どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのはぶんころりさんの「佐々木とピーちゃん2 異世界の魔法で現代の異能バトルを無双していたら、魔法少女に喧嘩を売られました ~まさかデスゲームにも参戦するのですか?~」です!
img_9784040659336_1
前巻の記事↓

ストーリー A
内容は、文鳥に転生した異世界の賢者のピーちゃんと共に現代日本と異世界を行き来しながら過ごす佐々木。異世界では見たこともない商品を扱う商人として、日本では異能を操る国家公務員として日々大忙しの毎日を送っていた。そんなある日、星崎さんと共に異能を持つ少年をスカウトするべく勧誘をしていると突如魔法少女が出現⁉︎さらには敵対する異能組織の二人静まで現れる。二人静の協力によりなんとか魔法少女を撃退するも、なんと二人静が超常現象対策局に入りたいと言い出す。さらには異世界でマルクさんが政争に巻き込まれて牢獄へ。さらにはお隣さんが…佐々木の周りにどんどん厄介ごとが渋滞していくが…とこんな感じです!

〜なんてこったい〜
シリーズ第2弾!コミカライズも順調、つい先日シリーズ第3弾が発売されるなどすっかり人気シリーズとなりましたね!2巻読むのがつい遅くなりました…まず言わせてください…今回もめちゃくちゃ面白いです!濃い!とにかく濃厚!こんなに濃厚な物語を楽しませてくれるのは佐々木だけ!それくらい特濃なストーリーに圧倒されました!面白かったです!
まず序盤。星崎さんと共に発火の異能を持つ少年を組織に勧誘するべく任務に赴きます。改めてですけど、やっぱり文章すごいですよね…これだけの物語をスラスラ読ませてくれる文章力は圧巻の一言です。しかし少年の勧誘はうまくいかず、少年の能力が暴走して自衛隊の航空機は墜落させるわなんと魔法少女が現れるわで…魔法少女ちゃんは1巻のホームレスなイメージからはかけ離れた圧倒的な強さに背筋がぞくりとなりました…しかしボウリング場でバトルした二人静が現れ共闘したことでなんとかこれを退けることに成功します。ですがそれだけで終わらずなんと二人静は超常現象対策局に加入したいと言い出し…ライバル組織のトップが敵の組織に加入するというのはなかなか衝撃的な展開だったと思うんですけど、この後の展開が衝撃的過ぎてこれが些細なできごとのようでしたね…そしてお話は異世界へ。マルクさんが政争に巻き込まれて牢屋にぶち込まれます。マルクさん…今回のストーリーではマルクさんがマジで純粋な被害者でしたね…マルクさんを助けるべく動き始める佐々木とミュラー伯爵。異世界での佐々木の立ち回りは痺れますね…マルクさんのためにあれこれ根回しできないですよ…しかもそれが一過性のものではなくてちゃんと将来を見据えているものという…そんな二人静加入、マルクさん投獄の中でも次々と巻き起こるハプニング。エルザさんが佐々木の荷物に紛れ込んで日本にきてしまったり、魔法少女が超常現象対策局に突撃してきたり、お隣さんが…佐々木がまるでトラブルメイカーのようにどんどん事件や問題が発生していきますね…それでもピーちゃんと一緒にそれを乗り越えていく過程が最高に面白い!今回も最後まで楽しく読ませていただきました!最高に面白かったです!

キャラ A
佐々木はマジで何をしたんだ…というくらい色んなことに巻き込まれていきますね…そんな問題の数々にピーちゃんと一緒に乗り越えていく姿はグッド!特に異世界でマルクさんを救うために大立ち回りする姿は最高でした!ピーちゃんは相変わらずヒロインしてましたね。今回はめっちゃ頑張ったと思うのでシャトーブリアンいっぱい食べてください…二人静はまさかこんなキーマンになるとは思ってもいなかったです…超常現象対策局への加入、佐々木が異世界で得た富を現実世界で換金するルートと仕入れルートの確保。そして対魔法少女に圧倒的な強さを見せるエナジードレインという異能…一気にメインヒロイン枠に襲いかかってきましたね。まぁピーちゃんという最強ヒロインには敵いませんがw エルザ様はかわいく、そしてお隣さんはさらに不安定さというか崩壊しそう感が増してきましたね…お隣さんは幸せになってほしいです…可能であれば自分の力で…

最後に
今回もめっちゃ楽しく読ませていただきました!こんなに濃くて面白い物語は佐々木以外ないです!佐々木しか勝たん!3巻も買ってあるので近いうちに読ます!


それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



佐々木とピーちゃん2 異世界の魔法で現代の異能バトルを無双していたら、魔法少女に喧嘩を売られました ~まさかデスゲームにも参戦するのですか?~



著者



ぶんころり



レーベル



メディアファクトリー



ISBN



978-4-04-065933-6


表紙の画像は「版元ドットコム」様より