どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは三雲岳斗さんの「虚ろなるレガリア Corpse Reviver」です!
img_9784049132526_1
ストーリー A
内容は、東京上空に現れた龍により日本は壊滅的な被害を受けた。そんな日本に対して世界は救いの手を差し伸べることはなく、大殺戮によって日本人は滅びた。数少ない日本人の生き残りであるヤヒロは龍の血を浴びたことで不死の肉体を手に入れて、廃墟となった東京かr美術品を運び出す回収屋として生活していた。そんなある日、双子の少女ジュリとリゼがヤヒロにある依頼を持ちかける。それは東京に出現する化け物・魍獣を従える能力を持った謎の存在クシナダの回収依頼だった。ある条件を提示されたことにより渋々依頼を受託するも、なんとクシナダはヤヒロと同じく大殺戮を生き残った日本人の少女・彩葉だった。彩葉と出会ったことでヤヒロの運命は変わっていく…とこんな感じです!

〜日本人が絶滅した東京で化け物を斬れ〜
三雲岳斗さんの新作!個人的に三雲岳斗さんのライトノベル作品を読むのはめっちゃ久しぶりですね。7年くらい前に読んだストブラ1巻以来?テンポ良く読みやすい文章で描かれる荒廃した東京を舞台にした化け物を刀で斬るボーイミーツガールな作品でした!面白かったです。
まずなんといっても設定がいいですよね!東京に出現した龍と化け物によって人口が半分になるほどの被害を負った日本。そんな日本を助けることもせず大殺戮を行って日本人を絶滅させた諸外国。荒廃した東京には魍獣という化け物が跋扈し、数少ない日本人の生き残りであるヤヒロは不死の体を武器に東京で美術品回収を行い生計を立てる…はちゃめちゃに大好物です!物語はヤヒロがジュリとロゼという双子の少女からある以来を受けるところから動き出します。東京のど真ん中で化け物を統べるクシナダという謎の存在を回収する任務への参加を持ちかけられます。最初は渋るものの、生きているかもしれない妹の情報を提供すると言われしぶしぶ依頼を受託。そしてクシナダの存在がヤヒロと同じく生き残りの日本人少女である彩葉で…こういう荒廃しあ世界でのボーイミーツガールめっちゃいいっすね!そして始まる東京を舞台にした逃走劇&迎撃戦!彩葉を狙う組織から彼女を守り、戦う!スタイリッシュな刀によるバトルシーンは最高の一言!仲の悪かった彩葉と徐々に縮まっていく距離感もグッドでしたね!終盤は怒涛の展開!彩葉の能力の秘密が明かされたりヤヒロがこれまで負っていた妹について衝撃の情報が明らかになったり…ラストのバトルも痺れました…荒廃した東京を舞台にした最高のバトル×ボーイミーツガールでした!面白かったです!

キャラ A
ヤヒロは普段はクールな感じなんですけど、彩葉やジュリとロゼと接するときは年相応の反応があったりで微笑ましかったですね…こういう少年好きです!彩葉は最初は出会い方があまりよろしくなかったこともありツンツンした感じでしたが、距離が縮まっていくにつれてどんどんかわいいところを見せてくれましたね!その他のキャラも魅力的でした!

最後に
荒廃した東京を舞台にしたバトル×ボーイミーツガールでめちゃくちゃ楽しく読ませていただきました!2巻も発売決まっているみたいなので今から楽しみです!続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
荒廃した東京でバトルとボーイミーツガールという設定にビビッときたかたは!読めば絶対にハマります!ヤヒロの普段はクールぶっているくせに実は年相応な男の子なところも、彩葉の距離が縮まるにつれて徐々にかわいくなっていくところも魅力的!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



虚ろなるレガリア Corpse Reviver



著者



三雲岳斗



レーベル



電撃文庫



ISBN



978-4-04-913252-6


表紙の画像は「版元ドットコム」様より