僕の大好きな漫画家の藤原ここあさんが亡くなられてから7年が経ちました。

もう7年も経ってしまって当時18歳だった僕も25歳になり、日々の忙しさやストレスなんかで摩耗した心じゃもう悲しいなんて思えないかと思っていましたが、今年も今日はしっかり悲しかったです。

7年経ちましたがやっぱり藤原ここあさんの作品は今でも悲しさのあまり読み返すことができずにいます。それでもずっと僕の本棚の一番地にあります。「わたしの狼さん」「dear」「妖狐×僕×SS」「お嬢様と妖怪執事」「かつて魔法少女は悪と敵対していた。」どの作品も僕が高校時代を一緒に過ごした青春です。

藤原ここあさんの新しい作品や絵を見ることはできませんが、コラボカフェのグッズはまだ買えますし、まだ藤原ここあさんのことを覚えている人が多いことを一ファンとして願うばかりです。

最後になりましたが、今でも本当に藤原ここあさんの作品は大好きです。