どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのは西塔鼎さんの

ひとつ屋根の下で暮らす完璧清楚委員長の秘密を知っているのは俺だけでいい。

です!
img_9784049144505_1

ストーリー A
内容は、幼馴染の黒河スヴェトラーナことチカは成績優秀でハーフの美人。成績も優秀でみんなが憧れるスーパー委員長だが彼女にはある秘密が。それはとんでもなく怖がりだということ。あることをきっかけに主人公と同棲することになったチカの怖がりを解消するための手助けをすることになるが、ちょっとしたことでも悲鳴をあげてしまうチカに大苦戦。果たしてチカの怖がりを克服させることはできるのか…とこんな感じです!

〜幼馴染が悲鳴をあげる〜

西塔鼎さんの新作!大好きな作家さんなので新作楽しみにしてました!前作と同じくさとうぽてさんとのコンビで新作ラブコメということで読む前からワクワクが止まりませんでした!スーパー委員長兼幼馴染の怖がりを克服するコメディ寄りのラブコメとして楽しく読ませていただきました!面白かったです!
まず序盤。完璧な委員長である黒河スヴェトラーナことチカちゃんの普段の姿が描かれます。これは完璧美少女委員長ですね!と思っていたら、突然主人公と同棲することになり、彼女の昔からの弱点である怖がりを克服することに…このあたりはテンポ良く進んですすっと本題の怖がり克服ラブコメに入っていったので読みやすかったですね!そして始まる主人公とチカちゃんのラブコメ!怖がりを克服するために怖い話が書かれた本を音読したり、ホラービデオを見たり…とても美少女とは思えない悲鳴をあげるチカちゃんがかわいすぎましたね…時々とんでもない表情をしていましたがw 結構距離が近くて思春期を刺激する感じなんですけどチカちゃんが純真かつはちゃめちゃに怖がりなのであくまでもコメディ方向にお話が向くのがグッドでしたね。幼馴染として思い出を共有しながら進んでいく物語。しかし2人の楽しいやりとりはあることをきっかけにちょっとしたピンチに。そして時同じくして主人公と仲のいい女子が…このあたりの展開は王道ではありますがチカちゃんの反応が良くてニヤニヤしちゃいましたね。ラストもすごく良かったですし最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
主人公は作中ではたっくんと呼ばれるんですけど多分正式な名前出てきてないですよね…?チカちゃんのことを大切にチカちゃんのことを第一に動ける主人公で好感度高かったです!チカちゃんは普段は完璧な美少女なのにめちゃくちゃ怖がりで…ちょっとしたことでもすぐに悲鳴をあげるし美少女がしちゃいけない顔になるのがある意味可愛かったですねw こういうヒロイン好きですw そのほかのキャラも魅力的でした!

最後に
幼馴染の美少女の怖がりを克服!というコメディよりのラブコメで楽しく読ませていただきました!これはぜひ2巻も読みたいですね!チカちゃんの悲鳴はまた聞きたいですw 続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
コメディよりのラブコメが読みたい方は!普段は完璧美少女だけどとことん怖がりですぐに悲鳴をあげちゃうチカちゃんがめちゃくちゃかわいいです!主人公とのやりとりもグッド!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

ひとつ屋根の下で暮らす完璧清楚委員長の秘密を知っているのは俺だけでいい。


著者

西塔鼎


レーベル

電撃文庫

ISBN

978-4-04-914450-5

表紙の画像は「版元ドットコム」様より