どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは作者さんの「好きで鈍器は持ちません! ~鍛冶と建築を極めた少女は、デカいハンマーで成り上がる~ 1」です!
img_9784040737430_1

ストーリー A
内容は、冒険者を目指して学園で日々剣の練習をするハンナ。しかしあまりの出来の悪さに同級生から馬鹿にされついには学園から追放されてしまう。そんな彼女は食いつなぐために工事現場で働くことになる。が、そこで鈍器の才能が開花!鍛冶や建築はもちろん戦闘にも使える鈍器スキルを次々に手に入れていく!育ての親に会うために冒険者を目指すハンナの物語が始まる!とこんな感じです!

〜剣はダメだけど鈍器なら!〜
小説家になろうからの書籍化作品!この作品がデビュー作のようですね。不遇なハンナちゃんが純粋に冒険者を目指して重たいハンマーを振り回す姿がかわいくて最高でした!面白かったです!
育ての母親である伝説の冒険者・レイニーに憧れて学園に入学するハンナ。しかし剣も魔法もからっきしでついには退学に…序盤のハンナちゃんは落ち込んでばかりで不憫さが…そして食いつなぐために工事現場で働くことになります。最初は雑用でしたが、ある日たまたまハンマーを握ったところ才能が開花!鈍器スキルをガンガン身につけていきます!鈍器スキルは建築や鍛冶だけではなく戦闘にも使える優れもの!しかし世間ではハンマーは邪神が持っていたとかですこぶる評判が悪く…ハンマーが評判悪い世界観はなかなか面白いですね。コメディで駆け抜ける感じかと思いきや、そういった世界観や設定もしっかり練られていて個人的に楽しめました!中盤からは晴れて冒険者になったハンナちゃんが大活躍!と思いきや百合の気配!学園ではハンナのことを馬鹿にしていたものの、冒険者試験で助けられたことでハンナのことを気に入ったダークエルフのローゼリア。ハンナが最初にこなした依頼の依頼主であり薬師のミラ。魔物退治で出会った元気一杯褐色ガールのガレ…読み進めるごとに新たな女の子が登場して、僕の中の百合が暴走していきました…ハンナ×レナ、ハンナ×ガレは鉄板なんですけど、ハンナ×ローゼリアが個人的には百合巨大感情になりそうで期待してます…終盤では鈍器スキルで敵や鈍器を馬鹿にしていた人たちを黙らせたりと最高に盛り上がりましたね!最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
ハンナちゃんが健気でかわいい!学園で才能のなさを馬鹿にされても、冒険者になってから鈍器を馬鹿にされても、決してめげずに立ち向かっていく姿がかわいかっこよかったです!ヒロインは4人いるのですが、個人的なお気に入りはローゼリア。最初はあんなにハンナのことを馬鹿にしていたのに、ハンナに助けられてからは彼女のことが気になってしかたない…これは巨大百合感情予備軍です。期待してますよ。ローゼリアさん。

最後に
百合要素ありのコミカルファンタジーとして楽しく読ませていただきました!2巻ありますよね?まだまだハンナちゃんの活躍は読み足りないですし、ハンナちゃんと女の子たちとの関係も気になります!続刊お願いします!

どんな人にオススメか?
コミカルなファンタジー、かわいい女の子が主人公の物語、百合が読みたい方は!ちっこいハンナちゃんがハンマー振り回して戦う姿は見ていて楽しいです!ハンナちゃんと女の子たちとの絡みもグッド!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



好きで鈍器は持ちません! ~鍛冶と建築を極めた少女は、デカいハンマーで成り上がる~ 1



著者



山田どんき



レーベル



富士見ファンタジア文庫



ISBN



978-404-073743-0


表紙の画像は「版元ドットコム」様より