どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは藍月要さんの

高度に発達した現代工学ならば魔法すら打ち破れる

です!
img_9784041125762_1


ストーリー A
内容は、ある日の夜。公園で怪物と戦う妹のすずめ姿を目撃した神鳥谷鷹久。なんと彼女は魔法少女として異世界の魔法使いと戦っているという。妹を危険な目に合わせるわけにはいかない。鷹久は魔法に関わる力を持たないながらも高専生として得た工学の知識と自作のガジェットとパワードスーツで怪物たちに立ち向かう!魔法VS現代工学のバトル開幕!とこんな感じです!

〜魔法は現代工学で打ち破る〜

藍月要さんの新作!個人的には「あなたのことならなんでも知ってる私が彼女になるべきだよね」以来の作品になりますね。あちらもはちゃめちゃに面白いラブコメだったんですけど…。今作は魔法に現代工学で立ち向かうという現代異能?もので魅力的なキャラと熱いバトルで楽しませていただきました!面白かったです!
まず序盤。鷹久が妹のすずめが魔法少女として異形の怪物と戦うところを目撃するところから始まります。そしてすずめが異世界の魔法使いと戦っていることを知ります。兄としてすずめのことが放っておけない鷹久は魔法の力はないものの高専生として得た現代工学の知識や所属するガジェット研究部の面々と協力して魔法使いと戦うことに…あまり馴染みのない高専生としての鷹久の紹介や魔法使いと戦うことになるまでの流れは非常にスムーズでスッと物語にはいっていけましたね!魔法使いと戦うにあたりすずめのことを魔法少女にしたペンギンの姿をした味方の魔法使い、通称ペン姉さんと協力することになるんですけどこのペン姉さんがマジで良いキャラしてるんですよ。やっぱり魔法少女(現代工学を使った高専生物理)ものにはかわいいマスコットキャラですよね!魔法使いたちとのバトルはとにかくすごい!鷹久たちが得意とする現代工学とペン姉さんの魔法を組み合わせて超ハイブリッドなガジェットやパワードスーツを作り敵を粉砕!こういう戦い方は中二心くすぐられますね!しかもただ現代工学(物理)ではなくて、二重三重に張り巡らされた策に魔法使いをはめて追い詰めていくのがめちゃくちゃいいんですよ!こういうバトルは燃えます!後半は強敵とのバトルあり、そして妹のすずめのことが明かされて…うわぁ…めっちゃ好き。たまんないっすね。こういう妹キャラ。最後のバトルシーンはめちゃくちゃ熱くて最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
鷹久は高専生という珍しい属性を持った男の子。工学オタクっぽいところや妹をめちゃくちゃに大切にするところがグッド!バトルシーンでは熱い一面も!すずめは前半からの後半の落差がヤバいですね…こういう女の子はちゃめちゃに好きなんですけど?需要しかないんですけど?ペン姉さんはペンギンの姿をした異世界の魔法使い!お姉さんなんだからね!という感じの口調とキャラ、ペンギンのフォルムがめちゃくちゃいい!ガジェット研究部の面々や他のキャラもめちゃくちゃ魅力的でした!

最後に
現代工学で魔法をぶん殴るというめちゃくちゃ面白い現代異能もの?でした!結構綺麗にまとまってますけどキャラも魅力的ですしぜひ2巻も読みたいですね!続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
現代異能の亜種?みたいな作品が読みたい方は!魔法を現代工学という物理でぶん殴るバトルと緻密に練られた作戦、魅力的なキャラとどれをとっても最高!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

高度に発達した現代工学ならば魔法すら打ち破れる



著者

藍月要



レーベル

角川スニーカー文庫

ISBN

978-4-04-112576-2

表紙の画像は「版元ドットコム」様より