どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのは綾里けいしさんの

悪逆大戦 地獄の王位簒奪者は罪人と踊る

です!
img_9784046812896_1
ストーリー A
内容は、手違いにより死後地獄のさらに下まで落とされてしまった少女・桜花櫻。そんな彼女を救うために西島俊は地獄の王の7番目の子・怠惰のネロに頼ることに。しかし地獄のさらに下に送られた亡者の判決を取り消すことはネロすら叶わなかった。俊は櫻を救うためにネロの代理として地獄で行われる継承戦に参加することに。地獄に閉じ込められた悪人たちを駒として召喚してたたかう継承戦を勝ち抜き、俊は櫻を地獄から解放することができるのか…とこんな感じです!

〜悪同士の戦い〜

綾里けいしさんの新作!「魔導書学園の禁書少女」と2週連続刊行で話題になりましたね。「魔導書学園の禁書少女」は既読ですがこちらは読むのが少し遅くなってしまいました…今作は綾里けいしさんらしいダークなバトルファンタジーとして楽しく読ませていただきました!面白かったです!
まず序盤。俊がネロの代理として継承戦に参加するまでの過程が描かれます。最愛の人である櫻を失い、さらに彼女が死後地獄より下の世界に落とされていることを知る俊。地獄の王の子でありながらなんの力も持たない108番目の子であるが彼女を救うためにネロに助力を乞う。そしてネロに気に入られて…序盤はテンポ良くかつネロの怠惰と暴虐性を垣間見ることができる2人の出会いのシーンは鮮烈に印象に残ります。そして始まる継承戦。地獄の王の8番目の子までで行われるその戦いにネロの代理として参加することになった俊は、ネロから魔呂を借りて地獄から悪人を召喚し駒として戦います。この悪人たちのバトルはすごく面白かったですね!エリザベート・バートリーVS酒呑童子、夜長姫VS聖書に登場する蛇など…悪人の解釈も様々に、使う能力も様々な悪人同士によるバトルは迫力満点!また彼らのエピソードを交えた戦いにはグッと引き込まれました!ページ数は230pにも満たないほど短いですが、悪人たちを駒にした継承戦3戦はとにかく濃くてぐいぐい引き込まれました!時折挟まれる櫻とのエピソードも良かったですね。最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
俊は櫻を地獄から取り戻すために奮闘する男の子。最初はイマイチ櫻のためにどうしてここまで頑張れるのか不思議でしたが、彼と彼女のエピソードを読むと納得でしたね。櫻を思う強い気持ちが印象的でした。ネロは怠惰と言われる通りの考えの持ち主で継承戦にも興味がなく自分の面白いのために生きている感じが魅力でしたね。時折顔を覗かせる暴虐性もグッドでした!

最後に
ダークなバトルファンタジーとして楽しく読ませていただきました!継承戦はまだまだ始まったばかりですしぜひ2巻も読みたいです!続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
ダークなバトルファンタジーが好きな方は!悪人同士のエピソードを活かした魅力的な戦いに引き込まれること間違いなしです!ページ数は短めですが、とにかく濃い物語なので満足感はすごいです!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

悪逆大戦 地獄の王位簒奪者は罪人と踊る



著者

綾里けいし



レーベル

MF文庫J

ISBN

978-4-04-681289-6
表紙の画像は「版元ドットコム」様より