どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは古宮九時さんの「Unnamed Memory V 祈りへと至る沈黙」です!
IMG_4883
前巻の記事↓


ストーリー A
内容は、再編された世界でオスカーの呪いを解くことに成功したティナーシャ。彼女はトゥルダールに戻り女王として即位することになる。だがその即位は1年間だけで国の在り方を見直し制度を整えたら退位するという。そんなティナーシャに対してオスカーは結婚を申し込む。果たしてティナーシャはオスカーからの結婚の申し出を受けるのか…そして現れる呪いの元凶である沈黙の魔女。彼女が明かすオスカーの呪いの真相とは…とこんな感じです!

〜もう一度結婚を〜
シリーズ第5弾!すっかり読むのが遅くなってしまい6巻が発売される前に読んだ次第です…コミカライズも発売されて盛り上がっているのでもっと早く読みたかったのですが…第二幕も中盤ということで「これ!第一幕でも見た!見たよね…?」というシーンもあり、ようやく2人が2人らしい関係になってきたのかなと思えるお話でした!呪いについても明らかにされて楽しく読ませていただきました!面白かったです!
まず序盤。オスカーの母親のことが語られます。オスカーの父親が母親に出会ったエピソードがさすがこの親子だなーと思わせるもので非常に良かったですね。親が親なら子も子ですねw膝枕もよかったですね…全日本膝枕協会関東支部支部長の僕も納得の膝枕です。挿絵も素晴らしい!そしてティナーシャがトゥルダールの女王として即位する即位式が執り行われます。即位式はなんかあるだろうなと思っていましたが案の定何かありましたね。本当に期待を裏切らないティナーシャさんすこです。そしてその後すぐに厄介な事件に巻き込まれるオスカーさんんも期待を裏切らないです。すこです。そしてその後はトゥルダールの魔法学院で起こる事件をきっかけに魔法球のことに触れられていきます。この第二幕の大元でもある魔法球を使ってどのように過去に戻れるのか…その仕組みに触れることになるのですが…この魔法球はまだまだ何かありそうですね…そして様々な事件のあとにやってくる沈黙の魔女。明かされる呪いの真実。ここで色々繋がってくるのはおぉ…となりましたね…そしてこの2人の対処方法?にもおぉ…となるのですが…まぁ何はともあれ幸せな2人の関係が続きそうで安心しました!(していいですよね?)今回も最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
オスカーは相変わらずな男でしたね…オスカーの父親の話を読んでさらにその印象が深まりました。とはいえ、ティナーシャのことになると熱くなる姿は最高にカッコいいんですよね。やっぱりパワーですよ。パワー。ティナーシャさんは今回も驚かせていただきましたね…いろんなことを平然とやるので思考の処理が追いつかないですよ。でもオスカーに甘えたり、彼の言葉やスキンシップで照れるティナーシャさんは最高にかわいいです。でもやっぱりパワーの波動を感じます。パワーis力。

最後に
5巻もめっちゃ面白かったです!6巻とコミカライズ1巻も早く読みます!好きな作品なのでラストを見届けられるのすごく楽しみです!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



Unnamed Memory V 祈りへと至る沈黙



著者



古宮九時



レーベル



電撃の新文芸



ISBN



978-4-04-912804-8


表紙の画像は「版元ドットコム」様より