どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのは佐伯庸介さんの

となりの悪の大幹部!

です!
img_9784049143355_1

ストーリー A
内容は、街に蔓延る怪人を倒す万色戦隊バンショクジャーの緑担当である草間ミドリ。彼は昼間は高校の非常勤講師、怪人が現れればバンショクグリーンとして戦い忙しい日々を送っていた。そんなある日、ミドリの隣の部屋に銀髪褐色セクシー美女の久里アシェラーと娘のタラタットが引っ越してくる。帰り道で一緒になったりと徐々いアシェラーと久しくなっていくミドリ。しかし彼女たちの正体はミドリたちバンショクジャーがかつて倒した悪の組織の幹部だった⁉︎もう力が残っていない彼女たちと監視名目でお隣さん生活を続けることにするミドリ。しかし街にはアシェラーたちの元仲間たちが不穏な動きを見せていて…とこんな感じです!

〜隣の部屋に美人な敵が引っ越してきたら?〜

佐伯庸介さんの新作!今月の電撃は色々新作出ていたんですけど現代舞台のコメディは珍しいなと思い早速読んでみました!元敵同士のミドリとアシェラー、タラタットとの警戒なやりとりとラブが楽しいコメディでした!面白かったです!
まず序盤。昼間は非常勤講師、怪人が出れば戦隊の一員として活躍するミドリが描かれます。戦隊ものはニチアサのイメージですかね?縁の下の力もちのイメージがなんとなく強い緑色のヒーローらしいミドリの地味な活躍はいい導入でしたね!非常勤講師としてのミドリもこういう先生いたよな…とちょっと懐かしくなる感じでグッド!そして隣に引っ越してきたアシェラー、タラタットと出会います。帰り道で一緒になったりでちょっとずつアシェラーと距離を縮めていくミドリ。いい感じ…と思っていたらかつて倒した悪の組織の元幹部だったことが判明!もう力を持っていないという2人を監視する名目でミドリはお隣さん生活を続けることになります。あのいい雰囲気に絶妙なタラタットさんには思わず笑いましたw ヒーローと悪の組織の元幹部という関係で描かれる軽快なやりとりは見ていて楽しいですね!しかし街には不穏な動きが…元アシェラーたちの仲間が暗躍しているようでミドリたちバンショクジャーは忙しくなっていきます。忙しそうなミドリを気遣うアシェラーは見ていて思わずニヤニヤ。口では色々言っておきながらもミドリのことを気にかけているのは彼女らしいですね。終盤は怒涛の展開!バトルにラブに盛りだくさん!最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
ミドリは最初はちょっと頼りない印象もありましたがやる時はしっかりやる男で好感度高いです!アシェラーさんは引っ越してすぐは魅惑の褐色美人かと思いきや中盤以降は可愛いところをたくさん見せてくれまいしたね!ミドリのことを気になってるけど素直になれなくて最後には…がグッド!タラタットは元悪の組織の首領。見た目は子どもですが中身はしっかりと大人?でラストも非常に良いと思います。はい。

最後に
サクッと読めるいいコメディでした!これは続きもぜひ読みたいですね!まだまだミドリとアシェラーさんのイチャイチャは見ていたいです!2巻待ってます!

どんな人にオススメか?
サクッと読めるコメディが読みたい方は!ヒーローと悪の組織の元幹部の組み合わせが見ていて楽しいです!コミカルでラブありバトルありで賑やかでワクワクしながら読めます!気になったかたは!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

となりの悪の大幹部!



著者

佐伯庸介



レーベル

電撃文庫


ISBN

978-4-04-914335-5
表紙の画像は「版元ドットコム」様より