どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは岸馬きらくさんの「飛び降りようとしている女子高生を助けたらどうなるのか?」です!
⚠︎今回は酷評&ネタバレありです。面白いとは一切言わないのでご了承ください
img_9784041111208_1
ストーリー C
内容は、高校生ながら一人暮らしをしている結城祐介。彼は特待生の特典である学費免除を維持するため日々勉強とアルバイトをして過ごしていた。そんなある日、猛烈に彼女が欲しくなった裕介は帰宅途中に今にもビルから飛び降りそうな女の子を見つける。結城は彼女を助けるが初白小鳥と名乗る少女は自分なんて生きている意味がないと言う。結城は死ぬくらいなら彼女になってくれと小鳥に言い彼女もそれを了承したことで恋人関係となり、家に帰りたくないという小鳥との同居生活が始まるが…とこんな感じです。

〜飛び降りしようとしていた女の子を彼女に〜
YouTube発の作品。発売前から一部で話題になっていましたね。ちなみにYouTubeの方は未視聴です。個人的には合う・合わない、面白い・つまらない以前に「あぁ、この作品めっちゃ嫌いだな」と思う作品でした。以下酷評です。
まず結城。キモい。すみません。でもキモいです。序盤も序盤で彼女が欲しいだあぁだこうだ1人で騒いで飛び降り自殺しそうな女の子捕まえて彼女になってくれ?いやそういう設定の作品だということはわかっていても結城のキモさで無理になります。どういう人生歩んできたら自殺しそうな女の子に「死ぬくらいなら俺の彼女になってくれ!」なんて言えるんですかね。マジで無理。そしてそれを受け入れちゃう小鳥も小鳥でキモい。なーんでついさっきまで死のうとしてた女の子がほいほい告白受け入れるんですかね?ようわからん。そして始まる同棲生活。これもキモい。つっこみどころが円周率くらいあります。小鳥を床で寝かせて自分がベッドを使う、服も持ってきているものしか着させない(あとで服を買いにいくシーンはありますけどそれまでジャージと制服だけで過ごさせていた事実がキモい)、全体的に小鳥に対するリスペクトがない、家事やってくれるメイドロボットか何かかって扱いが死ぬほどキモいです。彼女できたことないにしても扱いが酷い。総じてキモい。この言葉に集約されます。それに対する小鳥の反応もヤバい。彼女の歩んできた人生がわかるので、そうなってしまう理由は納得いくんですけど納得を超えた拒絶感があります。そして終盤、そんな同棲生活とかどうでも良くなるくらいの胸糞展開。あまりにもキモすぎる小鳥の親父登場&まさかの殺人(過剰防衛)で監獄行き。しかも檻にぶち込まれた理由がチンピラぶん殴って、相手がたまたまナイフを持っていて過剰防衛でそれが相手に刺さって死んだから?どこの国の笑えないブラックジョークですかそれ?小鳥を容赦なくぶん殴るシーンも小鳥も小鳥の親父もキモすぎて無理でした。そして親父が刑務所ぶち込まれた後のあっさりと「でもお互い好き同士で幸せだよね」ENDも含めてキモすぎました。
キモい。ただただキモい。この作品を買うお金とこの作品を読む時間で何ができたか想像するだけで、人生の1時間半がどれだけ重要な時間か実感させてくれる作品でした。嫌いです。

キャラ C
前述の通り。結城キモい。小鳥キモい。小鳥の親父キモい。とにかく結城の女の子に対するリスペクトのなさが半端じゃないです。せめてベッドは消臭して小鳥に使わせろや。サブキャラは大谷とか藤井とか面白そうな奴いましたけど、キモすぎる結城と小鳥とのやりとりでほぼ上書きされました。

最後に
嫌いな作品でした。続きは出ても読みません。

どんな人にオススメか?
個人的にはオススメしません。あらすじよんで気になったなら読んでみればいいと思います。面白さは保証しません。

それではこの辺で(≧(エ)≦。)
お目汚し失礼いたしました…

書籍情報

タイトル



飛び降りようとしている女子高生を助けたらどうなるのか?



著者



岸馬きらく



レーベル



角川スニーカー文庫



ISBN



978-4-04-111120-8


表紙の画像は「版元ドットコム」様より