どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのは海月くらげさんの

優等生のウラのカオ ~実は裏アカ女子だった隣の席の美少女と放課後二人きり~

です!
img_9784815615970_1
ストーリー A
内容は、隣の席の優等生・間宮優。主人公の藍坂秋人はそんな彼女が実は裏アカ女子ということを知ってしまう。口封じとして間宮を襲っているような写真を撮られてしまった秋人は彼女の裏アカ用の写真撮影に付き合うことに。そして少しずつ近づいていく2人の距離。秋人のそっけなくも間宮を思う態度が徐々に間宮の心に変化を生み…果たして2人の関係はどうなっていくのか…とこんな感じです!

〜裏アカ女子に弱みを握られたら?〜

海月くらげさんの新作!先月「鴉と令嬢」でデビューした作家さんのデビュー2作品目ですね。ちなみにそちらは積んでます…優等生が実は裏アカ女子だった⁉︎というところから始まる刺激的な距離感ラブコメでした!面白かったです!
まず序盤。優等生の間宮優が裏アカ女子だと知ってしまうところから物語は始まります。放課後の教室。制服を着崩して下着が見えるような状態で顔が写らないように写真を撮る間宮。そこに居合わせてしまう秋人…ドキドキするのも束の間、間宮を襲っているような構図の写真を撮られてしまいます。そして間宮に言われるがままに裏アカ用の写真撮影を手伝うことに…出だしは刺激的でありながらもスムーズに物語に入っていけましたね!そして始まる刺激的な日常。裏アカように着崩した格好をする間宮の写真を撮る秋人。最初は脅されていただけの関係が秋人の間宮に対するそっけないながらも彼女を思う態度で少しずつ変わっていきます。お互いに過去の経験から人を信じられないところがあり、そういった者同士が惹きつけ合うように関係を変化させていくのが見事でしたね!デートシーンもすごくいい!こういう不器用な感じ好きです!終盤ではちょっとしたピンチから2人がさらに距離を縮めて…この2人らしい感じに思わずニヤニヤしちゃいますね。最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
秋人はぶっきらぼうなんですけど、人間味があっていいキャラでしたね。なんだかんだ間宮に優しいところとか好感度高いです!間宮は普段は優等生だけど実は裏アカ女子な女の子!こういう隙のなさそうな女の子が実は…というのがめちゃくちゃいいですね!そのほかのキャラも魅力的でした!

最後に
裏アカ女子との刺激的な距離感ラブコメでした!これはぜひ2巻も読みたいですね!ここから2人がどんなふうに関係を変化させていくのか楽しみです!続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
徐々に主人公とヒロインの距離感が縮まっていくラブコメが好きな方は!放課後の撮影会は刺激的ではありますが、秋人と間宮が抱えているものを知ると彼らのことを見守りたくなるんですよね…気になった方はぜひ!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

優等生のウラのカオ ~実は裏アカ女子だった隣の席の美少女と放課後二人きり~


著者

海月くらげ


レーベル

GA文庫

ISBN

978-7-8156-1597-0

表紙の画像は「版元ドットコム」様より