはブロンズ試験!色々不安があったアルトですが、今までの経験を糧に頑張っていましたね!そしてチラつく影…また怪しい奴らが出てきましたね…今回も最後まで楽しく読ませていただきました!

キャラ A
ヴェルメイユさんはアルトのこと、自分のことで色々悩んで自由奔放な雰囲気は残しつつも芯の通った感じになってきましたね!アルトから攻められると弱くてアルトに甘えて求めちゃうところは最高に可愛かったです!リリアは要所要所でいい言葉かけますね…たた今回はちょっと出番少なかったので次回に期待ですね。アルトは巻を追うごとにヴェルメイユのために!という気持ちが増していって魅力的な主人公になってますね!今回は生徒会メンバー相手に強さを見せて成長を感じました!

最後に
今回も面白かったです!次は今回から登場した怪しい奴らが色々暴れてくれそうなので続刊が楽しみですね!4巻待ってます!


それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



金装のヴェルメイユ ~崖っぷち魔術師は最強の厄災と魔法世界を突き進む~3



著者



天那洸太 梅津葉子



レーベル



ガンガンコミックス



ISBN



978-4-7575-6746-7


表紙の画像は「版元ドットコム」様より