どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのは川田戯曲さんの

推しが俺を好きかもしれない2

です!
IMG_7539
前巻の記事↓


ストーリー A
内容は、あまりにも活動していなかったことにより廃部の危機になってしまった文芸部。居場所を守りたい光助は幽霊部員だった檜原由女と活動実績を作るために活動することに。しかし突然由女が光助に告白⁉︎ちょとずつ距離を縮めていく光助と由女に嫉妬が止まらない憂花。季節は夏に突入してめんどくさい女の子たちと光助の関係の行方は…とこんな感じです!

〜めんどくさい女の子2〜

シリーズ第2弾!ちょっと読むのが遅くなってしまいました汗 今回は憂花に加えてさらにめんどくさい由女ちゃんまで加わってめんどくさい女の子が増えて最高なラブコメでした!面白かったです!
まず序盤。LINE交換のターン。こいつらLINE交換していなかったんかい!というツッコミはさておき憂花ちゃんはLINE交換までめんどくさいですねwそこが好きなんですけどねw さて物語は新たなヒロイン由女ちゃんが参戦してさらにめんどくさいことに…突然の光助への告白から始まり部室でぐいぐい?距離を縮めてくる由女…そしてそれが気が気でない憂花ちゃん…マジでなんなんですかねこのめんどくさい状況…でも部室での光助と由女のやりとり、夏休み中の憂花と光助のやりとり。一筋縄じゃいかない光助のことを好きな女の子たちとのやりとりはその一瞬、一瞬はすごく楽しいのに、どうしても考えてしまう推しとの距離の撮り方と自分のことを好きな人との向き合い方。不器用だけどでも真っ直ぐに。めんどくさいヒロインたちと向き合った光助の決断はめちゃくちゃよかったですね。今回も最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
光助は相変わらずいいキャラしてますね苦笑 推しに全力故に憂花の気持ちに答えられなくてそんな自分だから由女に真剣に接して答えを出していく。いい主人公ですよ。本当に。由女は本当にめんどくさい女の子でしたね…光助のことは好きだけど素直な好きじゃなくて、一緒に話すのはそんなに得意じゃなくて、一緒にいたいからクマの人形に喋らせたりしてみて…でも頑張っている姿が愛おしくてたまらないんですよ。憂花はもういうことなし!めんどくさい!でもかわいい!

最後に
2巻もめちゃくちゃ面白かったです!めんどくさい女の子はやっぱり最高ですね!結構綺麗に終わってますけどまだまだめんどくさい女の子たちとのやりとりは見ていたいです!続刊待ってます!


それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

しが俺を好きかもしれない2



著者

川田戯曲



レーベル

富士見ファンタジア文庫

ISBN

978-4-04-074394-3
表紙の画像は「版元ドットコム」様より