どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは白井ムクさんの「じつは義妹でした。 ~最近できた義理の弟の距離感がやたら近いわけ~」です!

img_9784040742939_1
ストーリー A
内容は、親の再婚で高校2年生にして義理の弟ができた真嶋涼太。義弟の晶は美少年だけど人見知りでなかなか真嶋家に馴染めずにいた。しかし涼太が積極的に絡みにいったことで意気投合して距離も急接近!しかしあることをきっかけに晶が義弟ではなく義妹だと発覚!晶の可愛さにドキドキするようになった涼太に、晶はさらに距離を近づけてきて…とこんな感じです!

〜義妹との距離が近い〜
白井ムクさんの新作!デビュー作の「俺がピエロでなにが悪い!」が面白かったので新作楽しみにしていました!今作はYouTube発の作品で「カノンの恋愛漫画」さんで動画投稿されているものが原作的ポジションですね。ちょっとかなり鈍感な涼太と晶の距離感が絶妙な義妹ラブコメでした!面白かったです!
親の再婚をきっかけに義弟として晶がやってきた!というところから物語は始まります。序盤はテンポ良く2人のちょっとした出会いから人見知りな晶との関係を丁寧に描いていましたね。そして始まる同居生活!義弟ができたと思い込んで男同士の感覚で距離を縮めていく涼太と、そんな彼にドキドキとびっくりが止まらない晶。ゲームをしたり買い物にいったり…そんな日常の一コマ一コマの積み重ねが2人の距離を確実に縮めていく様子は見ていて楽しかったです!しかし!ある事件をきっかけに晶が義弟ではなく義妹だということが発覚します。これは涼太が悪いですねw 今までずっと義弟だと思い込んでいた晶との距離感がわからなくなってしまう涼太。しかし晶はそんな涼太に構うことなくアタックし続けて…ここからがこの作品の本番でしたね!どんどん可愛くなる晶にすっかり攻守逆転された涼太!今まで晶に感じてこなかった女の子らしさをダイレクトに感じて…終盤の展開もグッド!義妹ものはこういうドキドキ感がたまらんですよね!最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
涼太は度がすぎるくらいの鈍感野郎でしたねw でも基本いいやつで晶のことを良く考えて行動していて好感度高かったです!晶はボーイッシュでかっこいい印象でしたが、物語が進につれてどんどん女の子らしいかわいいところを見せてくれましたね!涼太にガンガンアタックするのが最高でした!

最後に
めっちゃ面白い義妹ラブコメでした!これはぜひ2巻が読みたいですね!涼太と晶のやりとりはまだまだ見ていたいです!続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
義妹もののラブコメが読みたい方は!鈍感な涼太とボーイッシュでかわいい晶のやりとり、序盤と終盤で攻守逆転する展開が面白いです!もちろんYouTubeのほうは未視聴でも問題なし!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

じつは義妹でした。 ~最近できた義理の弟の距離感がやたら近いわけ~



著者

白井ムク



レーベル

富士見ファンタジア文庫

ISBN

978-4-04-074293-9
表紙の画像は「版元ドットコム」様より