どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのは庵田定夏さんの

僕たち、私たちは、『本気の勉強』がしたい。

です!
img_9784046814807_1

ストーリー A
内容は、真面目なことが取り柄な真嶋正太は田舎の町で身の丈にあった生活をしていた。しかし夜だけは自分らしくいることができ、自分の生活を楽しんでいた。そんなある日、こっそり侵入した夜の学校でいつも寝てばかりのクラスメイト・月森灯に出会う。彼女から勉強は全てを変えられるという言葉を聞いた真嶋は彼女と一緒に夜の教室で勉強をして東大を目指すことに⁉︎月森の指導で確実に偏差値をあげていく真嶋は果たして東大に合格することができるのか…とこんな感じです!

〜夜から東大を目指せ〜

庵田定夏さんの新作!あらすじとニリツさんの素晴らしすぎる表紙から発売ずっと楽しみにしていました!今作は東大を目指す受験をテーマにした青春ものでしたね!久しぶりに庵田定夏さんのど真ん中の青春ものをたっぷり楽しませていただきました!面白かったです!
まず序盤。真嶋の日常が描かれます。田舎の街で普通に、真面目に生きる高校三年生。自由奔放な父親を見て身の丈にあった普通が大切だと感じて生きる日々。こういう高校生の当たり前がなんか突き刺さるのがやっぱり庵田定夏さんのすごいところだなと思います。そして物語は夜の学校でいつも寝てばかりのクラスメイト・月森灯に出会うところから動き始めます。いつも寝てばかり、でもテストでは常に学年1位を守り続ける秀才。そんな彼女から勉強の可能性を聞き、東大を目指さないかと言われることで真島の運命が変わります。こういう出会い、本当に好きですね…田舎の街で普通で終わっていくはずだった少年が1人の少女の言葉で変わる…こんなシチュエーション嫌いな人がいるわけないじゃないですか!そして始まる受験勉強!月森の理論に基づき勉強を進める真嶋。昼は仮初の身の丈にあった自分で、夜は東大を目指す本当の自分で…自分の限界を知るために後悔しないために頑張る真嶋の姿は、今じゃこういう熱いものを失ってしまった自分に突き刺さりますね…月森との何気ない会話もすごくいいですね…中盤からは訳ありな南雲も加わりストーリーは賑やかに。そしてある問題が発生…真嶋の覚悟、そして彼をまっすぐに見つめる月森…自分と向き合って戦って精一杯な真嶋のことは純粋に応援したくなりますね。最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
真嶋は真面目が取り柄な普通の高校三年生。こういう夜を持った主人公めちゃくちゃ好きですね…月森はいつも寝ている秀才美少女。こういうミステリアスな子が実は意外と人間らしいのめちゃくちゃ好きですね…昼はずっと寝てるのに夜の教室ではよく喋ってよく食べて…見ていて楽しい女の子でした!南雲をはじめとした他のキャラもめちゃくちゃ良かったです!

最後に
受験をテーマにした青春ものとしてめちゃくちゃ楽しく読ませていただきました!これはぜひ完結まで順調に巻数を重ねてほしいですね!これからの真嶋の受験物語がどのようにすすんでいくのか…続刊楽しみです!

どんな人にオススメか?
青春ものが好きな方は!真嶋をはじめ魅力的なキャラが受験という一見堅苦しいテーマのなかでキラリと輝いています!とにかく先入観なしで読んでほしい作品です!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

僕たち、私たちは、『本気の勉強』がしたい。



著者

庵田定夏



レーベル

MF文庫J

ISBN

978-4-04-681480-7

表紙の画像は「版元ドットコム」様より