どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは牧野圭祐さんの「月とライカと吸血姫7 月面着陸編・下」です!

img_9784094530377_1
前巻の記事↓


ストーリー AA
内容は、共和国と連合王国によるサユース計画は順調に進んでいた。レフはイリナに想いを告げることを決心し、彼女と共に故郷の村に赴く。一方のバートとカイエは共和国製の宇宙船を連合王国製のコンピューターで制御するという大仕事をしてのけ月面着陸へ向けた準備は万全。そして最終ミッション月面着陸に向けたロケットの打ち上げが始まる…とこんな感じです!


〜Fly you to the moon〜
月とライカと吸血姫シリーズ完結!発売されてから読むのが少し遅くなってしまいましたが2021年最後は絶対にこれを読むんだと決めていたので…まず言わせてください…
最高


本当に本当に最高でした!大学時代に出会った1巻完結だと思っていたお話がコミカライズされ、アニメ化され、そして月に行くことなんて想像もできませんでした。そライトノベルを読んでこんなに感動して、こんなにレフ、イリナ、バート、カイエをはじめとした登場人物を応援し、彼らを愛して、物語が終わって欲しくないなんて願うことはなかったです。僕が読んできらライトノベルの中で1番面白いと自信を持って言えるシリーズがこの「月とライカと吸血姫」です。最高のラストをありがとうございます!

物語は前回の続きから。共和国と連合王国という東西のニ大国が共同で月を目指すサユース計画の続きから始まります。いろんな課題が解決されあとは順調にミッションを消化しそして最後の月面着陸をするのみ…その前にレフはイリナに想いを伝えることを決め、彼女の故郷へと向かうことに。イリナの故郷はすごく温かくて優しくてこんなに人間的なイリナは初めて見ました。1巻の頃妖精のようにスケートをする彼女の姿がフラッシュバックして泣きそうになりました…レフとイリナらしい不器用で、でも悲観的な未来なんて振り払ってしまう決意は、2人の絆や想いが本当に通じ合っているんだなと感じる瞬間でした。バートとカイエもめっちゃいい関係でしたね…この2人も3巻の頃を思い出すとこんなに素敵な関係になったんだと胸熱でしたね…そして月へ向けたロケット打ち上げの前日、4人で集まって食事会をするシーンが個人的には印象的でした。みんな歩んできた道も違えば、これから送る未来だってきっと違う。でも月へ行く。それだけの思いを胸に共和国の連合王国の主人公たちがこうして集まって思いを伝え合うのがすごくいい。そしてお互いがお互いの関係を伝えあうのがまたいい…これはお互いに絶対月面着陸を成功させようってなりますよ…そして月へ。宇宙の旅はすごくドキドキしましたね。レフ、イリナだけではなく連合王国のネイサンがまたいい味出してるんですよ…月にたどり着いて着陸する。そして迎えるラストは今年読んできたあらゆる本を超える極上の時間でした。そして僕は泣きました。本当に最高のラストで、最高のシリーズでした。

キャラ AA
レフ…こんなに感情移入した主人公はレフが最初で最後ですよ。こんなに物語の中の一登場人物の全てを応援したことないです。本当にすごかったです。イリナは最終巻になってもまだまだ読者が知らない表情や仕草を見せてくれて本当に嬉しいですね。こんなにかわいくて綺麗な女性キャラにはこれから先なかなか出会えないでしょう。バートとカイエもよかったですね。レフとイリナとはまた違った絆の形を見せていただきました。

最後に
冒頭でも触れましたが、1巻を読んだ当初一巻完結だと思っていた物語が7巻まで続いたこと、コミカライズやアニメ化までしたことが本当に信じられないです。本当にこのシリーズを追ってきて心の底からよかったと言えますし、この十年間読んできた1500冊を超えるライトノベルの中で最高の1冊で僕の中のナンバーワンシリーズです。月に連れて行ってくれて本当にありがとうございます!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

月とライカと吸血姫7 月面着陸編・下



著者

牧野圭祐



レーベル

ガガガ文庫

ISBN

978-4-09-453037-7
表紙の画像は「版元ドットコム」様より