どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは上村夏樹さんの「毒舌少女はあまのじゃく 3~壁越しなら素直に好きって言えるもん!~」です!
IMG_5889
前巻の記事↓
ストーリー A

内容は、文化祭からしばらく時間も経ち以前よりも雪菜先輩とお近づきになれている啓太。そんなある日、後輩の樹里とデートすることに。雪菜先輩への気持ちは変わらないものの、樹里のことを無下にすることもできずデートを楽しんでいたところ決定的な瞬間お雪菜先輩に目撃されてしまう。もう関係を終わりにしようと言う雪菜先輩に啓太は…とこんな感じです!

〜壁越しじゃなくても〜
シリーズ第3弾!コミカライズの連載も始まって好調ですね!今回はお話としても一区切りで、これまでの積み重なった2人の思いを回収するいいラブコメでした!面白かったです!
序盤はいつも通り雪菜先輩が毒を吐いて、啓太がドMを発揮して、雪菜先輩が壁の向こう側で可愛くなるというお話がいくつか続ます。うん。やっぱりこの作品はこれですよね。安定してかわいい雪菜先輩に啓太の家にやってくる桜子やシャロといったサブヒロインの存在。賑やかで楽しいです!中盤以降はラブコメのラブが加速!樹里にデートに誘われた啓太が彼女の誘いを断りきれずにデートをすることに…普段見慣れない女の子らしい彼女の姿にドキドキしたり、一緒に楽しく遊んだり…しかしその代償はきちんとやってくるわけで雪菜先輩に決定的な場面を目撃されてしまいます。ここで逃げたりせずにしっかり向き合う啓太は好印象でしたね!なんやかんやありつつも最後はこの2人らしい決着の付け方で個人的には大満足でした!最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
啓太は決めるところでビシッと決めてくれましたね!普段ドMなのでわかりづらいんですけど、こういうやらなきゃいけない場面でしっかり男らしいのはグッドです!雪菜先輩は今回はややデレ成分多めで可愛かったですね…啓太に言いたいこと、伝えたいこともきちんと伝えられて最高にメインヒロインしてました!

最後に
今回はややラブ成分多めで一区切りつくお話でしたね!もしかしてこれで完結ですかね…?いやもうちょっと続く…?ともあれ続刊があればぜひ読みたいです!4巻も待ってます!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



毒舌少女はあまのじゃく 3~壁越しなら素直に好きって言えるもん!~



著者



上村夏樹



レーベル



HJ文庫



ISBN



978-4-7986-2503-4


表紙の画像は「版元ドットコム」様より